特集 PR

ノエル・ギャラガー3作目で「らしさ」を封印。賛否両論も狙いか?

Noel Gallagher's High Flying Birds『Who Built The Moon?』
テキスト
小熊俊哉
編集:山元翔一
ノエル・ギャラガー3作目で「らしさ」を封印。賛否両論も狙いか?

ノエル・ギャラガー、ソロ3作目はキャリア史上最大の挑戦作

2008年にイギリス最大の音楽フェス『Glastonbury Festival』の大トリをラッパーのJay-Zが務めたとき、ノエル・ギャラガー(ex.Oasis)はこんなふうに批判をまくし立てていた。「グラストンベリーにはギターミュージックの伝統があるんだ。俺はグラストンベリーにヒップホップは認めない」。メディアのご意見番としても知られる彼は、かつては保守的なロックミュージシャンの顔役だった。

ノエル・ギャラガー
ノエル・ギャラガー

『Noel Gallagher’s High Flying Birds』(2011年)収録曲

しかし、月日の経過は、ノエルの価値観をも塗り替えてしまったようだ。彼のソロプロジェクト、Noel Gallagher's High Flying Birdsによる通算3作目のアルバム『Who Built The Moon?』でオープニングを飾るのは“Fort Knox”。この曲はなんと、カニエ・ウェストが2010年に発表した大問題作『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』に収録された“Power”にインスパイアされているという。

『Who Built The Moon?』収録曲

猛々しい女声コーラスが先導する、エキゾチックで催眠的なグルーヴは、これまでのノエル作品とは一線を画したもの。さらに、ほとんどインスト曲のように仕上がっているのも「カニエに提供するつもりで作った」からだという。

ノエル:このアルバムを聴けば、きっと度肝を抜かれるだろう。まるで俺ではないかのような曲だってあるからね。でも、考えてみると、実は俺の曲に聴こえるんだ。

自画自賛はギャラガー兄弟の十八番だが、ここまで大きく変貌した姿を前にしたら黙って頷くしかない。たしかに近年のノエルは、1990年代には犬猿の仲だったBlurのデーモン・アルバーンとすっかり和解し、最近もGorillazの新作『Humanz』(2017年)にゲスト参加するなど、心境の変化はいくつも窺えた。それを踏まえても、50代を迎えたベテランがここまで覚醒したのは、さすがに珍しいケースではないだろうか。ここには大物ロッカーの成功秘話のみに留まらない、イノベーションを生み出すためのヒントが隠されていると思う。

『Who Built The Moon?』収録曲

「いかにもOasisらしい曲」で悲願の全英1位を奪取したリアム・ギャラガー

新作の話に入る前に、避けて通れないトピックとして、弟のリアム・ギャラガーがほぼ同時期に発表した初のソロアルバム『As You Were』(2017年)について触れておこう。

そもそもOasis解散後、袂を分かち合った二人のキャリアには大きな差が開いていた。リアムは兄以外のOasisメンバーを引き連れてBeady Eyeを結成するものの、バンドの民主制にこだわったことが仇となり、2014年に解散。その一方でノエルは、Oasis時代を清算するような1stアルバム『Noel Gallagher's High Flying Birds』(2011年)で特大ヒットを記録。さらに続いて、2015年の2ndアルバム『Chasing Yesterday』ではセルフプロデュースに挑戦し、余裕で2作連続(Oasis時代から数えたら9作連続)の全英チャート1位に輝いている。

Beady Eye『Different Gear, Still Speeding』(2011年)収録曲

『Chasing Yesterday』収録曲

この時期、リアムがOasisの幻影に翻弄されていたのとは対照的に、リアムのボーカルスタイルという制約から解き放たれたノエルは、昔よりも自由なソングライティングを標榜するようになった。それは“AKA... What A Life!”(2011年)や“Ballad of the Mighty I”といった曲に顕著だが、持ち前のメロディーを殺すことなくグルーヴの構造改革に着手したことが、もったりしたリズムの曲しか作れなかったBeady Eyeとの命運を分けたとも言えそうだ。

