特集 PR

福田雄一×ムロツヨシ『勇者ヨシヒコ』生んだ福田組の快進撃の謎

福田雄一×ムロツヨシ『勇者ヨシヒコ』生んだ福田組の快進撃の謎

Amazonプライム・ビデオ『宇宙の仕事』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:永峰拓也 編集:野村由芽

山田孝之主演の『勇者ヨシヒコ』シリーズをはじめ、今最も脂の乗っているコメディー演出家・福田雄一。盟友・ムロツヨシを主演に迎えたドラマ『宇宙の仕事』全10話が、9月8日よりAmazonプライム・ビデオで独占配信中だ。その内容はというと、ある日突然「地球防衛軍」に任命された6人(ムロツヨシ、菅田将暉、賀来賢人、池谷のぶえ、橋本じゅん、西野七瀬)のごく普通の男女が、次々と来襲する異星人を「説得」によって追い返すという、何とも荒唐無稽な物語になっている。

メインの舞台となる宇宙ステーションの立派なセット、独創的な宇宙人の造形、そして臨場感ある長回しの多用など、地上波ドラマとは異なる配信ドラマならではのやり方で、自らの「笑い」を追究する福田雄一監督と、もはや福田作品には欠くことができないムロツヨシの二人に、このドラマの見どころはもちろん、知られざる福田監督の実態、気になる二人の関係性、さらには配信ドラマが持つ可能性に至るまで、さまざまなトピックについて語ってもらった。

もともとバラエティーの作家なので、まず見る人の目に留まるものを考えてしまうんです。いかに「何だろう?」を発生させられるかが大事。(福田)

―そもそも今回の配信ドラマ『宇宙の仕事』は、どんなふうにして立ちあがった企画なのですか?

福田:僕が作品を作るときに、一番最初に議題にあがるのは、自由度なんですよね。『勇者ヨシヒコ』のように自由度の高いケースは非常に稀で、やりたいものをやれる場所はそうそうない。そういう話をプロデューサーとしていく中で、「だとしたら、もう配信がベストなんじゃないですか?」ってことになったんですよね。やっぱりテレビだとそれなりの制約も出てきますし、さまざまな人のコンセンサスも必要なんですけど、配信だったらそれらをクリアにできますよという話をされて。

左から:福田雄一、ムロツヨシ
左から:福田雄一、ムロツヨシ

―かなりやりたいことができそうだと。

福田:そうですね。僕はもともとバラエティーの作家なので、まず見る人の目に留まるものを考えてしまうんです。日本人でも、外国人でも、パッとテレビを点けたときに、宇宙ステーションが舞台になっている時点で、「ん? 何だろう?」って思うじゃないですか。

『勇者ヨシヒコ』だったら、深夜に冒険ものをやっていたら目を引くだろうなとか、『コドモ警察』のときは、深夜に子どもの刑事ものをやっていたら、きっと目に留まるんじゃないかとか。いかに「何だろう?」を発生させられるかを常々考えてる。

ムロ:ただ、見ている人の目を引くためには、宇宙ステーションのセットそのもののクオリティーが大事になってきますよね。

福田:やりたいことをやるには、多少の予算が必要になるんですよね。でもどうやらAmazonプライム・ビデオだったら希望を叶えられるかもしれないと。

―たしかに、最初に見たとき目を引いたのは、きっちり作り込まれた宇宙ステーションのセットでした。やはり、セットが豪華だと、演者の気分も変わってくるのではないですか?

ムロ:それはもう、変わりますよね。今回もあのセットを初めて見たとき、ホントにすごいなあって思いましたし、あとは宇宙ステーションを訪れる宇宙人たちの衣装の作り込みもすごくて。

ムロツヨシ

―確かに「何だろう、これは」という不気味さがありました(笑)。

ムロ:ですよね(笑)。あとはそこで、いかに僕たち出演者がふざけることができるかなんですけど、今回僕がすごいなと思ったのは、一応僕が主役をやらせてもらっているんですが、僕を真ん中に置くことによって、菅田(将暉)や賀来(賢人)が、自由に動けるようになるんです。何をやっても、福田さんとムロが何とかしてくれるだろうっていう感じで。『勇者ヨシヒコ』で、僕が(山田)孝之に作ってもらった環境を、今度は僕が作るみたいなイメージですかね。

左から:受験生・三島を演じる菅田将暉、サラリーマン・実吉を演じるムロツヨシ、バンドマン・ルキーニを演じる賀来賢人 ©電通
左から:受験生・三島を演じる菅田将暉、サラリーマン・実吉を演じるムロツヨシ、バンドマン・ルキーニを演じる賀来賢人 ©電通

ムロくんっていうのは、僕の自由の象徴なんですよ(笑)。(福田)

―ということは、福田監督としても、今回の作品はムロさんを主役に据えることから始まって?

