インタビュー

落語家・立川志の輔が「化け物」と言った桑田佳祐のスター性とは

落語家・立川志の輔が「化け物」と言った桑田佳祐のスター性とは

インタビュー・テキスト
宇野維正
撮影:菱沼勇夫

今年の2月26日に60歳の誕生日を迎えるサザンオールスターズの桑田佳祐。その還暦祝いのメッセージとして、各界の著名人の方に話をうかがうこの企画。最初にご登場を願ったのは、落語界から立川志の輔。

2010年の入院時、桑田佳祐が病室で志の輔の落語DVDを熱心に見ていたというのは、退院後に本人によって明かされたエピソードとしてよく知られている。つい先日も、ラジオ番組(『桑田佳祐のやさしい夜遊び』)で桑田佳祐は『立川志の輔独演会「志の輔らくご in PARCO 2016」』にいたく感銘を受けたことを語っていた。いわく、「素晴らしいとか、かっこいいとか、すごいとか、そういう表現を全部取っ払って、落語というのは人間の色気だなとつくづく思います」。

志の輔は桑田佳祐よりも2歳年上。音楽界と落語界、活動のフィールドはまったく違うものの、ほぼ同じ時代の日本を生きてきた表現者同士だ。実は大の音楽好きでもある志の輔に、桑田佳祐との交流、その音楽との初めての出会い、そして音楽と落語の根底で響き合うものについて、じっくりと語っていただいた。

片やミュージシャン、片や落語家として、長いことずーっと繋がっていたような不思議な気持ちがします。

―志の輔さんが桑田さんと交流を持つようになったのは、いつ頃のことなんですか?

志の輔:交流というより、私はずーっと、それこそサザンがデビューした頃から勝手に大ファンだっただけなんですよ。だから、桑田さんが落語をよく聴いているということを知ったときにまず驚いたし、しかも、その中に私の作品もあるということに本当に驚きました。最初は、桑田さんが2010年に手術のために入院されて、退院後、『MUSICMAN』(2011年発売、桑田佳祐のソロアルバム)の中で一番気に入った曲について話すというWOWOWの企画でお声がけいただいて、「え? 私でいいの?」と(笑)。その後、2012年にはNHKの番組(『SONGSスペシャル“桑田佳祐の歌ってガッテン!”』)でご一緒させていただいたのですが、桑田さんならではの本当にバカバカしくて最高の番組でしたね(笑)。

立川志の輔
立川志の輔

―じゃあ、ご本人と顔を合わされたのはわりと最近なんですね。

志の輔:そうです。あとは、何度かライブを拝見して、その後に楽屋でご挨拶をさせていただいたりしたくらいで。だから、ご本人とお会いして直接お話したのは何回あるのかと言われると、本当に数回しかないんです(笑)。ただ、今になってみると、片やミュージシャン、片や落語家として、長いことずーっと繋がっていたような不思議な気持ちがします。もちろん、自分はずーっと桑田さんの音楽を聴いてきたただのファンなわけですけど。

―志の輔さんも桑田さんも広い意味で「芸の世界」で長年活躍してきた表現者だけに、もっと以前から接点があったのかと思っていたのですが、そういうものなんですね。

志の輔:落語界は芸能界とは違うんですよね。桑田さんがいる音楽界とももちろん違う。桑田さんは鋭い方だから、笑いやサービス精神といった要素だけでなく、落語の中にある音楽性を聴き取ってくださっているような気もしますが、やはり生きている世界は全然違います。

―志の輔さんは桑田さんより2歳年上ですが、サザンオールスターズとして桑田さんがデビューしたとき、自分より年下のバンドがバーッと華々しく活躍しているのをどのような思いで見ていたんですか?

志の輔:いやいや、とにかく大変な人が現れたなと。年下とか年上とか関係なく、完全に圧倒されましたね。これまでの日本の音楽の世界を変えてしまった存在というか、「これは音楽なのかな?」と思ってしまうくらいのインパクトがありました。「歌詞って聴き取れなくていいのか!」と。私は大学で落語研究会にいて、卒業してからも落語家になりたい落語家になりたいと思いながら、演劇をやってみたりしていた時期だったんですが、「こんな言葉の表現があるのか」って、もう目から鱗でしたね。私らの世代の大学生はみんな井上陽水や吉田拓郎のフォークミュージックを聴いていて、そこから海外のLed ZeppelinやPink Floydでロックの世界を知るようになっていったわけですけど、そのどれともまったく違った。

立川志の輔

Page 1
次へ

プロフィール

立川志の輔
立川志の輔(たてかわしのすけ)

1954年、富山県射水市(旧新湊市)生まれ。明治大学卒業後、劇団所属、および広告代理店に勤務。83年に立川談志門下入門。90年に立川流真打ち昇進。『文化庁芸術選奨文部科学大臣賞』『スポニチ文化芸術大賞グランプリ』『NHK放送文化賞』『紫綬褒章』など数々の受賞歴を持つ。渋谷・PARCO劇場で1か月同じ演目を行うという『志の輔らくご in PARCO』を96年から新春恒例で開催するなど、現代落語界のパイオニア的存在。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)