特集 PR

どうして『ハウス・オブ・カード』は面白い?家入一真と語り合う

どうして『ハウス・オブ・カード』は面白い?家入一真と語り合う

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:永峰拓也 編集:野村由芽

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』は、アメリカの政界を舞台とするNetflixオリジナルドラマである。人並みはずれた権力欲と、それを獲得するための能力を兼ね備えた政治家フランシス・アンダーウッド(愛称フランク)は、ライバルを蹴落とし、協力者を支配し、仲間を冷酷に裏切る。しかしその現実離れしたキャラクターに多くの視聴者は魅了されている。Netflixで配信が開始されるや、社会現象とも呼べる大きな反響を世界中に巻き起こし、現在Netflixで全4シーズンが一挙配信されている。

今回、『ハウス・オブ・カード』の熱狂的ファンを自称する起業家の家入一真を招き、同作に惹き付けられる理由を聞いた。数多くの会社、サービスを立ち上げ、時にその挑発的な言動からネット炎上することもしばしばな時代の寵児は、『ハウス・オブ・カード』に、そして稀代の怪人物フランクにどんな魅力を感じているのだろうか?

フランクの、強烈な個性の裏にあるコンプレックスや劣等感……そういった人間っぽいところに共感したり、シビれたりしています。

―取材依頼をすると、たいていの場合マネージャーの方から取材OKのメールをいただくことが多いのですが、今回はいきなり家入さん本人から「『ハウス・オブ・カード』好きです!」という返事が編集部に届いたとか。

家入:そうなんです。前のめりで、すみません(笑)。

―家入さんが本作にハマった理由はなんでしょう?

家入:最初は知り合いの若い起業家に薦められたんですよ。そのときはまだDVDでしか見られなかったのでスルーしてたんですけど、Netflixでの日本配信がついに始まって。それで一気にハマりました。さっきのメールもその勢いで返しちゃったんですね(笑)。

家入一真
家入一真

―起業家がハマるのも納得の内容ですよね。政治劇であり権力闘争のサバイバルストーリーでもあって。

家入:でも、僕が面白かったのはそこだけじゃないんです。もちろんビル・クリントン元大統領の不倫スキャンダルとか、その奥さんのヒラリーが民主党から大統領選に出馬しようとしているとか、対抗勢力の共和党で、トランプというとんでもなくキャラクターの濃い候補者が注目されているとか、今の政治に直接関わるような要素もたくさんありますけど。むしろ僕は、主人公のフランク(フランシス・アンダーウッド)の、強烈な個性の裏にあるコンプレックスや劣等感……そういった人間っぽいところに共感したり、シビれたりしています。

―『ハウス・オブ・カード』の演出で面白いのは、普通の対話劇の合間に、突然フランクがカメラ目線で視聴者に語りかけてくるところです。「この政治家は仲間みたいな顔してるけど、裏切っているに違いない」みたいな。

家入:そうそう。そこが痛快なんだけど、あるシーンではフランクがグウの音も出ない状況に追い込まれて、僕らの方をパッと見て、でもうまく喋れずに「ぐぬぬ……」みたいな顔をしていたり(笑)。ああいうところで「フランクかわいいな!」って思うんです。

家入一真

―名優ケヴィン・スペイシーが演じる、強面で、ちょっと頭髪の薄いおじさんですけどね(笑)。

家入:趣味がテレビゲームだったり、奥さんから「痩せた方がいいわよ」って贈られたトレーニングマシーンに最初はイヤな顔するんだけど、結局ハマっちゃったりだとか。あとは、仕事で失敗したときとか、家の窓際でタバコ吸うじゃないですか、ちょっと拗ねた感じで。ああいうシーンが好きですね。衝撃的なシーンは見せ場だけど、僕はそういうフランクのかわいいところばっかり見ているかもしれない。

フランシス・アンダーウッド © Netflix. All Rights Reserved.
フランシス・アンダーウッド © Netflix. All Rights Reserved.

―フランクは国務長官のポストを約束されていたのに、別の議員に横取りされてしまう。それをきっかけに復讐劇が始まるわけですが、フランクは、あまりのショックに水辺に佇んで呆然としてしまったりする。まるでリストラされたサラリーマンのお父さんみたいです(笑)。

家入:そのギャップがかわいいんですよね!(笑)

Page 1
次へ

番組情報

『ハウス・オブ・カード 野望への階段』シーズン1~4

Netflixで全シーズン独占配信中

サービス情報

Netflix

世界最大級のオンラインストリーミングサービス。190以上の国で8100万人のメンバーが利用している。オリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日1億2500万時間を超える映画やドラマを配信。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴可能。コマーシャルや契約期間の拘束は一切なく、思いのままに再生、一時停止、再開することができる。

プロフィール

家入一真(いえいり かずま)

起業家。1978年福岡県出身。株式会社キメラ代表取締役CEO。JASDAQ上場企業「paperboy&co.(現GMOペパボ)」創業社長。クラウドファンディング「CAMPFIRE」代表取締役。スマートEC「BASE」共同創業取締役。カフェプロデュース・運営「partycompany Inc.」代表取締役。スタートアップベンチャー投資「partyfactory Inc.」代表取締役。モノづくり集団「Liverty」代表。現代の駆け込み寺(シェアハウス)「リバ邸」を全国に作るなど、リアルやネットを問わず、カフェやウェブサービスなど人の集まる場を創っている。50社程のスタートアップ・ベンチャー投資も行う。著書に『もっと自由に働きたい』『新装版 こんな僕でも社長になれた』『お金が教えてくれること』『15歳から、社長になれる』『バカ、アホ、ドジ、マヌケの成功者』『ぜんぜん気にしない技術』『ぼくらの未来のつくりかた』『我が逃走』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

AFRO PARKER“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”

AFRO PARKERが、すべての社畜a.k.a.企業戦士たちに捧げるレクイエム“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”のPVを公開。メンバー全員が社会人の7人組。「えっもう定時?でもまだ仕事残ってっし」など、ラップに乗せて叫ばれる心の声は、実に生々しい。今週22日(土)には、六本木VARITにて、所属レーベル「para de casa」のイベントに出演。(矢島)