特集 PR

古田新太と劇団鹿殺しが本気で語る、演劇と「お金」のリアルな話

古田新太と劇団鹿殺しが本気で語る、演劇と「お金」のリアルな話

劇団鹿殺し『キルミーアゲイン』
インタビュー
佐々木鋼平
テキスト:萩原雄太 撮影:田中一人

一度耳にしたら忘れられない「劇団鹿殺し」というオドロオドロしい名前……。これまで、ハチャメチャな舞台を作るイキのいい若手劇団というイメージをもって受け入れられてきた彼らも、来年には結成15周年を迎える。10年前に大阪から上京し、劇場公演だけでなく路上パフォーマンスやライブハウスなど、他の劇団が真似できない活動でも話題を呼んできた彼ら。その新作『キルミーアゲイン』は、劇場を舞台にして、舞台の喜劇と楽屋の悲劇とが織り交ぜられたものとなっており、15年間の活動と重ね合わせられる作品となりそうだ。

そして、彼らのヒストリーを語るにあたって、欠かすことのできない存在が劇団☆新感線に所属する俳優の古田新太。古田は、鹿殺しにとって、もっとも尊敬する大先輩である。そんな先輩・後輩による対談は、東京とはまったく異なる地元・関西の演劇シーンの話、劇団を運営していくためのお金の話など、赤裸々で熱い話が繰り広げられる温度の高い内容となった。

「知的な演劇」が増えはじめたとき、もっと身体張る奴が出てこねえかなって思っていたら、「お、バカが来た」って(笑)。(古田)

―古田さんと劇団鹿殺しのお二人(菜月チョビ、丸尾丸一郎)は、同じ関西出身ですが、いつから交流がはじまったんでしょうか?

古田:「鹿殺し」っていう奴らが、大阪から東京に進出してきたとは聞いていて、実際に知り合ったのは10年くらい前。ライブハウスでエアバンドのパフォーマンスをやっているのを観ました。鹿の頭をかぶった裸の男がロビーに立っていて、(菜月)チョビがボーカル、他のメンバーがエアドラム、エアベース、エアギター。男性メンバーは上半身裸で、乳首ベースとチンコギターだった(笑)。

古田新太
古田新太

菜月:当時、新宿の路上でやっていたパフォーマンスのライブハウスバージョンで、途中でジャンプしたりせず、ひたすら真摯にリアルなエア演奏に努めていました。

古田:乳首が取れんばかりにエアベースを演奏していたから大笑いしたんですよ。そんなデタラメなライブをしているから、バランスを取って芝居はちゃんとしているのかと思ったら、それもデタラメ(笑)。「そんなこと続けていたら、1週間でボロボロに壊れちゃうよ」っていう身体の使い方をしていたよね。

劇団鹿殺しRJP レコ発全国ツアー『猫まんまツアー』ファイナル 下北沢SHELTER 2011年
劇団鹿殺しRJP レコ発全国ツアー『猫まんまツアー』ファイナル 下北沢SHELTER 2011年

―当時の鹿殺しの舞台は、どんなことをしていたんですか?

菜月:はじめて歌舞伎を観て、「かっこいい!」と惚れ込んだばかりに、むちゃくちゃな早替えをしたり、宙返りを失敗したり、「できないこと」すらもお笑いにしていましたね。元気よく身体を打ちつける、っていう……(笑)。

菜月チョビ
菜月チョビ

古田:「あのね、やりたいことはわかる。でも、怪我だけはしないようにしよう」って、そのとき言ったよね? ちょうど静かで知的な演劇が確立されはじめた時期で、東京にやってくる関西の劇団も台詞劇が多かったんです。もっと身体張る奴が出てこねえかなって思っていたら、ついに「お、バカが来た」って(笑)。

―鹿殺しは、結成から5年は関西を中心に活動をしていたんですよね。

丸尾:関西では、まったく知られていませんでした。売れる気もまったくしなかった……。つかこうへいさん原作の舞台を3本やったけど、お客さんは全然増えず、オリジナルをやりはじめても鳴かず飛ばず。ヨーロッパ企画なんかは、当時から関西の人気者でしたが、僕らは1回の公演トータルで500人くらいの規模で、公演していることすらも知られていない。そんな状態で上京したから、「なんで東京行ったの?」ってびっくりされて、逆に大阪で有名になったんですよ(笑)。

