特集 PR

渋谷慶一郎×川上シュン アーティストと共生する新しい広告の形

渋谷慶一郎×川上シュン アーティストと共生する新しい広告の形

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望, 場所提供:INTERSECT BY LEXUS CAFE

10組のアーティストが「ライフサイエンス」をテーマとした10個のキーワードを基に楽曲を発表することで、「協和発酵キリン株式会社」の特徴やビジョンを伝えるウェブコンテンツ『10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE』がスタート。その第1弾として、「バイオテクノロジー」をキーワードとした渋谷慶一郎の楽曲“Heavenly Puss - for 10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE Ver.”が10月15日から公開されている。「バイオテクノロジー」や「抗体医薬」「アンメット・メディカルニーズ」といったキーワードは、字面だけを見ればやや難解な印象を受けるものではあるが、「人生をより豊かに、美しく生きるためのもの」と考えれば、音楽もライフサイエンスもその根幹は共通していると言えよう。

このウェブコンテンツのディレクションおよびアーティストのキュレーションを務めたのが、artless Inc.の川上シュン。自らビジュアルアーティストとしても活動する彼のセンスと幅広い交友関係が、プロジェクトの基盤となっていることは言うまでもない。一方、渋谷慶一郎は現在パリに活動の拠点を設け、10月20日にシャトレ座でのソロコンサートを終えたばかり。今回の曲は彼がパリに着いて最初に作った曲であり、その意味でも非常に貴重な一曲なのである。二人の対談は、単なる一プロジェクトの枠を超え、アートと人生の関係を様々な視点から見つめ直す、非常に濃密なものとなった。

時代が一周して、原点的な創造と消費の関係に戻ってきてる気がするんですよね。(渋谷)

―まずは今回のプロジェクトがどのようにスタートしたのかを話していただけますか?

川上:「協和発酵キリン」のブランドを知ってもらうために何ができるだろう? と考えたときに、事業内容やコンセプトは非常に素晴らしいんですけど、専門的な分野だから一般の人には伝わりにくいんですよね。そこで、とりあえず難しいことは後回しにして、「この音楽のコンセプトは何だろう?」というところにまず興味を持ってもらったほうが、たくさんの人に届くんじゃないかというのが、もともとの僕のアイデアだったんです。

―確かに、「ライフサイエンス」や「バイオテクノロジー」という言葉だけ聞くと難しく感じますよね。それを音楽に変換してわかりやすく伝えようと。

渋谷:僕が今回の企画を面白いと思ったのは、ちょっと俯瞰した目線なんだけど、協和発酵キリンが会社のコンセプトを抽象的に伝えるために、音楽を作ることをオファーするというスタンスが面白いなと思ったんです。しかも、1曲に対して十分な時間と予算をかけて作らせるというのは音楽の発表形態として面白いなと思いました。

左から:川上シュン、渋谷慶一郎
左から:川上シュン、渋谷慶一郎

―音楽の作られ方、発表のされ方として面白いと。

渋谷:そうです。僕はもはや音楽の発表の機会って、何でもいいと思っていて。例えば少し前までは、1年間すべての仕事を断ってフルアルバムを作るのが夢だったけど、今はフルアルバムなんて存在しないようなものですよね。でも、音楽を作って、発表して、それで生活するっていう音楽家の活動を誰が負担するのか? という問題は常にあって、僕は企業が負担するっていうやり方がベストだと思っています。そういう意味で今回の試みは面白いし、ウェブだから誰でも聴けますよね? 「B to C」じゃない、音楽家とリスナーとの間に直接的なペイが発生しない音楽の共有の仕方がもっとあっていいと思うし、それに賛同したってところも大きいかな。

―パトロン文化に通じるものがありますよね。かつての音楽のあり方がそうであったように。

渋谷:時代が一周してるのかもしれないですね。ちょっと話は変わりますが、僕は写真集や画集が好きで、相当買っていたほうだと思うんだけど、最近、紙のアートブックを買うことにすごく抵抗を覚えるようになりました。簡単に言うと、「これ偽物だよな」って思うようになったというか(笑)、紙にコピーされたものだったら、「これを出力すればいい」というデータをもらったほうがよっぽどいいなと思う気分もある。それに、実際問題として写真集を買ってもゆっくり見る時間がないわけ。だったら、ちょっと高くても、本物を買って、部屋に飾っておけばいつでも見られるし、そっちのほうが効率的ですよね。

―なるほど。

渋谷:写真や絵が撮られたり描かれたりして作品と呼ばれて、やがて複製されるようになって、それを買うことがアートと消費の一般的なあり方なわけだけど、そこには見る喜びよりも持つ喜びの優位があったと思うわけ。そこから一周して、高度情報化社会もある程度成熟してきて、「オリジナルを買うほうがいいじゃん、持ってるだけなんて意味ないし見る時間もないし(笑)」って感じがしてる。さっきパトロン文化に通じるっておっしゃいましたけど、原点的な創造と消費の関係に戻ってきてると思うような事例は同時多発で起きている気はするんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

『10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE』

参加アーティスト:
渋谷慶一郎
no.9
STUDIO APARTMENT
JEMAPUR
DJ KAWASAKI
blanc.
Open Reel Ensemble
i-dep
高木正勝
蓮沼執太+コトリンゴ

プロフィール

渋谷慶一郎(しぶや けいいちろう)

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。2012年末に、初音ミク主演によるボーカロイドオペラ『THE END』を山口情報芸術センター(YCAM)で制作、発表。2013年5月には東京・渋谷のBunkamura・オーチャードホールで、11月にはパリ・シャトレ座にて『THE END』公演を開催。2014年4月、パリのパレ・ド・トーキョーで開催された現代美術家・杉本博司の個展に合わせて、杉本とのコラボレーションコンサート『ETRANSIENT』を公演。同年10月には、シャトレ座にて、ピアノとコンピューターによるソロコンサート『Perfect Privacy』を開催。2015年6月には、ボーカロイドオペラ『THE END』のオランダ・ホーランドフェスティバルでの公演が決定している。

川上シュン(かわかみ しゅん)

1977年、東京都生まれ。artless Inc.代表。ブランディングやデザイン・コンサルティングを中心に「アートとデザイン」を横断的に考え、グローバルに活動している。2010 年にはフィンランドの TV 局(ch4)の為に制作した映像作品が「カンヌ国際広告祭」で金賞を受賞。NY ADC、D&AD、The One Show、 London International Award 、NY TDC、Tokyo TDC、グッドデザイン賞、Tokyo Interactive Ad Award 等、国内外で多数の受賞歴を持つ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)