連載:あの人と街の記憶

ブルックリンのゲストハウスで出会った、日本生まれのニューヨーカー。マキヒロチの記憶

日常が大きく変化するいま、「どこで誰と何をして生きていくか」という話題は、多くの人に共通するテーマに発展したように思います。

知らない街の景色を思い浮かべてみたり、そこに生きる人々の温度を感じたりすることは、これからの生き方を考える、ひとつのヒントになるのかもしれません。

この連載「あの人と街の記憶」では、さまざまな表現者が、思い入れのある街と、そこで出会った人との思い出やエピソードを私的に綴ります。6回目は、漫画家のマキヒロチさん。何度も足を運んだニューヨークの街と、そこで出会った二人のかっこいい若者との思い出。

映画や音楽から、憧れ、共鳴してしまうニューヨーク

私の思い入れのある街といえばニューヨークだ。正直「ケッ」と思われるかもしれないが仕方がない。

1980年代生まれの私はそもそも『グレムリン』『ゴースト ニューヨークの幻』『ゴーストバスターズ』などのニューヨークが出てくる映画で育ち、音楽もパンクではRAMONES、メタルではANTHRAXを好むような何かとニューヨークに共鳴してしまう人間なのだ。

私の代表作『いつかティファニーで朝食を』も図らずしてニューヨークが舞台の原作の作品をモチーフにしたため、作品取材のために何度もニューヨークに足を運んだ。取材もプライベートも含め5回ぐらいニューヨークを訪れたが、そもそも海外への渡航回数が少ない私からしたら一つの街にこんなに行くことは異常だ。

幼い頃『ホームアローン』を見て憧れたタイムズスクエアに訪れた時は人生の目標を達成したような気持ちになり、ダコタハウスの前に立っては私が生まれた年にジョンはここで死んだんだなと勝手にシンクロし、ウェストビレッジで『SATC(SEX AND THE CITY)』のキャリーの家を見に行った時は、通りに入った瞬間にドラマの様々なシーンを思い出して嗚咽した。

いろんな場所に「ああ、会いたかったです!」という気持ちにさせてくれるところがある。ニューヨークはそんな思いにさせてくれる特別な街。

10歳ほど年下の、ニューヨークで活躍するかっこいい二人の若者との出会い

そしてニューヨークでの大きな出会いは、こーへーくんとさこちゃんとの出会いだ。

もともと友達だったじゅんきくんが、ブルックリンのモーガンアベニューのアパートメントで小さな宿をやっていて、ニューヨークに来るならおいでと誘ってくれて泊まらせてもらったところ、その宿でじゅんきくんとともにルームシェアしていたのが、こーへーくんとさこちゃんだった。

こーへーくんはフォトグラファー、さこちゃんはウェブメディアの編集長。二人とも私より10こぐらい歳下なのにニューヨークで活躍していてかっこいい若者だ。もともと私の漫画の読者だったさこちゃんとも、スケーターを被写体に写真活動をしてたこーへーくんともすぐ仲良くなり、私は二人が大好きになった。

私が宿に帰ると大きなソファのあるリビングで二人はまったりしていて、お腹が空いたといえばこーへーくんがパスタをつくり、その横でまったりおしゃべりしているさこちゃんがいる空間がとても居心地が良くて、ニューヨークでのホームを見つけたような気持ちになった。

憧れのスケーターとの遭遇や、ガイドブックには載っていないお店での食事

その宿での出会いから、ニューヨークに行くたびに二人に会うようになった(二人が日本に帰って来る時も連絡をくれて遊んでくれる)。

モーガンアベニューの宿はもうないが別の場所で二人はまだ一緒に暮らしていて、私がニューヨークに行くたびに会いに来てくれて、たらたらとニューヨークを散歩するのにつきあってくれる。

私がスケートボードに夢中だと知るとこーへーくんがニューヨーク中のいろんなスケートパークを案内してくれて、クーパースケートパークでは憧れのスケーターのレイシー・ベイカーと遭遇して記念写真を撮ってもらえたのもいい思い出だし、その後『スケート・キッチン』を観るとどのパークも見覚えがあって、本当にいい経験をしたなと、こーへーくんに感謝した。

ロベルタスのピザを一緒に食べたり、街で音楽に反応する猫のおもちゃをたくさん横に置いて演奏するトランペッターに遭遇したり、ガイドブックには載っていないようなお店でシュリンプカクテルを食べたり、ニューヨークの街には二人との思い出がたくさん転がっている。

また早くニューヨークに行って二人に会いたい。ただ街を歩いて景色を見ながらおしゃべりするだけでいいから、そんなゆるい目的で旅がしたい。

マキヒロチの選曲による、この街の記憶に結びつく1曲
書籍情報
『SKETCHY』5巻

2022年2月18日(金)発売
著者:マキヒロチ
価格:803円(税込)
発行:講談社
プロフィール
マキヒロチ
マキヒロチ

第46回小学館新人コミック大賞入選。ビッグコミックスピリッツにてデビュー。『いつかティファニーで朝食を』では「朝食女子」というワードもブームに。現在は人生の岐路に立つ女性たちが新しい街で一歩を踏み出す姿を描く『それでも吉祥寺だけが住みたい街ですか?』、スケートボードに魅せられた女子の挫折と再生の日々を描いた『SKETCHY』(ともにヤンマガサード)を連載中。



フィードバック 6

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Life&Society
  • ブルックリンのゲストハウスで出会った、日本生まれのニューヨーカー。マキヒロチの記憶

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて