特集 PR

D.A.N.櫻木の自宅に潜入。現在に至るまでの悩みと、次の夢を訊く

D.A.N.櫻木の自宅に潜入。現在に至るまでの悩みと、次の夢を訊く

KORG
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

機材を遊ぶように触るところから、D.A.N.特有のサウンドは生み出される

ここは、都内にある櫻木さんの自宅兼プライベートスタジオ。部屋の中央には大きなデスクが置かれ、様々なシンセがところ狭しと並べられています。まずは櫻木さんが、この部屋で楽曲のモチーフとなるデモを制作し、外部スタジオでメンバーとセッションしながらアレンジを詰めていきます。再びそれを自宅に持ち帰り、DAWソフト内でエディットを加えながら完成させていくのだとか。つまりここは、櫻木さんが作曲を行い、メンバーとともにプリプロダクション / ポストプロダクションを行う、D.A.N.の音楽の「要」となる秘密基地です。

スタジオ風景

スタジオ風景
スタジオ風景

お気に入りの機材 1:KORG「minilogue」

KORG「minilogue」
KORG「minilogue」(商品詳細を見る

国内メーカーとしては、早い段階からアナログシンセブームの先鞭をつけてきたKORG。「minilogue」は、スリムタイプの37鍵盤を搭載した本格的なアナログシンセです。アルミパネルが印象的なスマートなボディには、ステップシーケンサーやオシロスコープなど直感的に操作できる様々な機能を搭載。波形を視覚的に表示するオシロスコープ機能も、クリエイティビティーを刺激します。

櫻木:デザインがいいですね。斜めにカーブになっているシェイプとかたまらないです。音作りもすごく簡単で、ツマミを直感的にいじるだけでいろいろな音色が作れるのは嬉しい。特に「ボイスモード」という機能が面白いんですよ。「minilogue」は4ボイスのポリシンセなんですが、「ボイスモード」はその鳴らし方を選べる機能で、ユニゾンやモノで使ったり、最大4音のアルペジエーターが動作したりして便利です。ライブでは、サポートの小林うてながこれを使っています。レコーディングでは僕が弾くこともあって、『TEMPEST』でも結構使っていますよ。

KORG「minilogue」
KORG「minilogue」(商品詳細を見る

お気に入りの機材 2:ARTURIA「BeatStep Pro」

ARTURIA「BeatStep Pro」
ARTURIA「BeatStep Pro」(商品詳細を見る

ソフトシンセ、アナログ&デジタルのハードウェアシンセ、ドラムマシン、iPadアプリなどを同時にコントロールできる、パフォーマンスシーケンサー。瞬時にアクセスできる16種類のプロジェクトにはそれぞれ16種類のメロディックシーケンス、16種類のドラムシーケンスパターンをメモリーできるため、これらを組み合わせれば、1プロジェクトにつき4000種類以上ものコンビネーションをプレイできます。

櫻木:いわゆるシーケンサーなのですが、自分の好きな音源を組み合わせてリズムパターンが組めるのはとても楽しいですね。今は、リズム音源にVERMONA「DRM-1 MkIII」、上モノにmoog「Mother-32」をつなげて鳴らしています。こういうのをいじっているときに、曲の断片が思い浮かんだりするんですよね。作曲ツールとして欠かせないです。

ARTURIA「BeatStep Pro」
ARTURIA「BeatStep Pro」(商品詳細を見る

お気に入りの機材 3:moog「Mother-32」

moog「Mother-32」
moog「Mother-32」(商品詳細を見る

moogにとって、初めてのテーブルトップ型セミモジュラータイプのモノフォニックシンセサイザー。32のオーディオとCVパッチ口、さらには32ステップシーケンサーを装備し、moog特有のフィルター機能もついて、店頭で8万円以下という価格も魅力です。もちろんモジュラー式なので、あらゆる音をパッチケーブル経由で入力し、「Mother-32」のフィルターやモジュレーションで音を加工することも可能。

櫻木:まず、このルックスに惹かれました。小さくて可愛いですよね。でも、音はアナログシンセらしくぶっといんです。これでシンセベースの音を作ったり、パーカッシブなノイズを作ったりして遊んでいます。買ったばかりでまだ把握していないところもあるのですが、これから操作しながら手探りで見つけていくのが楽しみですね。

moog「Mother-32」
moog「Mother-32」(商品詳細を見る

お気に入りの機材 4:VERMONA「DRM-1 MkIII」

VERMONA「DRM-1 MkIII」
VERMONA「DRM-1 MkIII」

完全アナログの音源部を持つパーカッションシンセサイザー。KICK、SNARE、CLAPなど、全部で8つのチャンネルが横列に配置されています。各チャンネルにはそれぞれ最適なパラメーターが用意されており、非常にバリエーション豊かで個性的なサウンドを得ることができる一台です。

櫻木:これはドイツのメーカーなんですけど、なによりデザインがかっこよくて好きです。プリセットの音色が登録されていないので、自分でオシレーターをいじりながら音を作っていくんですけど、キックの音の長さを伸ばし、音程をつけてベースとして使うなど、より自由な発想で音作りが楽しめるところがとても気に入っています。

VERMONA「DRM-1 MkIII」
VERMONA「DRM-1 MkIII」

様々なギターやシンセが並んだ、まるでコクピットのような、秘密基地のような櫻木さんのプライベートスタジオ。ここに三人が集まり、色とりどりの音をいじりながら、遊びながら、それがインスピレーションとなって、D.A.N.のあのミニマルかつ濃厚なサウンドになっていく。その様子を垣間見たような時間でした。

Page 3
前へ

スタジオ機材リスト

コンピューター

Apple「iMac」

DAWソフト

Apple「Logic Pro 10」
Native Instruments「Maschine」

オーディオインターフェース

RME「Fireface UCX」

MIDIキーボード
音源

VERMONA「DRM-1 MkIII」
Wurlitzer「200」

モニタースピーカー

FOCAL「CMS40」

マイク

SENNHEISER「e935」

リリース情報

D.A.N.『TEMPEST』
D.A.N.
『TEMPEST』(CD)

2017年4月19日(水)発売
価格:1,944円(税込)
SSWB-005

1. SSWB
2. Shadows
3. Tempest
4. Tempest _Neutral edit_

イベント情報

『D.A.N. ONEMAN TOUR “TEMPEST”』

2017年5月11日(木)
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2017年5月12日(金)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2017年5月14日(日)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

プロフィール

D.A.N.
D.A.N.(だん)

2014年8月に、桜木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。2014年9月に自主制作の音源である、CDと手製のZINEを組み合わせた『D.A.N. ZINE』を発売し100枚限定で既に完売。2015年7月にデビューe.p『EP』を7月8日にリリースし、7月にはFUJI ROCK FESTIVAL ‘15《Rookie A Go Go》に出演。 9月30日に配信限定で新曲『POOL』を発表。2016年4月20日には待望の1sアルバム『D.A.N.』をリリースし、CDショップ大賞2017ノミネート作品に選出される。7月には2年連続で『FUJI ROCK FESTIVAL’16』の出演を果たす。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)