YEN TOWN BANDは、なぜ20年ぶりに本格的に復活するのか?

伊藤歩が振り返る、『スワロウテイル』とYEN TOWN BANDのいま

架空のバンド、YEN TOWN BANDがデビューするきっかけとなった、岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』(1996年)。そのなかでCHARAが演じる主人公グリコの義娘として、映画のなかでも重要な役割を果たした少女「アゲハ」のことを印象的に覚えている人も多いのではないだろうか。

YEN TOWN BANDのアルバム『MONTAGE』のメインビジュアルとしても、アイコンのように使われていた蝶蝶「アゲハ」。映画の公開から20年経った2015年初秋、新潟で行なわれた『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015』でのYEN TOWN BAND復活ライブ会場には、ボーカルをつとめる「グリコ=CHARA」の姿とともに、客席には当時15歳だった少女「アゲハ=伊藤歩」のいまの姿があった。

約20年ぶりとなる新曲シングル『アイノネ』をリリースするYEN TOWN BAND。その誕生のきっかけとなった映画『スワロウテイル』とは、一体なんだったのか。今回は同じく20年の時を経た、女優・伊藤歩へのインタビューを通して、彼女の歩みを辿りつつ、あらためて振り返ってもらった。

『スワロウテイル』は、大切な記憶ではあるんですが、どこかタイムカプセルに入っているような感じです。

―9月12日に行なわれた『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015』でのYEN TOWN BAND復活ライブを観に行かれたそうですが、どういう印象を持たれましたか?

伊藤:まずびっくりしたのは、虫がすごく多かったことですね(笑)。ちょうどカゲロウが孵化する時期だったようで、沢山のカゲロウが舞い、まるで白い紙吹雪のようでした。幻想的な光景でしたが、演奏する側も観る側も大変でしたね。

『大地の芸術祭 2015 YEN TOWN BAND @NO×BUTAI produced by Takeshi Kobayashi』ライブ風景
『大地の芸術祭 2015 YEN TOWN BAND @NO×BUTAI produced by Takeshi Kobayashi』ライブ風景

―伊藤さんは15歳のときに映画『スワロウテイル』でアゲハという重要な少女役で出演されていましたが、そのときのことを思い出したりもしましたか。

伊藤:20年も昔のことなので、正直あまり憶えてはいないんです。メイキング映像を見ると「ああ、こういうこともあったんだなあ……」と思い出すんですけど、それでも「本当にあった出来事だったんだろうか?」「たしかにあったんだよな?」って思うこともありました。大切な記憶ではあるんですが、どこかタイムカプセルに入っているような感じです。

―そのときの記憶はおぼろげにしか残っていない。

伊藤:高校受験と重なっていたり、忙しい時期だったからかもしれないですね。4、5か月撮影していたなぁ……とか。いろんな国の俳優さんが出演していたので、台詞のためにとにかく英語の勉強をしていたし、現場にずっといたなとか。そんな印象が残っています。

『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』
『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』

―そもそも、伊藤さんが女優を志したきっかけはなんだったんでしょうか。

伊藤:もともとは祖父と母がやりたかった夢だったので、その夢を私に託した感じです。子どものころに受けたオーディションに合格して、それがきっかけでデビューしました。でも、学業もあったので、オーディションを受けた回数はそんなに多くはなかったです。事務所に所属していましたが、機会があるときに声をかけていただくという感じで、当時は自分から積極的に活動していたわけではなかったですね。

―岩井俊二監督から声がかかったきっかけは?

伊藤:以前、どこかのオーディションを受けたときに気に留めていただいたらしく、それで声をかけていただきました。ただ、最初に現場に入ったとき、正直、どこに監督がいらっしゃるのかもわからなかったんです。

―『スワロウテイル』の撮影現場はどんな感じでしたか?

伊藤:一番年下だったこともあって、居場所がないなって思ってました(笑)。疎外感があったわけではないんですが、共演者のみなさんは、それぞれ個性的で自分の世界を持っていらっしゃる方ばかりだったので。その方々のなかにいると、自分の居場所がよくわからなくなるという……、そんな感じだった気がします。

―その後、一緒にバンドを組むことになるCHARAさんや、他の俳優の方とも交流を深めるきっかけになった?

伊藤:撮影現場では、そんなに話した記憶がないんです。とにかくやることがすごく多くて、私はある程度ネイティブに見えるように英語や中国語の勉強をしなければいけなかったし、CHARAさんはYEN TOWN BANDのレコーディングもあったので、みんなでワイワイとしゃべる感じではなかった気がします。

『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』
『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』

―高校を卒業された後は、ニューヨークに語学留学されたんですよね。それは『スワロウテイル』の撮影現場での経験も大きかったんでしょうか。

伊藤:いろんな気持ちがありました。語学をちゃんと勉強したいというのもありましたし、20歳を目前にして「本当にこのまま女優を続けていくのか?」という気持ちになったこともありました。

―この先も女優としてやっていこうかどうかも決めかねていた?

