あの人の音楽が生まれる部屋

あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.25 真部脩一

SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 vol.25:真部脩一

マンションのワンルームを改造
曲作りに集中できる
プライベートスタジオ

こちらのプライベートスタジオは、自宅とは別に「作業専用スペース」として真部さんが使用している部屋です。曲作りやアレンジはもちろん、プリプロダクションまでここで行います。特に防音・遮音対策や、静音処理などはしていないため、あまり大きな音でスピーカーを鳴らすことはできないですが、細かい音の作り込みなどはしていないので、全く問題ないそう。

1

Nord「Nord Lead 2X」

nord最新ラインナップはこちらNord「Nord Lead 2X」

バーチャルアナログシンセサイザーという概念を定着させ、それまでのシンセの在り方を一新させたNord Leadシリーズ。旧モデルである「Nord Lead 2X」は、現在は既に販売終了品であるにも関わらず、今なお人気の高いモデルです。真部さんはこれをVampilliaのライブはもちろん、最も使い回しているシンセとして重宝しています。

真部:「Nord Lead A1」(最新モデル)も持っているんですが、Nord Leadはとにかく使いやすい。「Nord Lead 2X」は、今の僕にとって右腕のようなシンセです。特にリードシンセや「Prophet 5」的なポリシンセとして使っているのですが、オケの中での抜け方もとてもよく、シールドを挿してそのまますぐに使えるところも気に入っていますね。バックアップでもう1台欲しいくらいです(笑)。

2

KORG「R3」

KORG最新ラインナップこちらKORG「R3」

KORG「R3」は、本格的なアナログシンセライクなサウンドを、3キロ以下というコンパクトなサイズで楽しめる、2007年発売のシンセサイザー。真部さんはこれを、相対性理論のデビューアルバム『シフォン主義』のリリース直後に購入。セカンドアルバム『ハイファイ新書』では多用しているそう。

真部:それまではKORG「MS2000」を使っていたのですが、部屋に置き場所がなくなってしまったので売っちゃったんですよ。で、この「R3」は「MS2000っぽい音が出る」という触れ込みだったので買いました(笑)。デジタルとアナログの美味しいとこどりの音ですね。パッドやシンセベースで使うことも多いですし、プリセットのウーリッツァー(ビンテージのエレクトリックピアノ)の音もすごくよくて愛用しています。『ハイファイ新書』に入っている“さわやか会社員”や“地獄先生”で、うしろに乗っているウーリッツァーの音はこれで弾いてますね。

3

KORG「MS2000」

KORG最新ラインナップこちらKORG「MS2000」

1978年の発売以来、今も名機中の名機としてシンセサイザーの歴史の中で輝き続ける「MSシリーズ」。そのモデリングシンセとして2000年に発売されたのが、この「MS2000」です。真部さんはKORG 「TRITON Le」の次に本機を購入し、シンセの音作りを学びました。

真部:バンドを始めたばかりの頃、とにかく本能的に「この音、好き!」と思って買ったシンセです。当時はこれをMIDI接続して、アルペジエーター機能を使っていろんな音色を鳴らしたりしながらフレーズを作っていました。さっき言ったように、一度売ってしまったのですが、このスタジオを作ったタイミングで買い戻したんです。さすがに持ち運びは大変なので、主にスタジオで使用しています。音色を聴いているだけでも、いろんなインスピレーションが湧いてくるんですよ。

4

KORG「ARP ODYSSEY」

KORG製品詳細ページはこちらKORG「ARP ODYSSEY」

米国のARP社が1972年に開発したアナログシンセサイザー「ARP ODYSSEY」は、Yellow Magic OrchestraやDeep Purpleなど様々なアーティストが愛用した歴史的な名機です。こちらはKORGが2015年に開発した復刻版。当時の回路を完全再現し、完璧なARP ODYSSEYサウンドを蘇らせました。

真部:以前、Vampilliaでアイスランドレコーディングに行ったとき、スタジオにあったオリジナルの白モデル(ARP ODYSSEY Rev1)を弾いたんですけど、この復刻版の「ARP ODYSSEY」はまさにオリジナルそのままですね。僕の中で「ARP」はジョー・ザヴィヌル(Weather Reportなどで活動したジャズ・フュージョンピアノ / シンセプレイヤー)のイメージ。あれは「ARP 2600」ですが。金属的に立った音なのに、耳に優しいというか。タイトなのに、意外とオケとの馴染みがいいところも好きです。

音楽プロデューサーとして、そしてVampilliaの中核メンバーとして、ますます存在感を高めている真部脩一さん。彼が打ち立てたのは、お茶の間でも街の中でも、ライブハウスでも、聴いた瞬間にそれだとすぐに分かるような、他のどこにもない「真部脩一ブランド」と言えるもの。中毒性が高く、一度聴いたら病みつきになる、そんな彼のフレーズとメロディーが、これからもこの場所から生まれていくことでしょう。

スタジオ機材リスト

  • コンピューター
  • Apple「Mac Pro」
  • DAWソフト
  • Apple「Logic Pro 9」
  • オーディオインターフェース
  • Digidesign「Digi 003」
  • モニタースピーカー
  • YAMAHA「HS5」
  • DYNAUDIO「BM6A」
  • MIDIキーボード
  • YAMAHA「CP4 STAGE」
  • キーボード
  • KORG「R3」
  • KORG「ARP ODYSSEY」
  • KORG「MS2000」
  • Nord「Nord Lead A1」
  • Nord「Nord Lead 2X」
  • 音源
  • KORG「TRITON-Rack」
  • YAMAHA「MOTIF-Rack」
  • Roland「V-Drums」
  • マイク
  • AKG「C3000」
  • audio-technica「AT4040」
  • BLUE「Baby Bottle」
  • アウトボード
  • Focusrite「VoiceMaster Pro」
  • コンソール
  • MACKIE「1402-VLZ3」

Information

『いいにおいのするThee oh sees Japan tour 2015』

2015年10月7日(水)
会場:兵庫県 神戸 HELLUVA LOUNGE
出演:
Thee Oh Sees
Vampillia
Chang Chang+森田聖+松元隆
BLONDnewHALF
and more

2015年10月8日(木)
会場:大阪府 心斎橋 CONPASS
出演:
Thee Oh Sees
Vampillia
GEZAN
and more

2015年10月9日(金)
会場:愛知県 名古屋 HUCK FINN
出演:
Thee oh sees
Vampillia
GEZAN
NICE VIEW
odd eyes

2015年10月11日(日)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
Thee Oh Sees
Vampillia
GEZAN
and more


『いいにおいのするイベントの10周年』

2015年10月16日(金)
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO
出演:
Vampillia
Vampillia×戸川純
world's end girlfriend & POLTERGEIST ensemble
and more

PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ



フィードバック 3

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Article
  • あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.25 真部脩一

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて