北九州はレコードの宝庫!? ディープなレコードショップ案内

北九州といえば、福岡県の北に位置する地域で、福岡市に次ぐ人口を抱える福岡県下第二の都市。そんなエリアだからこそ、独自のカルチャーもしっかり根付いています。中でも注目したいのがレコードショップ。県外のミュージシャンたちからも一目置かれるレコードショップがあるなど、その噂は着実に広がっています。今回は北九州が誇るレコードショップを4店舗紹介。是非、掘り出し物をディグし(探し)に出掛けてみて。

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

小倉にこのレコードショップあり。『田口商店 小倉店』

北九州のレコ屋巡り、1軒目から大本命の『田口商店 小倉店』です。田口商店といえば、福岡市・警固にも姉妹店があり、ここ福岡では名前の通った名物レコードショップ。現在、警固の店とは経営が別になり、屋号だけがその歴史を伝えます。場所はJR小倉駅と西小倉駅の中間くらい。いずれの駅からでも徒歩10分程度でアクセスできます。

店主の川上さんは広島出身。北九州大学に進学するタイミングでこの街で暮らすように。大学ではバンド活動のため、音楽サークルに所属。以来、どっぷりと音楽の世界に浸かり、アルバイトで勤務するようになったのをきっかけに、この田口商店を先代から受け継ぐ形となりました。

ストックしている在庫はレコード、CDを合わせて1万枚以上。普段、福岡の店によく訪れるという熱烈なファンに言わせると「ラインナップが全く違う」とのこと。実際、川上さんに尋ねると「やっぱり福岡とはラインナップは違ってきますよ。取り扱っているのは中古レコードとCDですから、お客様が売ってくださるモノがラインナップに反映されるんです。うちは歌謡曲が充実しているかな」と教えてくれました。

確かに歌謡曲の品揃えは確かに多彩で、その一方で、最近、大量に売りに来たお客がいたというベンチャーズのCDがかなり充実しているなど、買取りの品によって商品ラインナップはかなり動きがあるよう。
また、ラインナップの幅広さに加え、価格の安さでも有名。軒並み低めの価格設定ですが、とりわけ7インチは100 円台から思いがけない掘り出し物が潜んでいるので要チェックです。

歌謡曲の充実ぶり、リーズナブルな価格設定というだけでもそそられるものですが、この店の最大の魅力は店主・川上さんの圧倒的な知識と経験によるオススメではないでしょうか。実際、探しているジャンルやアーティストを伝えると、ものすごい精度で的確な一枚へと誘ってくれます。以前、とあるミュージシャンに「川上さんのオススメ、はずさないんですよね。前もこちらの好みを瞬時に掴んでくれ、良い感じの楽曲をオススメしてもらいました。本当にさすがだと感心しましたよ。関東界隈でも北九州に行くなら『田口商店はマスト』って言われていますから」と教えてもらいました。

小倉に田口商店あり。そして『田口商店』に川上さんあり。頼れるレコード兄貴を味方につけて、音楽の更なる深みへ足を踏み入れてみては。

田口商店 小倉店オススメの一枚: DAI-DO-GEI

これは日本の文化・芸能におけるレア音源を復刻した「ニッポンの響き」シリーズからの一枚。バナナの叩き売り、薬草売り、猿回しなど、今ではお目にかかれない大道芸の様子が生収録されています。
「監修、ナレーションが寺山修司さんなんですよね。ちなみにガマの油売り、見たことあります? あれ、刀で手を切って、その傷口にガマの油を塗って治すっていう、今では考えられない実演なんですよ。そんな空気がしっかり息づく一枚。思わず笑っちゃうような口上がたまらないんですよね」

田口商店 小倉店
住所: 福岡県北九州市小倉北区室町2-1-4
電話番号: 093-592-6183
営業時間: 11:00~20:00
定休日: なし
URL: なし

小倉駅徒歩すぐ。毎日通う客もいる『ボーダーライン・レコーズ 小倉店』

次にご紹介するのが、『ボーダーライン・レコーズ 小倉店』です。1983年に開業した福岡市の店舗の姉妹店にあたり、小倉店の開業は1988年。現在、店を構えている場所は、JR小倉駅の北側、歩いて1、2分という絶好のアクセス。過去には小倉駅の界隈を転々としていましたが、2015年に現在の場所に移転。雑居ビルの2階にあり、店舗面積もおよそ22坪とゆったり。店長・花村さんは「地元の方はもちろん、場所柄、JRが利用しやすいため、近隣の山口県、大分県のお客様も多いですね。おそらく出張の帰りと思われるスーツ姿の方も頻繁にお見受けしますよ」と笑顔を見せます。

