特集 PR

原田郁子と行く『川内倫子展 照度 あめつち 影を見る』

原田郁子と行く『川内倫子展 照度 あめつち 影を見る』

内田伸一
撮影:菱沼勇夫

青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている/やわらかくて きもちいい風/もうすぐ夜があける/遥か より 彼方へ/約束の花/たのしそう かなしそう/満ち欠けて なお 響く もの/ゆれないこころ/ある鼓動

まるで写真家・川内倫子さんの世界を紡ぎ出したかのようにも思える言葉の数々ですが、これらはすべて、原田郁子さんがクラムボンやソロ活動などを通して歌い、演奏してきた名曲群のタイトルです。それぞれが確固とした世界観を表現しつつも、ジャンルを超えて互いに共感し、交流もあるふたり。そこで今回は原田さんと一緒に、川内さんによる話題の最新個展を訪ねました。『川内倫子展 照度 あめつち 影を見る』は、2012年5月12日から7月16日まで東京都写真美術館で開催中。写真はもちろん新作の映像作品も登場するこの展覧会、その作品空間と対峙した原田さんは、何を感じたのでしょう?

光と影が身体のそばを流れる――写真の回廊

今回の展覧会は、階段を行き交う学生たちの足元をとらえた1枚の写真から始まります。それは、これから始まる川内ワールドへと観衆を招く入口のよう。原田さんは「写真集の表紙にもなった作品ですね」とすぐに気付きました。そう、川内さんの2011年の作品集『Illuminance』もまた、この写真から始まっています。

無題 シリーズ《Illuminance》より 2007
無題 シリーズ《Illuminance》より 2007

原田:私が川内さんを最初に知ったのも写真集でした。もうだいぶ前になるけど、本屋さんで偶然『うたたね』を見つけて。ページをめくっていくと、自分がお店にいるのも忘れて、なぜか涙が出てしまったんです。

原田郁子
原田郁子

『うたたね』は2001年に世に送り出された、川内さんのデビュー作品集です。同書および同時刊行された作品集『花火』が評価され、第27回木村伊兵衛写真賞を受賞。以来、この世界に溢れる生命の力強さ、またそれらがいつか消えていくことへの予感を日常の一瞬にとらえたような表現は、川内さんの代名詞的なスタイルとして知られていきます。6×6cm判フィルムのローライフレックスカメラで撮られた正方形の写真世界もまた、彼女のトレードマークと言えるでしょう。

原田郁子

展覧会の導入部を飾る『Illuminance』シリーズも、この流れの延長にあると言えます。「照度」を意味する言葉のもとに集った、薔薇、キャンドル、金魚、水上花火などのさまざまなイメージ。しかし今回は、写真集ともまた違う試みがなされています。写真集では、一見関係なさそうな2枚が見開きで並ぶことによる連想やイメージのふくらみが特徴的でした。対してここでは純白の細長い空間の両壁に、1m四方の大きなプリントがいくつも向かい合って並びます。写真の回廊のようなその場所へ、原田さんは静かに歩を進めていきました。

原田郁子

原田:通り過ぎていくと、まるでこの写真たちが私の身体の左右を流れていくみたいです。ちょっとだけ、走ってみてもいいですか?

原田郁子

そう言って微笑み、回廊を駆け抜ける原田さん(美術館の方に特別にお許しを得ました!)。両端にある、日食を捉えた1枚と木漏れ日を写した1枚が、その姿を見守ります。1点1点をじっくり見つめていた先ほどとは、また違う風景が原田さんには見えたのかもしれません。

原田郁子

映像作品が教えてくれる、一期一会の川内ワールド

次の部屋は、対照的に暗闇の空間。そこには写真ではなく、2つの映像が並んで投影されています。やはり『Illuminance』から生まれた、近年の川内さんの挑戦です。車窓に射す陽がつくる光の輪と、蜘蛛の巣が描く幾何学模様。舞い上がるシャボン玉と、霧の立ちこめる山あいの風景……観る者にふとした偶然の閃きをもたらすような、不思議な組み合わせが現れては移ろっていきます。こちらはあたかも、川内さんの写真集スタイルの映像版のよう。実は左右どちらも同じ45分の映像をループ再生していますが、シーンをずらして再生することで、この不思議な組み合わせが生まれます。

原田郁子

感想を聞くと「いまはこのままもう少し、観ていてもいいですか?」と、真剣に映像と向き合っていた原田さん。後でこのときのことを聞くと「観て感じることと、それを自分の言葉にすることが同時にはできなくて」と率直な気持ちを教えてくれた上で、こう話してくれました。

