特集 PR

中田裕二×クリス松村 知っているようで知らない「名曲」の裏側

中田裕二×クリス松村 知っているようで知らない「名曲」の裏側

中田裕二『THE OPERATION / IT'S SO EASY』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子

椿屋四重奏のギターボーカル / ソングライターとしてはもちろん、バンド解散後、2011年のソロデビュー以降は、ロックの枠を超えたフレキシブルな音楽性を武器に、シンガーソングライターとして活躍する中田裕二。

彼は個性的な楽曲を歌い継ぎながら、ニューシングル『THE OPERATION / IT'S SO EASY』のカップリングにORIGINAL LOVEの“接吻”や南佳孝の“モンロー・ウォーク”をオリジナルアレンジで収録するなど、自身のルーツである名曲カバーにも積極的に取り組んできた。

そんな中田裕二と、幼少時に歌謡曲に衝撃を受けて以来、アイドル歌謡から洋楽まで、様々な時代の音楽に精通し、音“楽”家(おんらくか)を名乗るクリス松村がクロストーク。二人の趣味に共通する1970年代、1980年代の歌謡曲、ニューミュージックを中心に、その魅力を語り合ってもらった。

クリスに「ずいぶん早熟ね!」と言わしめた中田の音楽ルーツとは?

―お二人がお会いになるのは、今日が初めてなんですね。

中田:そうなんです。でも僕は以前から、クリスさんがものすごく音楽に詳しいことは存じ上げていて。

クリス:え、どこでそんな情報を?(笑)

中田:テレビです。『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(クリス松村は、2009~2012年まで『ハートにヒット」などの懐メロコーナーを担当)をよく拝見していて、クリスさんの音楽知識の深さと幅広さに驚いていました。

左から:クリス松村、中田裕二
左から:クリス松村、中田裕二

クリス:ああ! ご覧になってくれていて嬉しいですね。

―クリスさんは、ラジオでも週に3本の音楽番組でパーソナリティーを担当されて音楽をたくさんご紹介されていらっしゃいますし。

クリス:そうですね。昔からラジオDJが憧れだったから、今こうして私の好きな音楽を紹介できる番組を持てて嬉しくって……って、私のお話ばかりしていてもいけない(笑)。中田さんは、最初に興味を持った歌や、歌謡曲を好きになったきっかけは何だったんですか?

左から:中田裕二、クリス松村

中田:もともと両親が安全地帯が好きだったので、家の中で『安全地帯II』というアルバムがずっとかかっていたんです。3、4歳くらいのときの話なんですけど、すごく好きでしたね。

クリス:えっ! 3、4歳で安全地帯をいいと思ったの? ずいぶん早熟ね!

中田:(笑)。生活の中にそういう音楽があったので、聴いているうちに自然と好きになっていった感じです。

クリス:そうなんですね。中田さんの新譜『THE OPERATION / IT'S SO EASY』を聴かせていただいたら、“モンロー・ウォーク”をカバーされていますよね? 世代的にORIGINAL LOVEの“接吻”は同時代の音楽として歌われているんでしょうけど、南佳孝さんの“モンロー・ウォーク”は1970年代の曲だから、そこにどういうふうにいきついていったのか、気になる人も多いんじゃないでしょうか?

―中田さんは往年の邦楽をカバーされた『SONG COMPOSITE』(2014年発売)というアルバムも出していますし。

中田:そうですね。僕は1981年生まれで、実際は1970年代の音楽をリアルタイムで聴いていないんですが、両親が聴いていた音楽の影響や、小さい頃にテレビで懐メロヒットを紹介するテレビ番組をたくさんやっていたのが大きかったですね。それをすごく集中して見ていたから曲は知っているんです。

クリス:なるほどね。テレビで見ていたなかでは何にワクワクしました?

中田:来生たかおさんの“マイ・ラグジュアリー・ナイト”ですね。来生さんも両親がよく聴いていたんです。『SONG COMPOSITE』でカバーさせていただいた“シルエット・ロマンス”も好きですよ。大橋純子さんが歌って有名になった曲ですけど、僕は来生さんのセルフカバーも好きですね。

クリス:来生さんの曲は、ほかの歌手が歌ってヒットしているものがすごく多いですよね。“セーラー服と機関銃”も、歌詞を少しだけ変えて“夢の途中”として自分でも歌っているし……。あの時代は、曲を作った人と歌手とが同時に曲を発表している場合が多い。中田さんは、好きな曲やアーティストを聞くと、歌い上げる歌が好きなんですね。

中田:そうですね。熱唱する人が好きです。

クリス:じゃあ朱里エイコさんなんかも好きなんじゃない?

中田:あ、はい。この前EPを買いました。『北国行きで』(1972年発売)を(笑)。そういえば、そのなかに映画『ゴッドファーザー』のテーマも入っていました。

クリス:“ゴッドファーザー 愛のテーマ”は、当時すごく流行っていたんですよ。たくさんの方が歌ってる。昔は洋楽ヒットをライブでも何人もの方が歌っているから、どなたのバージョンがカバーの代表なのかが難しくて(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

中田裕二『THE OPERATION / IT'S SO EASY』
中田裕二
『THE OPERATION / IT'S SO EASY』(CD)

2016年8月24日(水)発売
価格:1,620(税込)
TECI-512

1. THE OPERATION
2. IT'S SO EASY
3. 接吻
4. モンロー・ウォーク
5. 不時着

番組情報

『MUSIC FAIR』

2016年9月24日(土)18:00~18:30までフジテレビで放送
出演:
岩崎宏美&国府弘子
ナオト・インティライミ
中田裕二
ももいろクローバーZ

プロフィール

中田裕二
中田裕二(なかだ ゆうじ)

1981年生まれ、熊本県出身。2000年にロックバンド「椿屋四重奏」を結成、フロントマンおよびすべてのレパートリーのソングライターとして音楽キャリアを本格的にスタート。2011年1月のバンド解散後、東日本大震災の被災地 / 被災者に向けて作られた『ひかりのまち』の発表を機にソロへ。これまでに、5枚のオリジナルアルバムと1枚のカバーアルバムをリリース。確かな歌唱力に裏打ちされた艶のある歌声、幼少時に強く影響を受けた70~80年代の歌謡曲 / ニューミュージックのメロディセンスを核にあらゆるジャンルを貪欲に吸収したバラエティに富むサウンドメイクと様々な情景描写や人生の機微をテーマとした詞作によるソングライティングは中毒性が高く、多くの熱心な信奉者を惹きつけている。

クリス松村
クリス松村(くりす まつむら)

オランダの政治都市ハーグで誕生。日本に帰国後も、学生時代にアメリカ、カナダ、ブラジル、メキシコ、フランス、オーストリア、ポルトガル、エジプト、ギリシャなどの海国、各都市をまわる。邦楽、洋楽問わずの音楽好きが高じて、番組出演にとどまらず、テレビやラジオの番組監修、CDの音楽解説、航空会社の機内放送オーディオプログラムの構成、ナレーションなども手掛けた。アナログ盤、CD、DVDなど約2万枚所有、現在も収集中。大物アーティストとの対談もこなすなど、アーティストからも認められるほどの、大の音楽ファン。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)