現在の在庫数は、レコード、CDそれぞれおよそ8000枚。ただ、その内訳は時代の流れとともに変化していったそうです。
「小倉店の開業以来、中心となっていたのがロックでした。パンクやメタルなど、主流は60年代~80年代にかけての音源でしたね。ただ、近年、若者がそれほどロックを聴かなくなった印象があります。代わりに伸びてきているのが、クラシックやジャズ。特にジャズの回転は良いですね。ほぼ毎日入荷がありますから、毎日チェックしに来られる方もいらっしゃいますよ」

年齢層もひと昔前に比べると幅広くなった印象があるそう。例えば、高齢のお客で、一度、手放したクラシック、ジャズの名盤を再び買い直すというケースも珍しくないそうです。また、子供が独り立ちし、ようやく趣味にお金が自由に使えるようになり、スピーカーなどの音響周りまでしっかり整え、昔、買えなかった音源を求めるというお客もちらほらいるということでした。

高齢のお客が増える一方で、レコードに特化して買い求める若者も足を運ぶようになったという花村さん。「若いDJたちが12インチを買い集めているようなケースもありますが、もっと裾野が広がったような感じでしょうか。DJをするわけでもなく、単純にレコードのあたたかみのある音が好きだったり、ちょっと掠(かす)れたような音の質感が気に入っていたり、レコードというメディアを好んで選ぶという人が確実に増えていますよ」

この小倉店ではそのような需要を踏まえ、ロックにおいては依然として安定のラインナップを誇りつつ、ジャズやソウル周りの品揃えを強化。また、「ROCK/POPS」という括りで290~990円というお得な価格設定をしたコーナーも設置されていて、近年愛好家が増えている7インチも取り扱いに厚みが出ています。取材日にも昭和歌謡やグループサウンズ、ビートルズなど普遍の名盤がずらりと並んでいました。

「東京からいらっしゃったお客様の中には、掘り出し物がたくさんあると驚かれることがありますね。確かに東京はレコードショップも多いですし、それこそ取り扱っている枚数も桁違いだと思いますが、同時に愛好家の数も多く、ライバルがたくさんいるとも言えます。それに比べると、ここは掘り出しものに出会えるチャンスは多いかもしれないですね」

ボーダーライン・レコーズ 小倉店オススメの一枚:ジェイムズ・テイラー

「CDしか知らない世代がこれからどんどん増えますから、レコードならではの温み、ねばりのある音質に触れるきっかけを提供していきたいですね。曲飛ばしが簡単にできないメディアだからこそ、一枚を通してストーリーがあるアルバム本来の楽しみ方にも触れることができます。アルバムで本来表現したかった世界観を体感できるのも、レコードの醍醐味ですからね」

ボーダーライン・レコーズ 小倉店
住所: 福岡県北九州市小倉北区浅野2-13-24 ブルースクエア小倉 2F
電話番号: 093-511-2531
営業時間: 11:00~20:00
定休日: なし
URL: http://www.borderlinerecords.co.jp/shopkokura3.html

10万枚を超える圧倒的ストック! 八幡西区にある『FanFan』

次に紹介するレコードショップは、『FanFan(ファンファン)』。北九州市内の中心地からだいぶ離れた八幡西区の本城駅から徒歩5、6分の場所にあります。近隣には九州共立大学をはじめ、東筑高校、折尾高校などが点在し、学生街の印象を受ける立地です。

開業したのは1985年。店主・帆代さんが高校の1つ上の先輩と共に始めました。帆代さんは「元々サラリーマンだったんです。ただ、なんというか、しっくりこなくて。それで先輩を誘って店を始めました。彼は生粋の収集家で、多分、個人のコレクションだけでも2万枚くらいはあるんじゃないかな。私は今ではもっぱらリスニング専門。なんといっても、店でいくらでも聴けますからね」と広大な店内を見渡して微笑みました。

開業の際には九州共立大学のほど近く、わずか10坪という敷地でスタート。取り扱っていたのも5000枚ほどだったそう。それがどんどん取り扱い枚数が増えていき、14年前にこの場所に移転。1F全フロア、2Fに一部陳列しているというレコード、CDの在庫は店頭に出ているものだけで10万枚オーバー。2Fは奥が倉庫になっていて、そこにも在庫を豊富に抱えています。

「とにかく、置く。ここに来れば、何か1枚くらいは必ずほしいものに出会えるという、そんな場所を目指してきました。お客さまとの信頼関係のための30年掛けた蓄積ですね。買いたいものがなかったなんて言わせたくない。ストック枚数を増やし続けることがこのファンファンの矜持です」

展開するのもオールジャンル。オールディーズ、ロック、ジャズ、ヒップホップ、クラシック、とにかく何でも。ディスプレイにも独自の考えが息づいていて、よく見ると、陳列棚に手作りの風合いを感じます。帆代さんに聞いてみたところ「CDやレコードのサイズに合わせ、ぴったりストックできるように自分たちで作った棚なんですよ。手作りでまとめて製作すると安く済みますし、理想のサイズに仕上げられますから。資金は限られていますから、できる限り多くをレコード、CDを増やすために使いたい。棚など低価格で済ませられるものは極力安くすると決めています」と思わず頭が下がる返事をいただきました。