原田郁子

原田:太鼓を叩いているシーンが静かだったり、かと思えば人の声が聞こえる場面があったり……それぞれの環境音も、聴こえたり無音だったりすることで印象が豊かになりますね。この場所すべてに川内さんがいたんだって思うと、そのことも心に響きます。イメージが切り替わるテンポも全部違うのは、一緒におしゃべりするときの、彼女の話し方を思い出させる気もします。

原田郁子

歩み去ることができずに、ついついずっと映像を見つめ続ける人も多いというこの空間。世界を構成する無限とも思える営みの大切さと、しかし限りがあるからこその出会いの尊さを感じさせてくれます。

Page 1
次へ

イベント情報

『川内倫子展 照度 あめつち 影を見る』

2012年5月12日(土)〜7月16日(月・祝)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
時間:10:00〜18:00(木、金曜は20:00まで)
休館日:月曜(月曜が祝日の場合は開館し、翌火曜が休館)
料金:一般700円 学生600円 中高生・65歳以上500円
東京都写真美術館

対談
『原田郁子(音楽家)×川内倫子』
2012年6月22日(金)18:30〜20:00
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 1階ホール
出演:
川内倫子
原田郁子
定員:190名(先着順、当日10:00より1階受付で入場整理券配布)
対象:本展覧会チケットをお持ちの方

『担当学芸員によるフロアレクチャー』
2012年6月15日(金)、7月6日(金)14:00〜
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
※本展の半券(当日有効)を持参の上、会場入口に集合

『YOMIURI again & again!!! 〜Acoustic sound & Band sound〜 Acoustic set』

2012年9月16日(日)OPEN 15:30 / START 17:00
会場:東京都 よみうりランド オープンシアターEAST
出演:クラムボン
料金:
1日券各日5,350円
2日通し券9,000円(共に入園料込)※オフィシャル先行のみ限定数取扱い

『YOMIURI again & again!!! 〜Acoustic sound & Band sound〜 Band set』

2012年9月17日(月・祝)OPEN 13:30 / START 15:00
会場:東京都 よみうりランド オープンシアターEAST
出演:クラムボン
料金:
1日券各日5,350円
2日通し券9,000円(共に入園料込)※オフィシャル先行のみ限定数取扱い

リリース情報

クラムボン<br>
『2011年11月3日 両国国技館』(2DVD)
クラムボン
『2011年11月3日 両国国技館』(2DVD)

2012年4月4日発売
価格:8,000円(税込)
COBA-6266〜7

[DISC1]
1. シカゴ
2. パンと蜜をめしあがれ
3. ドギー&マギー
4. ジョージ
5. GLAMMBON
6. 波よせて
7. はなさくいろは
8. コントラスト
9. 便箋歌
10. ナイトクルージング
11. あかり from HERE
12. KANADE Dance
[DISC2]
1. GOOD TIME MUSIC
2. はなれ ばなれ
3. サラウンド
4. NOW!!!
5. バイタルサイン
6. Re-Folklore
7. 312(mito solo)
8. ある鼓動
9. tiny pride
10. 雲ゆき
[仕様]
・金箔押し布張りBOXケース
・特製手染め手ぬぐい
・メンバーフォトカード
・オリジナルステッカー
・番付風曲目表(メンバー手形入り)

プロフィール

原田郁子

福岡出身。1995年「クラムボン」を結成。歌と鍵盤を担当。独自のスタンスで精力的に音楽活動をつづける。バンド活動と並行して、さまざまなミュージシャンとレコーディングやライブで共演。最近ではFISHMANSのゲストボーカル参加や、タイの漫画家タムくんことウィスット・ポンニミットと、日本・バンコクでライブを行った。2004年よりソロ活動も行っており、同年に『ピアノ』、2008年に『気配と余韻』、『ケモノと魔法』、『銀河』を発表している。また、2010年5月吉祥寺に多目的スペース「キチム」をオープンさせ、飲食とともにライブやイベントを行なう場所をつくっている。クラムボンでは、震災後の2011年5月より約5ヶ月間に渡る、全国48ヶ所49公演のツアーを敢行。同年11月に両国国技館で初のアリーナ公演。同月にリリースしたシングル『ある鼓動』のジャケット写真と両国国技館ライブ会場のみで限定販売された同曲のPVを川内倫子が手掛けている。2012年ライブアルバム『3peace2』、ライブDVD『2011年11月3日 両国国技館』をリリース。9月には、よみうりランドオープンシアターEASTにて2daysライブが決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)