今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2017年1月23日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作(CINRA.NET編集長)
    柏井万作(CINRA.NET編集長)

    トランプ大統領が就任

    世界中が右傾化していき、政治に対する違和感や不信感がメディア上には蔓延しているけど、選挙ではそれとは違った結果が出る。貧富の差もあれば、宗教や人種の違いもある中で、分かり合おうとする力よりも、自分の利益を主張しようとする力が上回ってきたのだとしたら、恐ろしいですね。一方で多くの表現者は、単に「No」と言うのではない、相手を拒絶するのではない伝え方を、模索している。先日掲載したThe xxのインタビューでは、イギリス人の彼らに、Brexitについても語ってもらったので、ぜひご一読を。その際にジェイミーは、「大統領選の結果には落胆したけど、僕らはアメリカの素晴らしいところをたくさん知っている」って発言もしていて。そういう言葉がちゃんと出てくるあたり、やっぱり最高です。

  • 矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
    矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

    今夜だけは間違いじゃないことにしてもらった

    今週は、素晴らしいCD作品のリリースが、とても多い……「今週のイチオシ!」を選ぶのに、とても苦労しました。幸せな悩みです。下記で取り上げた作品の他には、話題のドラマ『カルテット』の劇伴も務めるfox capture planのオリジナルアルバム、グループ魂・港カヲルが46歳にして放つソロデビューアルバム、徳島県が誇るコミックバンド・四星球のメジャーデビューアルバム、などなど。着実にライブの動員も増やしているAwesome City Clubのシリーズ最終作となる『Awesome City Tracks 4』、実は2曲目”Girls Don't Cry”のコーラスに、私の声もうっすら参加させてもらっています。英語の発音ができる人を探している、ということで、帰国子女の私の普段ほとんど使わない英語力を発揮させてもらった次第でした。レコーディングブースに入って、モリシーさんから「チアリーダーっぽく!」というディレクションを受けたのは良き思い出。まあ、そんなことはどうでもよく(笑)、とにかく作品が本当に素晴らしいので、是非手に取ってみてください。ACCの音楽を聴きながら街中を歩いていると、どれだけ自分がダサい格好をしていても、オシャレなものを纏ってるような気分にさせてくれますよ。

  • 飯嶋藍子
    飯嶋藍子

    NEW MORNINGという名の夜遊び

    週末は『NEW MORNING 2017』に行ってきました。UTENA___DESTROY___NAOMIのまるで何かの儀式のような幽遠なライブ、Maika Loubteの女の子の強さやかわいさを凝縮したようなドリームポップ、yahyelのDJセットなど、体の奥にまで音がおっこちてくるような素敵なパフォーマンスばかり。KATAという会場も絶妙で、みんながちょっとお話しして、ふらっとライブをみて、気のむくままにお酒を飲むような、ああいう自由な空間が増えていくといいなと思いました。(飯嶋)

  • 山元翔一(CINRA.NET編集部)
    山元翔一(CINRA.NET編集部)

    巨匠の28年

    最近は映画を観てばかりの週末なのですが、今日はマーティン・スコセッシの新作『沈黙-サイレンス-』をご紹介。遠藤周作の『沈黙』をスコセッシが映像化した、という情報だけで劇場に足を運びました。かの巨匠が28年の歳月をかけ完成させたというだけあって、一つひとつシーンにズシンとくる重みがあり、鬼気迫る演技やセリフの数々。江戸時代初期の長崎を舞台にした神父と切支丹を巡る物語、という描かれる世界は現代とかけ離れてはいるものの、人間の在り方というような普遍的な問いを突きつけられるような思いで、鑑賞後は呆然とするほかありませんでした。小松菜奈や窪塚洋介、浅野忠信といった日本人も多数出演しており、それだけでも楽しめたのですが、今作はとにかく、主演のアンドリュー・ガーフィールドと塚本晋也監督の壮絶な演技にやられました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い