そのように長らく苦汁を味わってきたリアムも、『As You Were』では、グレッグ・カースティン(AdeleやSia、テイラー・スウィフトを手がける)を筆頭としたプロデューサー / 作曲家チームの助けを借りることで、ソロアーティストとして一本立ち。一流プロが手がけた「いかにもOasisらしい曲」をリアムが歌うことで、幅広い世代が安心して楽しめる一枚となり、チャート上でも全英1位に輝くなど復活を遂げている。

リアム・ギャラガー『As You Were』収録曲

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

Noel Gallagher's High Flying Birds『Who Built The Moon?』初回生産限定盤
Noel Gallagher's High Flying Birds
『Who Built The Moon?』初回生産限定盤(CD+DVD)

2017年11月22日(水)日本先行リリース
価格:3,672円(税込)
SICX-95/6

[CD]
1. Fort Knox
2. Holy Mountain
3. Keep On Reaching
4. It's A Beautiful World
5. She Taught Me How To Fly
6. Be Careful What You Wish For
7. Black & White Sunshine
8. Interlude(Wednesday Part 1)
9. If Love Is The Law
10. The Man Who Built The Moon
11. End Credits(Wednesday Part 2)
12. Dead In The Water(Live at RTE 2FM Studios, Dublin)(ボーナストラック)
13. God Help Us All(ボーナストラック)
[DVD]
1. Who Built The Moon? Track By Track
2. Noel Gallagher Discusses The Past And Looks To The Future

リリース情報

Noel Gallagher's High Flying Birds『Who Built The Moon?』
Noel Gallagher's High Flying Birds
『Who Built The Moon?』(CD)

2017年11月22日(水)日本先行リリース
価格:2,376円(税込)
SICX-97

1. Fort Knox
2. Holy Mountain
3. Keep On Reaching
4. It's A Beautiful World
5. She Taught Me How To Fly
6. Be Careful What You Wish For
7. Black & White Sunshine
8. Interlude(Wednesday Part 1)
9. If Love Is The Law
10. The Man Who Built The Moon
11. End Credits(Wednesday Part 2) 12. Dead In The Water(Live at RTE 2FM Studios, Dublin)(ボーナストラック)
13. God Help Us All(ボーナストラック)

プロフィール

ノエル・ギャラガー
ノエル・ギャラガー

1991年にイギリスはマンチェスターにて結成された、The Beatles以来の最強ロックグループと評されるOasisのメインソングライター / シンガー / ギタリスト。2009年8月、Oasisを脱退。2011年秋、ソロプロジェクト「Noel Gallagher's High Flying Birds」を始動。1stアルバム『Noel Gallagher's High Flying Birds』は、日本で10月12日に発売され、オリコン洋楽アルバムランキング1位、全英アルバム・チャートも1位を獲得。翌2012年は1月に続き、5月にも武道館公演を含む2度目の単独来日公演を大成功させ、さらに7月には『FUJI ROCK FESTIVAL』2日目のヘッドライナーとしても来日を果たした。2015年3月にはソロ第2弾アルバム『Chasing Yesterday』を発表。1stアルバムに続き全英1位、日本でもオリコン洋楽チャートで1位を獲得。4月には東京・武道館公演を含むジャパンツアーを敢行し、同年7月にはソロとして2度目の『FUJI ROCK FESTIVAL』のヘッドライナーとして登場した。2017年9月9日、爆破事件以来閉鎖していたマンチェスター・アリーナの再オープンを記念し開催された追悼公演イベント『We Are Manchester』に出演。事件後マンチェスターのアンセムとなった「Don't Look Back In Anger」は文字通りの大合唱となった。そして2017年11月、Noel Gallagher's High Flying Birds待望の3rdアルバム『Who Built The Moon?』が遂にリリースされる。このアルバムは、Oasis時代の7作(全て全英1位)、ソロ2作(共に全英1位)に続き、ノエル・ギャラガーのキャリアにおける記念すべき10作目のスタジオ・アルバムとなる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る