特集 PR

GOMAインタビュー 失った過去と、歩み始めた新しい人生

GOMAインタビュー 失った過去と、歩み始めた新しい人生

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2013/01/18
  • 0

交通事故によってMTBI(軽度外傷性脳損傷)と診断され、記憶障害を抱えながら活動を続ける音楽家GOMA。そんな彼の半生を、過去映像と事故後のライブ映像で綴ったドキュメンタリー映画『フラッシュバックメモリーズ3D』が全国公開される。先日開催された『東京国際映画祭』のコンペティション部門で観客賞を受賞したこの作品は、『ライブテープ』などで知られる映画監督の松江哲明が、3Dを大胆に導入することでGOMAの「記憶の層」を見事に表現すると共に、その人物像もドキュメントした、素晴らしい作品である。

今回の取材から遡ること480日前。CINRAでは2011年9月にGOMAへのインタビューを行い、『記憶を失った音楽家GOMAが、「未来」を信じるまで』という記事を掲載した(その年の記事ランキング1位になるほど大きな反響を呼んだ)。記憶障害を抱えるGOMAは、やはり前回の取材のことは覚えていない。今も記憶の定着は思うようにいかず、日々の生活がどんなに困難であるかは、想像すらつかない。しかし、事故前と何ら変わりがないというポジティブな性格と、たゆまぬ努力によって、GOMAは今も確かに前へ前へと進み続けている。『フラッシュバックメモリーズ3D』やこのインタビューからは、そんなGOMAの強い想いがはっきりと伝わるはずだ。

CINRA.NET >『記憶を失った音楽家GOMAが、「未来」を信じるまで』
CINRA.STORE > 『フラッシュバックメモリーズ3D』対談 松江哲明(監督)×高根順次(プロデューサー)

何が消えてしまって、何が残っているのか、いまだによくわからない。

―2011年9月以来の取材になります。その後、お体の調子はいかがですか?

GOMA:事故当初から比べるとだいぶ良くなってるんですけど、ちょっと気を緩めるとすぐに体が動きづらくなったりするから、今も常に気を張ってる状態ではあります。普段使ってない筋肉を使うことが脳にいいみたいで、そういうことはなるべく意識的にやるようにしています。

GOMA
GOMA

―事故後は肉をたくさん食べるようになったともおっしゃっていましたが、そういうことも脳の回復につながっているわけですよね?

GOMA:脳が疲れてくると、自然と体が肉を欲するんですよね。高次脳(機能障害)の状態って、言わば人間の理性の「理」の部分が外れたような状態らしくて、それって言うたら動物みたいなもんで(笑)。本能的に体が求めるもの、脳が欲してるものを感覚的に取り入れていったら、すべてが潤滑になってくるんですよね。

―そういうGOMAさんの状態に関する話でいうと、『フラッシュバックメモリーズ3D』を観てまず驚いたのが、前回の取材でGOMAさんが「脳にパッと画像が表れることがある」とおっしゃっていたまさにその感覚が、3Dで表現されていることでした。あれは不思議な体験でした。

GOMA:記憶ってすごく複合的なもので、味覚・嗅覚・聴覚・触覚とか、そういう感覚が複合的に絡まって、脳の中に記憶として蓄積されていると思うんです。だから普通は、匂いを嗅いだり、何かを食べたりすると、それに付随する何かのイメージが出てくる。だけど僕の場合、神経がつながりきっていない状態で画像が出てきてるから、まだそれが何なのかわからないっていう状態なんだと思います。

―神経がつながっていれば、その画像が何であるかわかるのかもしれないけど、まだ断片的な状態にあると。

GOMA:そうみたいです。5年とか10年のタームでそういう神経がつながってくるらしいので、そうなればもっと生活しやすくなるのかなって思うんですけど。今はまだ自分の記憶に自信が持てなくて、最近のことやと思って話しても、実は十何年前のことやったりとか、時間軸が脳の中でバラバラの状態なんです。少しずつ記憶が残るようにはなってきたから前進はしてるけど、過去の記憶に関しては、何が消えてしまって、何が残っているのか、いまだによくわからないんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『フラッシュバックメモリーズ3D』

2013年1月19日より全国順次3D上映
監督:松江哲明
出演:GOMA & The Jungle Rhythm Section
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

松江哲明監督、GOMAが登壇する舞台挨拶が決定

1月19日(土)新宿 (1)18:30〜の回上映終了後 (2)20:50〜の回上映開始前
1月20日(日)梅田19:00〜の回上映終了後
1月21日(月)京都19:00〜の回上映終了後
1月22日(月)名古屋18:35の回を予定
1月24日(木)横浜19:00〜の回上映終了後
1月25日(金)博多19:00〜の回上映終了後
1月26日(土)博多19:00〜の回上映終了後(GOMAのみ)
1月27日(日)広島19:00〜の回上映終了後

フラッシュバックメモリーズ公開記念
GOMA個展 記憶展第三章『ひかり』

2013年3月9日(土)〜3月20日(水・祝)
会場:東京都 恵比寿KATA(恵比寿リキッドルーム2F)

2013年4月27日(土)〜5月6日(月・祝)
会場:大阪府 大阪PINE BROOKLYN

フラッシュバックメモリーズ公開記念 ワンマンLIVE
『2nd Life』

2013年4月5日(金)
会場:大阪府 大阪シャングリラ
出演:GOMA&The Jungle Rhythm Section

2013年4月7日(日)
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:GOMA&The Jungle Rhythm Section

プロフィール

GOMA

1973年生まれ。大阪府出身。ディジュリドゥアーティスト、画家。単身で渡豪した、オーストラリアで数々のコンペティションに参加し入賞。 98年アボリジニーの聖地アーネムランドにて開催された「バルンガディジュリドゥコンペティション」では準優勝し、ノンアボリジニープレイヤー として初受賞という快挙を果たす。国内外の大型フェスにも多数参加し、自身の10周年の活動をまとめた映像制作をしていた09年交通事故に遭い高次脳機能障害の症状が後遺しMTBI(軽度外傷性脳損傷)と診断され活動を休止。その後も懸命にリハビリを続け再起不能と言われた事故から苦難を乗り越え2011年6月に静岡で行われた野外フェスティバル「頂」にてシークレットゲスト出演をし、FUJIROCK FESTIVAL’11にて伝説のライブを行い、奇跡の復活を成し遂げた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)