特集 PR

高田純次はなぜ面白いのか? 適当なのに、人間臭くて一理ある

『高田純次のセカイぷらぷら』
テキスト
武田砂鉄
編集:川浦慧
高田純次はなぜ面白いのか? 適当なのに、人間臭くて一理ある

人って、人に対して、そんなに興味はない

上記の高田の言葉は元も子もない意見だし、姿勢として単なる理不尽でもあるのだが、なぜか核心をついているようにも聞こえる。働くってそういうもんだよね、とか言い出しそうになる。そもそも仕事とは何か、といった命題で問いかけてくること自体が虚無なのだよ、との思いが滲む返答は、世の中の多くの物事はこのようにして、真面目に答えるよりも適当に答えたほうが真理に近づくのかも、と思わせる。

『高田純次のセカイぷらぷら ハワイをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX
『高田純次のセカイぷらぷら ハワイをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX

先ほどから「~そうになる」とか「~かも」とはぐらかしてばかりいるが、世の中の物事は、ズバリ回答を出せる物事ばかりではない。むしろ、世の中は「適当」な態度と波長が合っているのではないか。

「適当」が、世の中と波長が合っちゃっている感じは、高田純次が街をブラブラするだけの番組『じゅん散歩』(テレビ朝日系)を見ていれば分かる。これまでの街歩きの番組では、芸能人は必死になって素人の反応を引っ張り上げようとしたし、素人は必死に芸能人に合わせようとした。普段は交わらない双方が必死に落としどころを模索してこわばる感じがいくつもの番組で続き、視聴者は、その手のものに疲れを感じていた。

高田純次は、その「こわばり」が生まれる前に放り捨ててしまう。ズケズケと踏み込んで、さっさと退散する。その潔さが心地よい。人って、全員に対して興味があるわけではない。だからこそ、たまに興味を持った人にはしっかり興味を示していく。結果、高田純次の街歩きって、予想以上に人間臭い。

もはや、どこを訪ねていようが構わない

BS12 トゥエルビで放送されていた『高田純次のセカイぷらぷら』から、『ハワイをぷらぷら編』と『サンディエゴをぷらぷら編』がDVDで発売される。いざ見てみると、日本のそこら辺を歩いている時と何ら態度は変わらない。変わらないのがいい。

地ビールを飲めば「普通のほうがいい」と拗ねて、地元の名産「バターモチ」を食べても「磯辺焼きのほうがいい」と放り、おすすめの場所として「カイムキ」という地名を聞けば「それは東向き? 西向き?」と質問を投げる。相手が困惑している顔を見たら、ケタケタ笑いながら、すぐに次の話題に移る。「BS12をご覧のみなさん、ケビン・コスナーです」といった、それ以上広がるはずもない挨拶も健在。それ以上広がらないからこそ必要なのだ。

『高田純次のセカイぷらぷら サンディエゴをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX
『高田純次のセカイぷらぷら サンディエゴをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX

『高田純次のセカイぷらぷら サンディエゴをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX
『高田純次のセカイぷらぷら サンディエゴをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX

街を歩いている最中、ふと見かけた時計の時刻を確認してから、自分の腕時計を見て、「この時計、5分進ませてるな」とつぶやく。どうでもいい。でも、高田純次好きを長年やっていると、こういう瞬間を欲する。こういう瞬間に立ち会うと、よし、見てよかったと思う。この感想は、製作者の意図とは絶対に外れるだろうけれど、もはや、どこを訪ねていようが構わないのだ。

ハワイにしろ、サンディエゴにしろ、そこにいる現地の人たちは積極的に高田純次に絡んでくる。日本を歩き回るより、相手が前のめりだ。ちょっと控えめな人に無謀に突っ込んでいくのを得意としているから、その前のめりにたじろぐシーンも多い。だがその前のめりを受け止めることによって、高田純次の適当さが、より純化した形で披露されている感じはある。キラウエア火山に出向いて、これだけ火山の具体的な情報が耳に入ってこないのってなかなか異例である。

『高田純次のセカイぷらぷら ハワイをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX
『高田純次のセカイぷらぷら ハワイをぷらぷら編』より ©BS12 トゥエルビ / D:COMPLEX

どこへ行っても、いつも通りを保持している。だがそこには、冒頭に記したように、高田純次が「先のことを考えて行動しよう」を実践している大人である可能性が残されている。なんたって、オファーが来る前から役作りのために髭を生やすのだ。これだけずっと適当な発言を重ねて、それが薄っぺらく映らない。この話術は何なのか。この話術、就活生なんかにはピッタリという気がするが、そんなのもちろん適当に言ってみただけである。

Page 2
前へ

リリース情報

『高田純次のセカイぷらぷら サンディエゴをぷらぷら編』
『高田純次のセカイぷらぷら サンディエゴをぷらぷら編』

2018年3月2日(金)発売
価格:3,240円(税込)
PCBP.12382
<特典映像>
JAL CAさんのお仕事・出発前編
2018新春SPより:メルボルンの街で高田さんストリートアートに挑戦!

『高田純次のセカイぷらぷら ハワイをぷらぷら編』
『高田純次のセカイぷらぷら ハワイをぷらぷら編』

2018年3月2日(金)発売
価格:3,240円(税込)
PCBP.12381
<特典映像>
JAL CAさんのお仕事・機内編
2018新春SPより:メルボルンの展望タワーでの出来事全部見せます!

プロフィール

高田純次(たかだ じゅんじ)

昭和22年1月21日東京生まれ。O型。東京デザイナー学院卒業。71年に「自由劇場」の研究生となるが、1年後イッセー尾形氏らと劇団を結成。その後4年間サラリーマン生活をし、'77年に劇団「東京乾電池」に参加。1989年に独立し、(株)テイクワン・オフィスを設立。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察