特集 PR

w-inds.の“Dirty Talk”が最も先鋭的かつ「ファン思い」である理由

w-inds.『Dirty Talk』
テキスト
宇野維正
w-inds.の“Dirty Talk”が最も先鋭的かつ「ファン思い」である理由

「歌って踊れるエンターテイナーだけに許された表現」

音楽好きならば誰もが指摘できるように、w-inds.のニューシングル“Dirty Talk”のサウンドは1980年代後半から1990年代前半にかけてアメリカのR&B界で大流行したニュージャックスウィングを意識したものだ。


w-inds.“Dirty Talk”を聴く(Spotifyを開く

作詞、作曲、プロデュースを手がけた橘慶太の「1980年代中盤生まれ」という世代から、その直接の参照元となっているのは、2016年11月のリリース当時、ニュージャックスウィングリバイバルとして話題を集めたブルーノ・マーズのアルバム『24K Magic』であることは間違いないだろう。同作(及びその収録曲)は『第60回グラミー賞』で最多6部門を受賞。受賞式での、Cardi Bをゲストに迎えての“Finesse (Remix)”の最高にキュートで楽しいパフォーマンスもまだ記憶に新しい。

ブルーノ・マーズの巻き起こした『24K Magic』現象が特異だったのは、他の多くの「1980年代リバイバル」「1990年代リバイバル」と違って、そのフォロワーがほとんど現れなかったことだ。厳密に言えば、「現れなかった」というより「他に誰も真似をできなかった」と言ったほうがいい。

1989年にボビー・ブラウンがリリースした“Every Little Step”のミュージックビデオでの斬新なダンスによって、ここ日本でもブームに火がついたニュージャックスウィング。それは音楽の流行である以上に、何よりもダンスの流行として一気に広まっていった。つまり、ニュージャックスウィングは歌って踊れるエンターテイナーだけに許された表現。ラッパー全盛、歌って踊れるエンターテイナーがかつてほど大衆から求められていない現在の北米の音楽シーンにおいて、ブルーノ・マーズに続く全方位型スターが出てこなかったのはいわば必然だった。

ブルーノ・マーズ『24K Magic』収録曲

w-inds.が、“Dirty Talk”でニュージャックスウィングへ舵を切った必然性

“We Don't Need To Talk Anymore”で驚きとともに幕を開け、アルバム『INVISIBLE』、そして“Time Has Gone”へと結実していった、2017年以降のw-inds.のトロピカルハウス(ダンスホールレゲエのビートやサウンドの影響下で発展したEDMの新形態)に寄せたニューモード――つまりは橘慶太のトラックメイカーとしての覚醒が牽引していった最新型w-inds.の流れにおける、今回のニュージャックスウィングへの急転換には少々不意をつかれた。

それはなぜか。1990年代まで洋楽人気の高かった日本においては、音楽的にはより「わかりやすい」ものとなったが、玄人筋からの評価という意味では決して「わかりやすい」方向性ではないからだ。『グラミー賞』を席巻したばかりの絶好のタイミングとはいえ、ブルーノ・マーズが2016年にリリースした作品のフォロワーを今買って出るというのは、勇敢ではあるもののリスクが高い賭けのようにも一瞬思えた。

しかし、w-inds.のここまでの歩みをふまえるならば、この流れはまさに必然だったのかもしれない。というのも、2作目のシングルにして初のトップ10ヒットとなった“Feel The Fate”(2001年)の時点で、ニュージャックスウィング的なサウンドと、そのチャームを正統に引き継いだ軽快なダンスはw-inds.のアイデンティティーの一つだった。そして、それはほんのつい最近、2016年のシングル“Boom Word Up”まで断続的ではありながらも継続して彼らのグループとしての個性を規定し続けてきた。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

w-inds.『Dirty Talk』初回限定盤
w-inds.
『Dirty Talk』初回限定盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)発売
価格:1,500円(税込)
PCCA-04616

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
1. Dirty Talk Music Video
2. The Making of Dirty Talk Music Video
※個別サイン会参加券もしくはプレゼント応募券封入

w-inds.『Dirty Talk』RYOHEI盤
w-inds.
『Dirty Talk』RYOHEI盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)タワーレコード限定発売
価格:1,500円(税込)
BRCA-00092

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
・Behind The Scene -RYOHEI-
※個別握手会参加券封入(RYOHEI)

w-inds.『Dirty Talk』KEITA盤(CD+DVD)
w-inds.
『Dirty Talk』KEITA盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)タワーレコード限定発売
価格:1,500円(税込)
BRCA-00093

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
・Behind The Scene -KEITA-
※個別握手会参加券封入(KEITA)

w-inds.『Dirty Talk』RYUICHI盤
w-inds.
『Dirty Talk』RYUICHI盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)タワーレコード限定発売
価格:1,500円(税込)
BRCA-00094

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
・Behind The Scene -RYUICHI-
※個別握手会参加券封入(RYUICHI)

w-inds.『Dirty Talk』通常盤
w-inds.
『Dirty Talk』通常盤(CD)

2018年3月14日(水)発売
価格:1,000円(税込)
PCCA-7052

1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
※一斉握手会に参加可能な告知フライヤー封入

イベント情報

『w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2018 ~ESCORT~』

2018年3月3日(土)
会場:北海道 Zepp Sapporo

2018年3月14日(水)
会場:東京都 中野サンプラザ

2018年3月16日(金)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2018年3月18日(日)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2018年4/1(日)
会場:福岡県 福岡国際会議場・メインホール

2018年4月30日(月・祝)
会場:神奈川県 パシフィコ横浜

プロフィール

w-inds.
w-inds.(ういんず)

橘慶太、千葉涼平、緒方龍一からなる3人組ダンスボーカルユニット。2000年11月から毎週日曜日、代々木公園や渋谷の路上でストリートパフォーマンスを開始。2001年3月14日にシングル『Forever Memories』でデビュー。同年リリースされた1stアルバム『w-inds.~1st message~』はオリコンチャート1位を記録。これまでに日本レコード大賞 金賞7回、最優秀作品賞1回を受賞し、NHK紅白歌合戦には6回出場と、実力・人気を不動のものとした。その活躍は、台湾・香港・韓国・中国・ベトナムなど東南アジア全域に拡がり、海外でも数々の賞を受賞。台湾ではアルバム4作連続総合チャート1位を記録。日本人として初の快挙を達成。21世紀という新しい時代に日本を中心に、世界中へ新しい風を巻き起こし続けている、男性ダンスボーカルユニット―――それがw-inds.である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像