特集 PR

あがた森魚が語る「ベルウッド・レコード」と、伝える技術の話

あがた森魚が語る「ベルウッド・レコード」と、伝える技術の話

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/10/09
  • 0

「ベルウッド・レコード」をご存知だろうか。もしもあなたがその名前を知らなかったとしても、はっぴいえんどの諸作や、細野晴臣と大瀧詠一の最初のソロ作品、後にムーンライダーズへと発展するはちみつぱいの唯一の作品、高田渡、遠藤賢司、小室等らの作品を世に送り出したレーベルだと言えば、その功績の大きさは伝わるだろう。1972年、キングレコードの社員プロデューサーだった三浦光紀によって設立され、岡林信康を輩出したURC、吉田拓郎を輩出したエレックと共に「3大フォークレーベル」と呼ばれた。中でも洋楽のロック的な感性を取り込み、洗練された音楽性や芸術性を備えた作品を数多く世に送り出したベルウッドは、今で言うニューミュージックのシーンを牽引する役割を果たしたという意味で、非常に特徴的なレーベルであったと言える。

そのベルウッドからの第1弾リリースとなったシングル『赤色エレジー』の大ヒットによって、一躍時の人になったのがあがた森魚である。作品性を重んじ、今も第一線で活躍を続ける彼は、「朝起きると、地球上の森羅万象が僕の中に詰まってると思う」といった独自の感性の持ち主。今回ベルウッドの40周年を記念し、過去のカタログが一挙再発されるにあたって、ベルウッドと共にキャリアをスタートさせたとも言えるあがたに、レーベルと自身の歴史を紐解いてもらった。彼の言葉は、40年の時間の重みを感じさせ、表現することの奥深さを感じさせるものばかり。今ここから世界の見え方が変容するような、貴重な取材となった。

当時は早く世に認められたいというか、ともかくみんなの前で歌いたいっていう、それだけだったんですよ。

―あがたさんはどのような経緯でベルウッド・レコードから作品をリリースすることになったのですか?

あがた:ベルウッドの第1回のリリースが1972年で、その前の年の1971年にあった『中津川フォークジャンボリー』(1969年から1971年まで3回にわたり開催された、日本初の野外フェスティバル)に僕がたまたま出演していたときに、ディレクターの三浦光紀さんと出会って、彼の推薦で出すことが決まったっていうのがそもそものきっかけですね。

―それ以前から三浦さんとの交流があったわけではないんですか?

あがた:全くないですね。その日は鈴木慶一くんたちと始めたはちみつぱいというバンドと一緒にサブステージで演奏したんですけど、当時は早く世に認められたいというか、ともかくみんなの前で歌いたいっていう、それだけだったんですよ。ちょうどその頃早川義夫さんや遠藤賢司さんとの交流も始まりかけてたんですけど、僕は僕なりのアンテナで音楽を始めていたところで、できたばかりの“赤色エレジー”っていう歌もあって、それが特に三浦さんの印象に残ったのかもしれないですね。

あがた森魚

―当時は歌謡曲とかアイドルが全盛で、それに対してフォークやポップ、ロックといった、いわゆるニューミュージック的なものを広めたいという考えがベルウッドの理念としてあったのでしょうか?

あがた:そういう風に解釈しますね。三浦さん一個人というよりは、URCとエレックという当時数少ないインディーズレーベルがあり、その流れで日本にフォークとかニューミュージックといわれる機運が生じ始めてたんです。そのタイミングで各メジャーのメーカーから一斉にフォークとかニューミュージック系のレーベルが発足して、ソニーからは吉田拓郎さんのオデッセイが、キングからはベルウッドが始まったんです。当時は新人がほとんどそこでデビューする4月25日っていう発売日の設定があったんですよ。毎年の年中行事というか、始業式のようなもんだね(笑)。

あがた森魚
あがた森魚

―その4月25日にベルウッドの第1弾として発売された『赤色エレジー』が、いきなり大ヒットを記録したわけですよね。

あがた:僕はその前の年までどこのガキかもわかんないような感じだったのが、次の年には吉田拓郎とか新しい傾向で出てきた色んな中の一人としてパッと注目を浴びるようになって。僕自身心して「よっしゃ」って頑張った部分もあったけど、でも青天の霹靂なわけだよね。三浦さんが後々「あのヒットがあったからやっていけた」みたいなことをおっしゃってて、もちろんそれだけじゃないにせよ、自分がそれを請け負えたことだったり、「誰かに聴いてほしい」という願いが叶って、それは得難い経験ではあったね。そこから僕の今日に至る色んな歴史があるわけだから。

