今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2016年12月12日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作
    柏井万作

    皆さんのオススメを教えてもらいたい!!

    あっという間に12月。というか来週末はもう、クリスマスなんですね。デヴィッド・ボウイが亡くなるという悲しいビッグニュースで幕を開けた2016年でしたが、あれからもう1年になるというのだから驚きです。でもとにかく、今年は音楽的には大豊作だったし、世界が激動していて不安定な状態が続いている時代だからこそ、作り手たちの創造力や発信力が増しているようにも思います。そうそう、そういう面白い時代なので、今年は皆さんの力をお借りして、CINRA.NETの2016年カルチャーランキングを作りたいと思っています。答えられるジャンルだけで構いませんので、ぜひ皆さんの「これが良かったよ!」という作品を、教えてください!

  • 野村由芽
    野村由芽

    自分ではわからない顔のこと

    「自撮り」や「セルフィー」が全盛ないまだけど、肖像画やポートレイトというのは、有名人のなかでは昔からあったわけですよね。それで、いい顔ってなんだろうって考える。個人的に長らく殿堂入りだったのは、『散り行く花』のリリアン・ギッシュが、ピースをした2本の指で、無理矢理口角をひっぱりあげている顔。最近上位に食い込んできたのが、武満徹。頬を両手ではさんでもちあげて、こちらも皺や歪みが悩ましげな色気を醸していていい。どちらもいわゆる「かわいい」とか「かっこいい」とは別の顔なんだけど、いい顔っていうのは、そう考えると、あんまり自分ではわからないよね、って思うのでした。

  • 飯嶋藍子
    飯嶋藍子

    愛にまみれる15周年

    土曜日は新宿MARZの15周年イベントに遊びにいってきました。Yogee New Waves、フレンズ、Tempalay、DJ New Action!というアニバーサリーにふさわしいラインナップ。優しい歌の奥に衝動のような強さが見えたYogee New Waves、バンドそのものがパーティーみたいに輝いていたフレンズ、時間をゆるめるような幸福な音を鳴らしたTempalay。どのバンドも新宿MARZという場と瞬間を盛大に祝福していて、愛にまみれた素敵な時間を作り出していました。

  • 山元翔一
    山元翔一

    The xxの前座で気になったSampha

    先週開催されたThe xxの来日公演、素晴らしすぎました。熱狂的なオーディエンスとともに作り上げた至福の時間でした。まさに至上の音楽体験となったのですが、The xxのオープニングアクトとして来日した「Sampha」というアーティストが気になり、翌日に行われた単独公演にも足を運んできました。The xxと同じくロンドン出身のSamphaは、もともとビートミュージックをバックに歌うシンガーなのですが、今回の来日公演は全てピアノの弾き語り。ピアノと声以外の音は一切ないので、まさに彼の生身の魅力を体感できました。ソウルフルなのにどこか儚げな歌声は絶品で、中でもフィーチャリング参加したDrake“Too Much”やSBTRKT“Hold On”は、この日のハイライトと言える盛り上がりでした。アンコールでは、会場からのリクエストに応え、“Blood On Me”を急遽披露。「ピアノだけでやったことないから…」と言い添えるなど、彼の謙虚な人柄も垣間見えた公演でした。(photo by 古渓一道)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い