伊藤:正直、一度は辞めようと思いました。実際、その1年くらいは仕事から離れていましたし。そもそもは母や祖父の喜ぶ顔が見たくてはじめたことだ、脚光を浴びたところで、それは自分の実力ではなく、たまたまそういう現場に携わっただけだ、と感じていたんです。自分で決意して行動を起こしたわけではなかったので、やっぱり自分のやりたいことを、自分で努力して成功することのほうが、私にとっては価値があるように思えました。

―ニューヨークに留学したことで、そんな自分を客観的に見るようになった感覚はありますか?

伊藤:どうでしょう……。でも、路上や地下鉄の駅でパフォーマンスする方たちのクオリティーがとても高いことに驚いたのは覚えています。日本だったらトップクラスだと思えるくらいの人が、ストリートに立っている。層の厚さのようなものを感じました。

『リリイ・シュシュのすべて』は、岩井さんのためだったらちゃんとやりたいという気持ちがありました。

―そんななか、2001年に『リリイ・シュシュのすべて』に出演されていますが、これはやはり岩井監督からのオファーがあったんでしょうか。

伊藤:ちょうどニューヨークにいたときに連絡をいただきました。語学留学だったし、経済的なことも含めて長くは過ごしていられないと思っていたので、結果的に、このお話が帰国するきっかけになりました。まだ、自分が俳優としてどうするかを決意できていなかったのですが、岩井さんのためだったらちゃんとやりたいとは思っていました。

伊藤歩
伊藤歩

―岩井監督への信頼があった。

伊藤:そうですね。当時は、岩井さんと井筒和幸さんと大林宣彦さんくらいしか監督の方を知らなかったのですが、その三人の方は自分にとって本当に尊敬する父親のような存在で、私で力になれることがあればという気持ちはありました。

―2000年にはCHARAさん、YUKIさん、ちわきまゆみさんと結成したバンド「Mean Machine」で音楽活動もはじめられています。

伊藤:1998年、私がニューヨークに行く前のころでした。CHARAさんから「歌ってほしい」と、カセットテープを渡されて。その後、留学から帰ってきて、レコーディングがはじまりました。

―CHARAさんたちとの共同作業はどんな感じでしたか?

伊藤:「これ、本当にやるのかな」みたいな感じでした。それまで音楽活動をやっていたわけでもなかったし、自分の立場もわかってなかった。ライブハウスを廻ったり人前で歌ったりすることもなく、レコーディングからはじまったので、どんなふうにやるかもよくわかっていなかったけど、とりあえずやるしかないか、って。部活みたいな感じでしたね。

『大地の芸術祭 2015 YEN TOWN BAND @NO×BUTAI produced by Takeshi Kobayashi』ライブ風景
『大地の芸術祭 2015 YEN TOWN BAND @NO×BUTAI produced by Takeshi Kobayashi』ライブ風景

―プレッシャーはなかったんでしょうか。

伊藤:いま考えると、不思議なほどなかったですね。想像力がそこまで達していなかったというか。こんなに大事になると思っていなかったし。それは『スワロウテイル』も同じでした。現場にいることはすごく楽しいし、いろんな人と話して、面白いな、勉強になるなとは思っていましたが、でも、大きな仕事をやっているような意識はなかったです。それがカルチャーとして残っていくということも考えていなかったです。

―なるほど。渦中に巻き込まれるような感じだった。

伊藤:そうかもしれないですね。10代や20代のころは特にそうでした。歌についても、やっぱり自分の努力でなにかを掴んだわけではなかったですから。20代半ばくらいまではそういう感じだったと思います。

女優は好きな人がやる仕事だと思うし、好きだからこそ続けていける仕事だと思うんです。でも、私の場合はそうなるのが遅かった。

―岩井監督だったり、CHARAさんだったり、時代のキーマンになるような方にいつもよきタイミングで声をかけられる、不思議なポジションの立ち位置だったんですね。

伊藤:だから、そのうちに「私、このままじゃロクな人間にならないんじゃないか」と考えるようになって、20代まですごくお世話になっていた最初の事務所を辞めて移籍する決断をしたんです。私を家族のように大切にしてくれて、本当に可愛がってくれた事務所だったんですが、子どものわがままじゃないですけれど、可愛がってもらいすぎて、これ以上甘えるのはよくないと思ったんですね。親が選んでくれた事務所でもあったので、やっぱり自分の力で選んで、仕事している感覚を掴みたかったんです。

『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』

『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』
『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』

―移籍による環境の変化によって、精神面は変わりましたか?

