特集 PR

ヘンリー・グリーンの電子音楽にみる英国でしか生まれ得ない感性

ヘンリー・グリーン『Shift』
テキスト
宇野維正
編集:木村直大、山元翔一
ヘンリー・グリーンの電子音楽にみる英国でしか生まれ得ない感性

ロバート・ワイアットの系譜を継ぐ、ブリストルのDNA

ブリストルと言えばイギリス西部最大の港町ということもあって、歴史的にジャマイカからの移民が多かった。その風土を背景に、1990年代にはMassive Attack、Portishead、Trickyを筆頭とする「トリップホップ」と呼ばれたUKヒップホップの一大潮流の発信源となり、その発展系でもある「ドラムンベース」の中心人物ロニ・サイズも登場したわけだが、自分が『Shift』を聴いて思い浮かべたのはそれより二世代ほど前の「ブリストル出身ミュージシャンの偉人」、元Soft Machineのロバート・ワイアットの作品だ。

最初に聴いた時に「これは英国でしか生まれ得ない音楽だな」と思ったのも、ロバート・ワイアットの作品の根底に常に流れ続けていた、「1960年代以降、最も英国らしい音楽」と言ってもいいカンタベリーロックの伝統をそこに聴き取ったからかもしれない。

ロバート・ワイアット『Rock Bottom』(1974年)を聴く(Spotifyを開く

フランク・オーシャンを輩出したことでも知られるOdd Future(Odd Future Wolf Gang Kill Them All)のリーダー、Tyler, The Creatorは、昨年のアルバム『Flower Boy』のインスピレーション源として、Soft Machineの名前を挙げていた。また、TylerはEverything But The Girlの大ファンで、同作収録の“November”では、当初ボーカリストとしてトレイシー・ソーンをフィーチャリングしようとしていたとも明かしている。

そんないくつかのエピソードから、ロバート・ワイアットとベン・ワット(Everything But The Girl)のコラボレーションによって生まれた1982年の名作『Summer Into Winter』のことが頭をよぎったのは自分だけだろうか。

ベン・ワット『Summer into Winter』(1982年)を聴く(Spotifyを開く

ちょっと話が脱線してしまったが、近年、英国のミュージシャンが「世界」に発見されるルートには、「英国らしさ」を脱臭していく方向だけでなく、逆に「英国らしさ」を突き詰める方向もあるということだ(それは、英国のミュージシャンに限らず日本のミュージシャンにも言えることだろう)。そういう観点からも、ヘンリー・グリーンの「英国らしさ」が端々から零れ落ちてくる、繊細でパーソナルなエレクトロニックミュージックは注目に値する。

ヘンリー・グリーンを聴く
ヘンリー・グリーンを聴く(Apple Musicを開く / Spotifyを開く

Page 2
前へ

リリース情報

ヘンリー・グリーン『Shift』
ヘンリー・グリーン
『Shift』(CD)

2018年4月18日(水)発売
価格:2,592円(税込)
TUGR-053

1.i
2.Aiir
3.Shift
4.Another Light
5.Stay Here
6.We
7.Without You
8.Contra
9.Diversion
10.Something

プロフィール

ヘンリー・グリーン

現在22歳のヘンリー・グリーンは、イギリス西部にある港湾都市ブリストルに生まれた。このソングライター/プロデューサーであるヘンリー・グリーンの名前が注目されるようになったのは2013年10月。ノルウェーの大人気プロデューサーであるKYGO(カイゴ)が、グリーンがカバーしたMGMTの「Electric Feel」をリミックスしてSoundCloudにアップしたことから始まった。たちまち広まり、今では1000万回再生を達成している。2015年6月にデビューEP『Slow』、続く2017年2月に2nd EP『Real』をリリースし各ストリーミングサービスでも話題に。待望のデビュー作『Shift』を2018年にリリースし、遂に日本デビューを果たす。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談