よく動いているのはレコードならジャズ、ロック、和モノ、CDならロック全般。近年は通販にも力を入れ、海外からのオーダーにも対応していて、中にはメキシコ人の常連もいるそう。

「これからもストックは増え続けていくと思います。ここに来れば何かある。それを突き詰めていきたいですね」

FanFanオススメの一枚:Gacharic Spin

2009年に活動スタートした日本のガールズバンドGacharic Spin (写真右のDVD)は国内外から注目を集める実力派バンドとして知られます。また、そのメンバーを中心に、「LIGHT BRINGER」のボーカル・Fukiを加え、 2012年に結成されたガールズロックバンドDOLL$BOXX(写真左)。「実は姪っ子がギターなんです。ただ、そんな贔屓目を抜きにしても抜群の演奏スキルで、本当に素晴らしいバンドだと思います」

FanFan
住所: 福岡県北九州市八幡西区千代ヶ崎1-9-5
電話番号: 093-602-7096
営業時間: 10:30~20:00
定休日: なし
URL: https://www.fanfan1.com/

2017年12月オープン。門司区の丘の上にある『藤松レコード』

最後に紹介するのが門司区にある『藤松レコード』。正しくは『LIVINGROOM/藤松レコード』。なぜ“LIVINGROOM”と付くかというと、こちらのレコードショップは、店主・清水さんとその奥様が二人三脚で営む店で、奥様が営む生活雑貨の店『LIVINGROOM』、その奥にご主人が手掛けるレコードショップ『藤松レコード』があるのです。

店があるのは門司区の小高い丘の上。いわゆる住宅街で、地図を頼りに車を走らせると、途中、本当にここで合っているのかと不安になります。開業したのは2017年12月。まだオープンから1年にも満たないのですが、すでに北九州の音楽ファンには噂が広がっている注目レコードショップです。

「なんでお店を始めたのは良く聞かれますが、レコードが好き、本当にそれに尽きますね」という清水さん。幼稚園でおもちゃの代わりにレコードを買ってもらって以来、その魅力にどっぷり浸かっている生粋のレコードコレクターです。
ただ、この店を開業以前は、ずっと料理の道を歩んできたそう。「調理師として働いてきたんですが、その際にもずっとレコードは買っていました。子供が小学生にあがり、家を買うというタイミングで、夫婦それぞれの夢を実現したいと決め、開業しました。僕の場合は小学生の頃、すでに“レコード屋をしたい”と文集に書いているくらいでしたから、30年越しの思いが実現した感じですね」と清水さんは言います。

新しい住まいの一室が奥様による雑貨の店となり、そこに併設する形で清水さんによるレコードショップが存在します。ジャンルは洋楽、邦楽問わず、新譜は取り扱わず、中古に特化。清水さん曰く「自分が生まれるよりも前の時代、つまり60~70年代の音源が好きなので、その好みは反映されているかと思います」とのこと。店頭に出しているのはレコード・CD合わせておよそ2000枚、そのほか裏にストックしている在庫がレコード・CD合わせ約8000枚ほどだそうです。

「音との出会いを大切にしたいと思っているので、実際に音源が聞けない通販は対応していません。店頭販売のみです。特徴としては、僕が全て手書きで コメントを書いているという点でしょうか。お客様に手を止めてもらえるよう、橋渡し役をしっかり務めたいと考えています」

ディスプレイについては、レコード初心者でも気軽に探せるよう、ジャンル分けはゆるやかに、そして年代などの切り口を設けてありました。

「レコードは全てが好き。聴きたいレコードを選び、ケースから出し、ジャケットを眺め、歌詞カードを読みながら、その音源と向き合う。30cm×30cmのジャケットはまさにアートですし、飾っておくだけでも心が満たされます。モノとして完璧だと思うんです。僕自身が上の世代からレコードの魅力を教えてもらったので、次の世代に伝える役割が担えればと思っています」

藤松レコードオススメの一枚:YMOのレコード

「幼稚園の時、初めて買ってもらったのがYMOのレコードでした。これが僕の原点ですね。YMOを知らない世代にもぜひ店に遊びに来てほしいです。レコード屋というよりも友人の家を訪れる感じでふらりと寄ってくださいね」

LIVINGROOM/藤松レコード
住所: 福岡県北九州市門司区上藤松1-11-1
電話番号: 093-982-2805
営業時間: 11:00~18:00
定休日: 第2・4水曜、日曜
URL: https://livingroom-fujimatsu.amebaownd.com/
田口商店 小倉店
住所 : 福岡県北九州市小倉北区室町2-1-4
営業時間 : 11:00〜20:00
定休日 : 無休
電話番号 : 093-592-6183
最寄り駅 : 西小倉駅
WEBサイト :


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • 北九州はレコードの宝庫!? ディープなレコードショップ案内

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて