特集 PR

村松亮太郎×真鍋大度対談 映像をスクリーンから解放したもの

村松亮太郎×真鍋大度対談 映像をスクリーンから解放したもの

インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:佐々木鋼平

「映像の世紀」と言われた20世紀を越え、現在では誰もがあらゆるシーンで映像表現に触れ、気軽に映像を作ることが可能な日々がやってきました。しかし、用意された環境に満足しない挑戦者たちは、この時代にも絶えることはありません。彼らの視線は今、どんな映像世界を見据えているのでしょうか?

そこで、映画、MV、CF制作から、3Dプロジェクションマッピングまで多彩な映像表現を手がけるネイキッドの村松亮太郎代表と、視覚表現の最前線で活躍するゲストとの対談シリーズを始めます。第1回のゲストは、メディアアーティストの真鍋大度さん。話題は、昨年末に東京駅を変貌させた村松さんたちの3Dプロジェクションマッピングから、真鍋さんの最新プロジェクトやPerfumeらミュージシャンとの協働、さらにお互いのルーツや今後の展望にまで広がりました。二人の視線の先を追いかけると、私たちの知覚をポッと変える何かが見えてくるかもしれません。

プロジェクションマッピングは、映像表現をモニターから解放した。(村松)

村松:はじめまして。お会いできるのを楽しみにしていました。

真鍋:僕は村松さんのことは、東京駅で去年開催された『東京ミチテラス2012』での3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』で知りました。あれはかなり話題になりましたね。



村松:はい。あれだけ注目してもらえたのはすごく嬉しいです。ただ、あまりの人手に会期途中で中止になってしまって……。僕はちょうど、子供たちに親の仕事を見せてやろうと車で現地に向かう途中でその連絡を受けて、一緒にラーメン食べて帰りました(笑)。

真鍋:それは残念(苦笑)。東京駅では、その前の9月にもプロジェクションマッピングがありましたね。モーショングラフィックを担当したTAKCOM君は僕もPerfumeの案件でよく協働する縁があり、観に行きました。

村松:あれは投影エリアもすごく広くて圧巻でしたね。僕らはその種の迫力より、繊細さでいかに魅せるか勝負しました。

真鍋:東京駅は、投射場所としてもすごく良いですよね。

村松:技術的には色々厳しい場所なんですけどね。周囲が明るいし、建物は茶色いし、交通量も多い。ただ、シチュエーションとして良いし、クリスマスシーズンというのもやりやすかった。でも僕が言うのもなんですが、10分の映像イベントに、なぜ10万人もの人が押し寄せてくれたのか不思議で。

真鍋:村松さんは、プロジェクションマッピングのどこに惹かれるんですか?

村松:これまで僕はMVやテレビドラマのオープニング制作、さらに映画監督という形で映像表現をしてきたんです。プロジェクションマッピングがそれらと大きく違ったのは、映像がスクリーンやモニターから解放されることですね。メディアアートでは当たり前かもしれないけれど。

真鍋:逆に僕は、決まった尺のある映像を作るっていうのがかなり稀ですね。センサーの値を使って映像をリアルタイムでジェネレートする方が多いです。

村松:そうなんだ! メディアアートって……そもそも何なんですかね?(笑)

真鍋:何でしょうね(笑)。僕自身は、色々勝手に試しているものはアート作品というより実験という感覚で、それが後から作品化される場合もあるという感じ。

左から:村松亮太郎、真鍋大度
左から:村松亮太郎、真鍋大度

村松:映像制作のスキルはもともと広く持っていたんですか?

真鍋:いや、実はミュージックビデオの仕事が来て初めてレンダリングをやってみたとか、そういう感じです。普段はインスタレーションやライブが多いので。いわゆる映像の基礎を身に付けていたわけではないですね。入力、解析、生成という一連の作業をプログラミングを使って行うのですが、出力は映像に限らず、レーザーだったり、モーターだったり何でもありです(笑)。

村松:僕もかなり幅広くやってるつもりだけど、突き詰めれば映像に行き着きます。真鍋さんにとってそれにあたるのが、プログラム?

真鍋:そうですね。あとは音作りもやっています。ダンス公演のために作曲して、さらにダンサーの腕の力の入れ方と音響や照明を連動させる、というようなことも。

村松:それをするには、ダンサーの動きをかなり瞬時に読み取らないと……。

真鍋:はい。そのときは筋電位センサーを使いました。筋肉が収縮するときの微弱電流を感知してくれるんですね。だからダンサーが「左手を動かそう」と思ったら、腕が曲がる前に音を鳴らせる。音と身体にズレがないことは、ダンサーにとっても新鮮だったようです。

村松:面白いですね。真鍋さんの試みを突き動かすのは、どういう欲求なんでしょう?

真鍋:「人間の体を知りたい欲求」かな(笑)。「これやったらどうなるんだろ?」みたいな。

村松:表現欲というよりエンジニア的?

真鍋:そうかもしれません。新種のカメラが出たら、何を撮りたいかより、そのカメラでしかできないことは何かを考えたいので、まずは細かいスペックを知りたい(笑)。リアルタイムでデータを取得できるのか、できるとしたら遅延はどのくらいになるのか、データの解像度やサンプリングレートはいくつかということが重要だったりしますね。

真鍋大度

村松:研究者にも近いですね。

真鍋:研究者の方と話していて、感覚的に近いと思うことはよくあります。ちょうど今、東大の石川奥研究室のアルバロ・カシネリさんと協働でプロジェクトを進めているのですが、それもお客さんが体験する最終的なアウトプットの話はまだ全然なくて、ベースになる仕組み作りをしています。ヘリコプターを使ったものなどは映像に使えるかもしれません。

村松:おお〜。それは面白そう!

真鍋:あとは『scoreLight』という作品で、彼が研究で開発していたレーザートラッキング技術を用いて音を生成するソフトを書くというようなこともやりました。

村松:例えば音楽に感動するのはわかりやすいけれど、真鍋さんはプログラムにグッとくる瞬間がある?

真鍋:音楽の場合は、好き嫌いの基準が全てだと思うんですよね。良いとか悪いっていうのは作り手側の目線でしかないので。でも、プログラミングというかシステムに関していえば、良い、悪いで判断できるものが多いんです。「フレームレートが出てないけどこっちの方が味があるなぁ……」ということはほとんどない(笑)。プログラミングの作業って、理論的には合っているはずだけど、実際にやってみると精度が足りなかったり、単純なミスで期待通りの結果を得られないということが結構多いんですね。それが、一度試しただけで全てうまく行ったりするとこれはかなり……。

村松:グッとくる?(笑)

真鍋:みんなでハイタッチしますね(笑)。「あ〜計算通りだ」って。一人でやることは少ないので、みんなで持ち寄ったものを合わせて奇跡的に一発で動いたりすることがあってそれも無茶苦茶嬉しい。そういう共同作業の楽しみもあります。

Page 1
次へ

インフォメーション

株式会社ネイキッドでスタッフを募集しています。
詳細はNAKED inc.を参照ください。

イベント情報

『scopic measure #15 ライゾマティクス新作インスタレーション「pulse 3.0」』

2013年1月27日(日)〜3月24日(日)10:00〜19:00
会場:山口県 山口情報芸術センター[YCAM]スタジオB
出展作家:Rhizomatiks
料金:無料

リリース情報

『SWITCH』VOL.31 NO.2
『SWITCH』VOL.31 NO.2

2013年1月20日発売
価格:882円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

イベント情報

『MEDIA AMBITION TOKYO(MAT)』

2013年2月15日(金)〜2月17日(日)

『ライブイベント「MAT LIVE」』
2013年2月15日(金)20:00〜
会場:東京都 六本木ヒルズ マドラウンジ、スカイギャラリー3(森タワー52F東京シティビュー)
出演:
原田大三郎
高木正勝
Open Reel Ensemble
DJ:
TOWA TEI
ピエール瀧(電気グルーヴ)
MOODMAN
鈴木哲也
HICO
RUBY
VJ:Enlightenment
料金:前売4,000円 当日5,000円(共に東京シティービュー入場料込み)
※18歳未満入場不可

『アリーナイベント「MAT ARENA」』
2013年2月15日(金)〜2月17日(日)
会場:東京都 六本木ヒルズアリーナ
参加アーティスト:Rhizomatiks
料金:無料

『ギャラリーイベント「MAT GALLERY」』
2013年2月15日(金)〜2月17日(日)
会場:東京都 六本木ヒルズ スカイギャラリー1(森タワー52F東京シティビュー)
参加アーティスト:チームラボ
料金:無料(東京シティービュー入場料が別途必要)

プロフィール

村松亮太郎

映画監督、映像クリエイター。クリエイティブカンパニーNAKED inc.代表。TV、広告、MVなどジャンルを問わず活動を続ける。2006年から立て続けに長編映画4作品を劇場公開した。自身の作品がワールドフェストヒューストングランプリ受賞など、国際映画祭で48ノミネート&受賞中。近年は3Dプロジェクションマッピングに着目し、昨年末話題となった東京駅の3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』の演出を手掛けた。

真鍋大度

1976年生まれ。株式会社Rhizomatiks取締役。東京理科大学理学部数学科卒業、国際情報科学芸術アカデミー (IAMAS) DSPコース卒業。ジャンルやフィールドを問わずプログラミングを駆使して様々なプロジェクトに参加。2011年度Prix Ars Electronica、インタラクティブ部門準グランプリ受賞。第16回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門で『Perfume “Global Site Project”』が大賞を受賞。2013年には『SWITCH』で自身が監修した『テクノロジー+カルチャーネ申100』が発売。2013年1月27日(日)〜3月24日(日)まで、YCAMで『scopic measure #15 来ゾマティクス新作インスタレーション3.0』を行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

ハリウッドザコシショウ“ゴキブリ男(Video Edit)”

ハリウッドザコシショウの歌手デビュー曲“ゴキブリ男”のPV。石野卓球が作詞・作曲・プロデュースを手がけたと知って納得。キワモノに聴こえない仕上がりには流石の一言です。コーラスにはピエール瀧も参加しており、電気グルーヴ仕様にも俄然興味が湧く。なお、卓球は「こう言っちゃなんだけど、ゴキブリの歌が売れるわけねえだろ!」とコメント。(山元)