テスラは泣かない。

てすらはなかない。
テスラは泣かない。

2007年、鹿児島にて結成。ディストーションギターに中毒性のあるピアノリフレイン、躍動するベース、ドラムに、感情を揺さぶるメロディーを武器として、独自の進化を続ける。また村上(Vo&Gt)は医学部を卒業した経歴をもち、独自の死生観から書く歌詞も他に類を見ない。2012年minimuff recordより初の全国流通盤『High noble march』リリースを機に、活動は全国へ。エモーショナルなライブは唯一無二であり、各地で定評を得る。2014年EMI Records Japan(現:Virgin Records)よりシングル『Lie to myself』でメジャーデビュー。同年「ROCK IN JAPAN FES」「RISING SUN ROCK FES」「SUNSET LIVE」などの大型フェスに出演し、圧倒的なパフォーマンスでインパクトを残した。各地のサーキットイベントでは入場規制がかかるなど話題を呼ぶ。この年のライブは年間70本以上、ライブバンドとしてアイデンティティーは揺るぎがない。そして、2015年3月メジャー1stミニアルバム『ONE』をリリース。テスラは泣かない。の音楽性と世界観を“伝える”ことにこだわった今作は間違いなく、鮮やかなリアリティーと共にリスナーの感情を揺さぶるであろう。(オフィシャルサイトより)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察