特集 PR

渋谷慶一郎×川上シュン アーティストと共生する新しい広告の形

渋谷慶一郎×川上シュン アーティストと共生する新しい広告の形

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望, 場所提供:INTERSECT BY LEXUS CAFE

今は音楽のマーケットが変化していて、業界が次のステージに来ている。今回の企画は、そこを理解している人にお願いしたかったんです。(川上)

川上:僕もパトロン的な企業の立ち位置ってあり得ると思っていて、さっき渋谷さんが言ってたように、今回の企画ってCM音楽の依頼ではないんですよね。コンセプトのオーダーはあるけど、楽曲への指示は一切ないんです。もちろん、ものすごくネガティブなものが出てきてしまったらあるかもしれないけど……。

渋谷:それはあるだろうね。呪いみたいな音楽とかはまずいよね(笑)。

川上:そういう可能性はないとは言えないけど(笑)、決まっていたのは「アーティストにコンセプトを渡して、いい音楽を作ってもらいましょう」ってことだけだったんです。だから、フラットっていうか、アーティストのことを尊敬して、発注……っていう言い方もしっくりこないんだよな……。「作ってもらう」っていう、そういうピュアな関係で。

右:渋谷慶一郎

―10組(渋谷慶一郎、no.9、STUDIO APARTMENT、JEMAPUR、DJ KAWASAKI、blanc.、Open Reel Ensemble、i-dep、高木正勝、蓮沼執太+コトリンゴ)のアーティストを選ぶにあたっては、何か基準がありましたか?

川上:SoundCloudやYouTubeに乗せるから、著作権的にはハードルの高いオーダーなので、そこに理解がある人を選んでいます。今回の企画は、渋谷さんがオッケーだったらやろうと思ったんですよ(笑)。

渋谷:そうなんだ?

川上:プランニングの時点で、渋谷さんに軽く投げたときに、「いいじゃん、面白いじゃん」って言ってくれたから、この感覚を持ってる人をあと9組探せるなと自信が持てた。今は音楽マーケットが変化していて、もはやCDを売って生きる時代じゃなかったり、海外ではみんなSpotifyやSoundCloudで音楽を聴いてたり、業界が次のステージに来ているわけで、そこを理解してくれる人にお願いしたくて。そういう意味で、渋谷さんは現代をよく知っているので。

渋谷:音楽はそういう動きが早いからね。

川上:あと渋谷さんはテクノロジーを駆使して音楽を作っていて、協和発酵キリンもテクノロジーを医療の分野に活かしているわけだから、共通項があるなと。アウトプットは全然違うけど、医学の研究者と音楽家って、リンクする価値観やフィロソフィーがあるような気がしたんですよね。

渋谷:まあ、テクノロジーってことで言うと、デジタルの音楽って危ない側面もあるんですけどね。

―と言うと?

渋谷:極論すると家でパパッと作って、書き出して、メールでファイル送ったら、もうそれで終わりじゃない? でも、そうやって簡単にできた音楽がもたらす感動って、やっぱりちょっと少なくて。例えば、Aphex Twinの新しいアルバムが久々に出ましたけど、あれは相当時間がかかってると思うんですよ。EDMとかに比べると地味だけど、「作曲」という視点で見るとすごく高度で、同時代の新作を聴いて久しぶりに感動したんです。でね、最近自分も作品のクオリティーに対するハードルが上がっていて、実は今回も、1回書き出したんだけど、納得がいかなくて、自腹でマスタリングを外のスタジオでやったの(笑)。MP3でアップするってフォーマットも確認してたから、マスタリングの後、通常はWAVで書き出してもらうんだけど、MP3でも書き出してもらった。

左:川上シュン

川上:形式に関する質問が細かいんですよ。「MP3、WAV、どっち?」じゃなくて……。

渋谷:「ビットレートいくつですか?」って聞いたよね(笑)。

川上:それは渋谷さんだけだったと思う。オンラインに乗せるってことをよくわかってるなって。

渋谷:でも、どの変換ソフトを使うかでも、音が変わっちゃうから。印象ってそういうところで決定される部分がすごく大きいんですよ。YouTubeで自分の音源を勝手にアップされるのはいいんだけど、「いい音質でアップしろ」って、怒ったことあるから(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

『10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE』

参加アーティスト:
渋谷慶一郎
no.9
STUDIO APARTMENT
JEMAPUR
DJ KAWASAKI
blanc.
Open Reel Ensemble
i-dep
高木正勝
蓮沼執太+コトリンゴ

プロフィール

渋谷慶一郎(しぶや けいいちろう)

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。2012年末に、初音ミク主演によるボーカロイドオペラ『THE END』を山口情報芸術センター(YCAM)で制作、発表。2013年5月には東京・渋谷のBunkamura・オーチャードホールで、11月にはパリ・シャトレ座にて『THE END』公演を開催。2014年4月、パリのパレ・ド・トーキョーで開催された現代美術家・杉本博司の個展に合わせて、杉本とのコラボレーションコンサート『ETRANSIENT』を公演。同年10月には、シャトレ座にて、ピアノとコンピューターによるソロコンサート『Perfect Privacy』を開催。2015年6月には、ボーカロイドオペラ『THE END』のオランダ・ホーランドフェスティバルでの公演が決定している。

川上シュン(かわかみ しゅん)

1977年、東京都生まれ。artless Inc.代表。ブランディングやデザイン・コンサルティングを中心に「アートとデザイン」を横断的に考え、グローバルに活動している。2010 年にはフィンランドの TV 局(ch4)の為に制作した映像作品が「カンヌ国際広告祭」で金賞を受賞。NY ADC、D&AD、The One Show、 London International Award 、NY TDC、Tokyo TDC、グッドデザイン賞、Tokyo Interactive Ad Award 等、国内外で多数の受賞歴を持つ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優