ニュース

KREVA、NORIKIYO、環ROY、OMSBら15人がリリックについて語る『ラップのことば2』

ラッパーたちのインタビュー集『ラップのことば2』が、4月11日に刊行される。

同書は、2010年に刊行されて話題を集めた書籍『ラップのことば』の続編。音楽的ルーツやヒップホップとの出会い、リリックを書く際の流儀や現在までの作詞の変化、ライミングやフロウとの関係性、テーマ選びや言葉遣いまで、各アーティストの作詞法の裏側に迫りながら、それぞれのラップ論が語られている。

掲載アーティストは、AKLO、泉まくら、VERBAL(m-flo)、OMSB(SIMI LAB)、GAKU-MC、KREVA、KEN THE 390、SALU、SHINGO☆西成、SKY-HI(日高光啓 from AAA)、環ROY、daoko、NORIKIYO、ポチョムキン(餓鬼レンジャー)、MACCHO(OZROSAURUS)の15人。企画編集は第1弾に引き続いて猪又孝が担当している。

書籍情報

『ラップのことば2』

2014年4月11日(金)発売
企画編集:猪又孝
価格:2,376円(税込)
発行:スペースシャワーネットワーク

(画像:『ラップのことば2』表紙)

『ラップのことば2』表紙
『ラップのことば2』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)