福田:そうですね。ムロくんっていうのは、僕の自由の象徴なんですよ(笑)。地上波のゴールデンを、ムロツヨシ主演でやりたいと言っても、間違いなく無理じゃないですか。

ムロ:それ、はっきり言わなくていいから! 確かにそうかもしれないですけど。

福田:まあ、なかなか枠は取れないですよね。でもだからこそ、ムロツヨシ主演ってなったら、「うわっ、これは自由の匂いがプンプンするぞ」って、みなさんにすぐ感じ取っていただけるのではないかと思って(笑)。

ムロ:何か複雑ですけど(笑)。

福田雄一をして「自由の象徴」と言わしめるムロツヨシ ©電通
福田雄一をして「自由の象徴」と言わしめるムロツヨシ ©電通

―しかも、ムロさんが演じるのは、出演者の中で一番普通そうなサラリーマン。

福田:しかも、サラリーマンで恐妻家っていう設定だから、役の縛りとしては一番キツいはずなんですよね。でもその縛りのキツさが、この作品の面白さになっていて。ほかにも(橋本)じゅんさんは先生だったり、(池谷)のぶえさんはパートをやっていたり、みんな主な仕事があって、それとは別に宇宙ステーションの仕事を強制的にさせられているんですけど。

ムロ:そうそう。

福田:登場人物たちは、地球防衛軍に任命されるわけだけど、みんな自分の本来の仕事やらプライベートやらを大事にしていて、宇宙の仕事をポジティブにやりたいと思っているやつはひとりもいない。そのせめぎ合いのエゴを、ガッツリ宇宙人に向けるっていうのが、このドラマの一番の面白さになっているんです。

「宇宙人の嫌がる低臭波を持っている人材」という理由で地球防衛軍に任命された面々 ©電通
「宇宙人の嫌がる低臭波を持っている人材」という理由で地球防衛軍に任命された面々 ©電通

ムロ:だから、物語の構図としては、かなり簡単というか……まさしく配信向きというか、見たいときに見るドラマとしては、最適ですよね。つまり、難しいことが、ひとつもないドラマ(笑)。だから、毎回連続して見なきゃいけないような海外ドラマ――もちろん、そういうのもすごく面白いんだけど、それにちょっと疲れてしまったときとかに、一回このドラマで休みを入れるような見方もできますよね。

Page 1
次へ

作品情報

『宇宙の仕事』

2016年9月8日(木)からAmazonプライム・ビデオで全10話一挙配信
監督・脚本:福田雄一
主題歌:GLIM SPANKY“時代のヒーロー”
出演:
ムロツヨシ
菅田将暉
賀来賢人
西野七瀬
池谷のぶえ
橋本じゅん

プロフィール

福田雄一(ふくだ ゆういち)

1968年7月12日生まれ。栃木県出身。90年に劇団「ブラボーカンパニー」を旗揚げ、構成・演出放送作家として数多くの人気番組を手掛ける一方、ドラマや映画の脚本・監督など、幅広いジャンルで活躍中。主な代表作に、テレビドラマ『33分探偵』『勇者ヨシヒコ』シリーズ、映画『HK/変態仮面』『女子ーズ』『明烏』など。

ムロツヨシ

1976年1月23日生まれ、神奈川県出身。大学在学中に役者を志し、99年に作・演出・出演舞台で活動を開始。映画『サマータイムマシン・ブルース』きっかけに映像にも活動を広げる。代表作『勇者ヨシヒコ』シリーズ、連続テレビ小説『ごちそうさん』、ドラマ『新解釈・日本史』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Teen Daze“First Rain with S. Carey”

今年2月に発表されたアルバム『Themes for Dying Earth』より新たなPVが公開。Bon IverのバンドメンバーS・キャリーをフィーチャーした同曲。自然が発する壮大なエネルギーと、見知らぬ男女が出会い、互いの心に触れようとする様子が美しく紡ぎ出されている。(飯嶋)