丸尾丸一郎
丸尾丸一郎

―鹿殺しのように元気でハチャメチャな作品は関西で受けそうですが、まったくの無名だったんですね。

菜月:当時は、関西でも社会性のある会話劇が主流だったから、私たちのような劇団が気に入られるはずがないと思っていました。他の劇団はみんな頭がよさそうに見えるし、「私たちは社会的な主張もないから無理だ……」と、近寄ることもできなかった(笑)。けれど、ちょうどそのころ、唐組(1960年代に勃発したアングラ演劇の旗手の一人、唐十郎が主宰する劇団)の舞台を観に行ったんです。そしたら、舞台美術もすごくハチャメチャで、お客さんもワンカップ大関を持ったお爺ちゃんからオシャレな美大生までいろいろ。なにより、その作品で唐さんが自転車で遠くから自信満々に走ってくるだけの姿がとてもかっこよくて。「唐さんのようになりたい!」と思って、路上パフォーマンスをはじめたんです。

―鹿殺しの路上パフォーマンスは、唐十郎が原点だった。

菜月:唐組を観て、演劇ファンではないお客さんを劇場に連れてこないとダメだと思ったんです。そこで、週末に路上でパフォーマンスをやってみたところ、思った以上に物販も売れるし、カンパももらえた。「東京はもっとたくさん人がいる。これを週6でやれば生活できるかも?」っていう雑な計算で、上京への踏ん切りをつけたんです。

Page 1
次へ

イベント情報

劇団鹿殺し 活動15周年記念公演
『キルミーアゲイン』

作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
音楽:入交星士×オレノグラフィティ
出演:
菜月チョビ
丸尾丸一郎
オレノグラフィティ
橘輝
鷺沼恵美子
浅野康之
峰ゆとり
近藤茶
木村アヤナ
メガマスミ
椙山聡美
大東駿介
細貝圭
河野まさと(劇団☆新感線)
ほか

東京公演
2016年1月9日(土)~1月20日(水)
会場:東京都 下北沢 本多劇場

大阪公演
2016年1月28日(木)~1月31日(日)
会場:大阪府 ABCホール

プロフィール

古田新太(ふるた あらた)

兵庫県出身。劇団☆新感線の看板役者。活躍の場は広く、バラエティー番組への出演や多くのCM出演、コラムニストとして雑誌連載を持つほか、著書に『気になちょるモノ』『ドンジュアンの口笛』『魏志痴人伝』『柳に風』がある。近年の劇団公演以外の出演作に、ドラマ『リスクの神様』『信長協奏曲』『ドクターX~外科医・大門未知子~』『隠蔽捜査』、映画『エイプリルフールズ』、舞台『いやおうなしに』『万獣こわい』などがある。現在、映画『パディントン』『信長協奏曲』『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の公開が控え、1月3日放送のCX『坊ちゃん』にも出演。テレビ朝日『関ジャム』にレギュラー出演中。また、パルコ劇場にて舞台『ツインズ』に出演。1月は地方にて公演を行う。

劇団鹿殺し(げきだん しかごろし)

2000年、菜月チョビが関西学院大学のサークルの先輩であった丸尾丸一郎とともに旗揚げ。劇場では正統的演劇を行いながらも、イベントでは音楽劇的パフォーマンスを繰り広げる。上京後2年間の共同生活、週6日年間約1000回以上の路上パフォーマンスなど独自の活動スタイルで、演劇シーン以外からも話題を呼び、TV朝日『ストリートファイターズ』では人気投票全国2位となる。2013年、菜月チョビの文化庁新進芸術家海外派遣制度による1年間の海外留学を発表。同年、充電前最後の本公演『無休電車』を東京・伊丹で発表、6,000名を動員する。2015年6月には、シンガーソングライターの石崎ひゅーいを客演に招き、全編生演奏のロックオペラ『彼女の起源』を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Spoon“Can I Sit Next To You”

Spoonの新作より、“Can I Sit Next To You”のPVが公開。シックで怪しげな楽曲と、奇怪だがグルーヴ感のある映像のはまり具合が絶妙です。PVを手がけたのは、BECKの『Guero』のアートワークで知られる現代芸術家マルセル・ザマ。(山元)