特集 PR

2015年9月に日本上陸を果たした、世界最大級のオンラインストリーミングサービス「Netflix」。世界中の注目を集めた『ハウス・オブ・カード 野望の階段』など、数ある定額制サービスのなかでもオリジナル作品の制作に力を入れ、そのコンテンツ量とクオリティーの高さで、目の肥えた映画好きの心を掴み、そのファン層を広げている。

2017年にはポン・ジュノの新作やデヴィッド・フィンチャーのドラマシリーズの配信がすでに予告されているなか、今のうちに見ておきたい、おすすめ作品をCINRAのスタッフと特別ゲストYeYeがセレクト。十人十色の作品評を読めば、気になる作品がきっと見つかるはずだ。

ドキュメンタリー好きも驚く麻薬王。『ナルコス』の現実離れした真実

昨今の海外ドラマブームの火付け役となった作品として、数々の栄誉ある賞を受賞した『ブレイキング・バッド』が挙げられるが、そこから海外ドラマの魅力にはまっていったというCINRA総務・宮崎がすすめるのは、実在の麻薬王、パブロ・エスコバルの史実をもとにした『ナルコス』だ。

『ナルコス』をNetflixで見る

宮崎:まさに事実はドラマより奇なり、という言葉がぴったりな作品ですね。1980年代に実在した麻薬カルテルが舞台になっているのですが、一つひとつのできごとが現実離れしすぎていて、「こんなことって本当にあるの……?」と驚かされながらも、エンタメとして夢中にさせてくれる物語の構成力がスゴイ。

あと、私は仕事で経理もやっているのですが、ちゃんと財務を管理できないと、あんなふうに大規模な大麻農園を築けないですよね。人件費はどうしてるんだろう? とか、そんなことを想像したりもしてしまいます(笑)。

イギリス王室の裏側。衣装や小物も美しい『ザ・クラウン』

『ザ・クラウン』
『ザ・クラウン』

『ブレイキング・バッド』の続編『ベター・コール・ソウル』がきっかけでNetflixに加入し、今では「その作品、Netflixに入ってますかね?」が口癖になっているほど、社内でも指折りのNetflixファンであるCINRA.STORE担当の佐藤。デザイナーとしても活動し、商品写真の撮影もおこなう彼女が選んだ一本は、イギリス王室を描いた『ザ・クラウン』だ。

『ザ・クラウン』をNetflixで見る

佐藤:学生の頃はミニシアター系の映画を多く見ていたのですが、海外ドラマのクオリティーが、映画並みだと気づいてしまいいつの間にか中毒に……。

『ザ・クラウン』は、特に好きなジャンルだったというわけではないのですが、Netflixオリジナル作品に信頼感があるので、とりあえず見てみたら面白くて。イギリス王室という、自分とは遠い立場の人たちの日常を、ごく普通の家族の話のように感じられるリアリティーが新鮮です。個人的には、マット・スミスが演じるエリザベス2世の夫・フィリップ殿下のキャラクターがお気に入り。史実を調べると、失言が多い人だったようですが、ドラマだとなんだかチャーミングで、不思議と許せてしまう人柄なんですよね。

あと、王室を舞台にしているので、衣装や小物の可愛さ、美しさは、眺めているだけでも楽しいです。女性のクラシカルなコートなんかは、今の時代に着てもきっと素敵なんじゃないかな。

世界最高峰の料理人の人生を味わう『シェフのテーブル』

ある特定の立場の人々を描いているのに、私たちの日常ともつながっているように感じられる作品というのは、もしかしたら名作のひとつの条件なのかもしれない。代表取締役の杉浦が選んだドキュメンタリーシリーズ『シェフのテーブル』もそんな要素をもちあわせている。

『シェフのテーブル』をNetflixで見る

杉浦:信頼する知人からすすめられて見始めました。1話ごとに1人のスターシェフを紹介する構成になっていて、どの人にもすごいドラマがつまっています。特に面白いのは、シーズン2。若くして大成功した後に、思いも寄らない苦境が待ち受けていたグラント・アケッツ。貧しい家庭に生まれ育ちながら、強靭な精神でインド料理を高級料理に昇華させ、バンコクで開いたレストランがアジア一の称号を得たガガン・アナンド。外交官の道を選ばず、独学でスロベニア料理の価値を高めたアナ・ロス……。みんなホント、信じられないぐらいにすごいんです。

この作品に登場するのは、シェフであり、料理だけど、やっぱり普遍的な人間の生き方を描いている。悔しさを乗り越えて今がある人たちの物語を見ていると、明日もがんばろう、と素直に思えます。

Page 1
次へ

サービス情報

Netflix

世界最大級のオンラインストリーミングサービス。190以上の国で8600万人のメンバーが利用している。オリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日1億2500万時間を超える映画やドラマを配信中。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できる。コマーシャルや契約期間の拘束は一切なく、思いのままに再生、一時停止、再開することができる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)