Page 1
次へ

リリース情報

『Bellwood 40th Anniversary Collection』
『Bellwood 40th Anniversary Collection』

2012年10月3日発売
[リリース作品]
・六文銭『キングサーモンのいる島』
・高田渡『系図』
・山平和彦『放送禁止歌(オリジナル・バージョン)』
・西岡恭蔵『ディランにて』
・武蔵野タンポポ団『武蔵野タンポポ団の伝説』
・あがた森魚『乙女の儚夢』
・大瀧詠一『大瀧詠一』
・Bellwood 40th Anniversary Collection『フォーク・ギターの世界』
・はっぴいえんど『HAPPY END』
・細野晴臣『HOSONO HOUSE』
・及川恒平『忘れたお話』
・高田渡『石』
・山平和彦『風景』
・岩井宏『30才』
・南正人『南正人ファースト』
・はっぴいえんど『CITY/はっぴいえんどベスト・アルバム』
・はちみつぱい『センチメンタル通り』
・小室等『私は月には行かないだろう』
・高田渡『ごあいさつ』
・小室等『東京』
・はっぴいえんど『ライブ!!はっぴいえんど』
・西岡恭蔵『街行き村行き』
・あがた森魚『噫無情(レ・ミゼラブル)』
・Bellwood 40th Anniversary Collection『フォーク・ギター』
・オリジナル・ザ・ディラン『悲しみの街』
・いとうたかお『いとうたかお』
・はっぴいえんど『シングルス・はっぴいえんど』
・六文銭『シングルス・六文銭』
・及川恒平『名前のない君の部屋』
・ザ・ディランII『この世を悲しむ風来坊に捧ぐ』
・加川良『アウト・オブ・マインド』
・小室等『デッドヒート '74年ライブ』
・ザ・ディランII『時は過ぎて〜ザ・ディランIIライヴ』
・朝野由彦『巡礼』
・あがた森魚『僕は天使ぢゃないよ』
・山平和彦『ライブ!山平和彦』
・中川五郎『また恋をしてしまったぼく』
・遠藤賢司『東京ワッショイ』
・大瀧詠一『アーリー大瀧詠一』
・友川かずき『俺の裡で鳴り止まない詩〜中原中也作品集』
・小室等『私は月には行かないだろう(完全限定プレス盤)』
・六文銭『キングサーモンのいる島(完全限定プレス盤)』
・六文銭『六文銭メモリアル(完全限定プレス盤)』
・山平和彦『放送禁止歌(完全限定プレス盤)』
・山平和彦『風景(完全限定プレス盤)』
・山平和彦『ライブ!山平和彦(完全限定プレス盤)』
・大瀧詠一『大瀧詠一(完全限定プレス盤)』
・大瀧詠一『アーリー大瀧詠一(完全限定プレス盤)』
・はっぴいえんど『HAPPY END(完全限定プレス盤)』
・はっぴいえんど『CITY/はっぴいえんどベスト・アルバム(完全限定プレス盤)』
・はっぴいえんど『ライブ!!はっぴいえんど(完全限定プレス盤)』

あがた森魚
『大航海40年史』(2CD)

2012年11月7日発売
価格:3,500円(税込)
UPCY-6673/4

[DISC1]
1. コドモアルバム/あがた森魚と山崎優子
2. 俺の知らない内田裕也は俺の知ってる宇宙の夕焼け
3. 沢尻エリカぶるぅ。
4. キューポラ・ノアールの街
5. るるもっぺべいぶるう
6. 佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど
7. 風立ちぬ
8. 太陽コロゲテ46億年
9. たそがれる海の城
10. キットキット!!遠く遠く!!(Version T.K.T.)
11. 月食/雷蔵
[DISC2]
1. 誰が悲しみのバンドネオン
2. パール・デコレーションの庭
3. 骨
4. いとしの第六惑星
5. 春の嵐の夜の手品師
6. 百合コレクション/ヴァージンVS
7. 星空サイクリング/ヴァージンVS
8. 僕は天使ぢゃないよ
9. 星のふる郷
10. 最后のダンス・ステップ(昭和柔侠伝の唄)
11. 大寒町
12. 清怨夜曲
13. 大道芸人
14. 赤色エレジー(Single Version)
解説:湯浅学
イラスト:山本ルンルン
※SHM-CD(Super High Material CD)仕様

プロフィール

あがた森魚

1948年北海道生まれ。1972年『赤色エレジー』でデビュー。 当時、アメリカのコンテンポラリーなフォークロックやヒッピームーブメントなどに強い影響を受けながらも、その影響下に留まらず、 日本の大正や昭和のロマンティックな大衆文化を彷彿とさせるオリジナリティーあふれる音楽世界を創り出していった。 デビューアルバム『乙女の儚夢』以降、『噫無情』『日本少年』『永遠の遠国』と、あがた森魚世界観をはらんだアルバムを発表しながら70年代を駆け抜けた。映画製作や文筆活動等々多岐にわたりながらオリジナルアルバムを次々とリリース。 デビュー40周年を迎える2012年はアルバムリリースや記念コンサートの開催など引き続き意欲的な活動が続いている。10月3日、ベルウッドの創立40周年を記念して「Bellwood 40th Anniversary Collection」と銘打って51タイトル再発されたコレクションには、あがた森魚の初期3枚のアルバムが含まれる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)