今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2016年9月12日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作(CINRA.NET編集長)
    柏井万作(CINRA.NET編集長)

    遊び場を探している方へ

    来週はシルバーウィークですね。夏も終わりの気配が漂いちょっと寂しいですが、過ごしやすい季節になるので、お出かけするのも楽しい季節。なんかまた、宣伝に向けてわかりやすい文脈作りでお恥ずかしい限りですが、CINRA.NETに新設されたイベント紹介コーナー、ぜひ使っていただきたい!(笑) 日本全国のイベントの中から、CINRA.NETがおすすめするイベント(音楽も映画もアートも)を常時600件以上掲載してます。次の休みは何しようかな~というときに、ご活用くださいませ。

  • 野村由芽(CINRA.NET編集部)
    野村由芽(CINRA.NET編集部)

    きらりと光れ、一日

    文月悠光さん(ふづきゆみさん、と読みます)の初めてのエッセイ『洗礼ダイアリー』がおもしろい。詩人、である文月さんは、「詩人」がまとうさまざまな印象……たとえば「詩人のくせに健康」(いいことではないか!)、「繊細な感性」(繊細かなあ?と思うそうだ)などなどとひとつひとつ向き合いながら、一日を生きている。なかでも好きなエピソードがふたつ。短編『いらっしゃいませの日々』の中で、駅のジューススタンドでアルバイトしていたときに、「胸がつまりそうな思いで『いらっしゃいませ』と呼びかけていた」こと。そして、『山手線号泣』の中で、別れた恋人の前でもうまく泣けない自分と同じように、「山手線の中にもやりきれない思いを抱える人がいただろう」と思ったこと。そんなふうに割り切れなくて、顔にも出せなくて、情けないことの繰り返しが、大人になるということなのだろうか。なんて思っていたら、「世界に別れを告げる日に ひとは一生をふりかえって 自分が本当に生きた日が あまりにすくなかったことに驚くだろう 指折り数えるほどしかない その日々の中の一つには 恋人との最初の一瞥の するどい閃光などもまじっているだろう」という茨木のり子の詩が目の前を、素足で通り過ぎたような気がした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと