「少年ジャンプ+」新連載はすべて英訳して同時配信へ。2023年以降から

メイン画像:『ジャンプのミライ2022』新発表

漫画アプリ、ウェブサイト「少年ジャンプ+」によるオンライントークイベント『ジャンプのミライ2022』第1回が6月29日に開催。2023年以降に始まる「少年ジャンプ+」オリジナル作品の新連載を、すべて英訳して全世界に同時配信することを発表した。

ジャンプのミライ2022』は、6月から8月にかけて全3回実施予定のオンラインイベント。「少年ジャンプ+」編集部が運営するデジタルサービスの最新情報や、これからの展望について語られるという。

第1回では、2023年以降に始まる「少年ジャンプ+」のオリジナル作品の新連載をすべて英訳し、日本では「少年ジャンプ+」で日本語版を、「MANGA Plus by SHUEISHA」で英語版を同時連載する方針を発表。最新話が更新されるたびに世界中で同時・共通の話題となり、世界規模でのヒット漫画を生みだしていく基盤としていきたいと考えているという。

集英社によると、諸般の事情により、一部作品は日本限定の連載となる場合もあるという。また、インディーズ連載作品も対象外。なお、アプリ「MANGA Plus by SHUEISHA」は日本、韓国、中国では公開されていない。

さらに、海外のクリエイターによる漫画投稿プラットフォームを「MANGA Plus by SHUEISHA」内に開設予定であることも発表された。

なお、7月27日18:30から配信される第2回『ジャンプの挑戦 ~少年ジャンプ+編集部よる新しい企画の紹介~』には、『SPY×FAMILY』『チェンソーマン』などを手掛ける「少年ジャンプ+」副編集長・林士平らが参加。8月24日18:30から配信される第3回『ジャンプのミライ ~少年ジャンプの10年後の姿を語り合う~』には、赤川隼一(株式会社ミラティブ代表取締役)、堀新一郎ら(Z Venture Capital株式会社代表)らが登壇する。



フィードバック 1

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Book
  • 「少年ジャンプ+」新連載はすべて英訳して同時配信へ。2023年以降から

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて