特集 PR

高田純次はなぜ面白いのか? 適当なのに、人間臭くて一理ある

『高田純次のセカイぷらぷら』
テキスト
武田砂鉄
編集:川浦慧
高田純次はなぜ面白いのか? 適当なのに、人間臭くて一理ある

「役作りのために、髭を生やし始めたよ。まだ、役は来てないけど」

以前働いていた出版社では高田純次の本を刊行していて、それは決して出版社を代表する一冊ではないのだけれど、何度か繰り返された採用面接で「弊社刊行の本で面白かった本は?」と聞かれる度に高田純次の本だと即答していた。隣り合う人々は、多分ちょっと無理をして翻訳の哲学書を挙げたり、純文学の小説の感想をちょっと頑張ってドラマティックに述べていたりしたのだが、こちらは少しも無理をせずに、すらすらと高田純次の魅力を答えてみせた。だから採用されたわけではないだろうが、高田純次の姿を見かけると、「好き」という感情の中に、未だに「感謝」が混じる。

人様に就職面接のアドバイスをするほどその世界を知り尽くしているわけでもないが(すっかり知り尽くした感じでアドバイスしている人を見かけると赤面する)、あれはおそらく、頭に思いついたことをそのまま言えばいいのであって、相手に気に入られようと会社の気風を予測したり擦り寄っていこうとしたりすると、「こいつ無理してんな」という冷たい評価が浮上するのだと思う。

高田純次にはいくつもの名言があるが、中でも頭に染み込んでいるのが「役作りのために、髭を生やし始めたよ。まだ、役は来てないけど」というもの。思いついたことをそのまま言うのが高田純次であり、その思いついたままの言葉に、ひょっとしたら哲学的なメッセージが込められているのではないかと真剣に考え込ませることもできるのが高田純次の言葉である。無理をしてはいけないのだ。

『高田純次のセカイぷらぷら サンディエゴをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX
『高田純次のセカイぷらぷら サンディエゴをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX

高田純次の「適当」には一理ある

役が来ていないのに役作りのために髭を生やす、とはどういうことだろうか。そこに存在していないものに対し、その存在を予期して、行動を起こす。これはつまり、やがておとずれる未来を予期した行動であり、小学生の頃、先生から口を酸っぱくして言われたものの、あまりに抽象的で実行に移せなかった「先のことを考えて行動しましょう」を実践している大人、ということなのだろうか。

学校の近くにある交差点では、急に車が出てくることが多いから、止まらなきゃダメだよ、と先生から何度も言われる。でも、車はそんなに飛び出してこないから、なんだ大丈夫じゃんとダッシュで渡るようになる。実際に危ない場面もあったのだけれど、そうやって先生から命令されると、子供はひとまず命令に歯向かってみたくなる。

高田純次は、長いこと、「適当」と言われる。適当をテーマにした本も複数冊出している。でも、高田純次の「適当」の中には、一理ある。普通、一理ある、という状態は、命令や指示の中に存在するもので、「あの人はああやって偉そうに言ってくるけど一理ある」という使われ方が多い。適当な発言の中に一理あるというのはちょっと珍しい。「仕事が楽しくない人へ」へのメッセージを求められた高田純次は、こう述べている。

「仕事が楽しくないときは、楽しくするしかないんじゃないかな。どうするかは分からないけど。俺自身はほとんど楽しくなかったことがないから。きつかったことはあっても、まあそのうち終わるしね」(高田純次『適当論』)

『高田純次のセカイぷらぷら ハワイをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX
『高田純次のセカイぷらぷら ハワイをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

『高田純次のセカイぷらぷら サンディエゴをぷらぷら編』
『高田純次のセカイぷらぷら サンディエゴをぷらぷら編』

2018年3月2日(金)発売
価格:3,240円(税込)
PCBP.12382
<特典映像>
JAL CAさんのお仕事・出発前編
2018新春SPより:メルボルンの街で高田さんストリートアートに挑戦!

『高田純次のセカイぷらぷら ハワイをぷらぷら編』
『高田純次のセカイぷらぷら ハワイをぷらぷら編』

2018年3月2日(金)発売
価格:3,240円(税込)
PCBP.12381
<特典映像>
JAL CAさんのお仕事・機内編
2018新春SPより:メルボルンの展望タワーでの出来事全部見せます!

プロフィール

高田純次(たかだ じゅんじ)

昭和22年1月21日東京生まれ。O型。東京デザイナー学院卒業。71年に「自由劇場」の研究生となるが、1年後イッセー尾形氏らと劇団を結成。その後4年間サラリーマン生活をし、'77年に劇団「東京乾電池」に参加。1989年に独立し、(株)テイクワン・オフィスを設立。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業