伊藤:男優さんが多く所属している事務所だったので、男っぽいというか、仕事も実力も自分で掴むような考え方のところでハングリーな環境でした。いろんな経験をさせてもらい、精神的にも強くなったと思います。そこからようやくはじめて、自分の意志でなにかを切り開いていこうと考えられるようになった。それが、26、27歳くらいのころでした。

―自分がどういうビジョンを持って、どうなっていきたいかを意識するようになった。

伊藤:それまでの私は、自分がなにをしたいのかがよくわかっていなかったんです。それを探すのに時間がかかりました。そのときの事務所の社長に言われたのが、「1番を決めなきゃダメだ」ということ。たとえば、仕事が1番なのか、家族が1番なのか、それを決めておかないといざというときの判断を間違えてしまう。そのころから海外で仕事がしたいという思いが生まれてきたのですが、菊地凛子さんが当時同じ事務所にいらっしゃって、『バベル』という海外の映画で『アカデミー賞』にノミネートされたり、「すごい先輩がいる!」と、いい意味で悔しさを掻き立てられて、プレッシャーを感じるようにもなったんです。

―それまでは女優という仕事にそこまで意気込みを感じていなかったのが、変わってきたわけですね。

伊藤:そうですね。それまではまったく感じなかった、自分にとって嬉しい感情でした。そういう悔しさを感じられただけでもよかったと思います。海外の作品に参加するということが、自分の目標になった。女優は好きな人がやる仕事だと思うし、好きだからこそ続けていける仕事だと思うんです。でも、私の場合はそうなるのが遅かった。29歳くらいで自分の思いを決めて、どうしていこうかを考えるようになりました。

「これだ」と思ったものをちゃんと自分の意志で掴んだ喜びは、いままで得たものとは比べ物にならないほど嬉しいものでした。

―仕事に、楽しさややりがいを感じられるようになってから、ご自身のなかでどのような変化が生まれましたか?

伊藤:女優という仕事は29歳くらいでふるいにかけられるところもあって、仕事が不安定で、苦しかった時期だったとも思います。でも、そのころは、「これだ」と思ったものをちゃんと自分の意志で掴んだ実感があった。その喜びは、いままで得たものとは比べ物にならないほど嬉しいものでした。小さなことでも大きなことでも、自分の意志でなにかを掴むことの大切さを感じていました。

『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』

『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』
『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』

―女優という仕事についても、自分の生き方も、大きく変わったタイミングだったんですね。

伊藤:変わりましたね。あと、転機としては東日本大震災も大きかったです。祖父母が岩手の大船渡に住んでいて、私は時間があったので2週間とか1か月、おばあちゃんの介護をするようになっていました。そんなときに震災が起こり、家族にも親戚にもいろんなことがありました。友人が亡くなったりもしました。自分なりに復興支援に関わらせていただくようにもなって、震災から1年くらい経ったときに、本当に自分のやりたいことをやり遂げようと思ったんです。自分が活躍する姿を見せたい、と。そういうことを再確認させてもらうタイミングでもありました。

―今年は『その男、意識高い系。』で連続テレビドラマ初主演をつとめるなど、女優として活躍の場が広がっています。そういう状況はどう捉えてらっしゃいますか。

伊藤:いまの状況は、はじめて自分の意志で頑張ったことが、2、3年かけて少しずつかたちになった結果だという実感があります。だから、すごく感謝することが増えました。自分のために一生懸命頑張ってくれるマネージャーや社長、私を使いたいと思ってくれる方々、周囲の方々への感謝ですね。自分の意志でやっている感覚のなかで仕事をいただけていることには、すごく幸福を感じます。

『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』

『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』
『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』

―いまは10代のころと違って、女優としての仕事に手応えと充実を感じているんですね。きっと、そうなったいまだからこそ、過去をフラットに見られるようになったのではないかと思うんですが。どうでしょう?

伊藤:そうですね。憶えていないことのほうが多いですし、じつは『スワロウテイル』みたいに、過去の自分の仕事をずっと言われ続けることは重荷だったりもしますけれど(笑)、冷静に見られるようになったとは思います。

その時代に存在したものって、そのときだけのものだと思うんです。それをもう一度追わなくてもいい。震災からの復興に関しても、同じことを思いました。

―いまあらためて『スワロウテイル』という映画について、どんなことを感じますか。

伊藤:やっぱり、『スワロウテイル』自体が居場所のない人たちの話だったと思うんです。「円都」という街に移民たちが来て、お金を稼いで、自分の場所に帰っていくという。主人公のグリコやアゲハにとってもそうだった。自分の場所を探していく話だったと思います。あのころはそんなこと考えなかったですけれど。

『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』
『アイノネ』MVより 岩井俊二によるアニメ版『スワロウテイル』

―当時の自分はいまとは別人のような感覚がある。

伊藤:「あれは本当に私だったのかな……」って思うことのほうが多いんですよ。違う人生だったような気がするというか、まだ生まれていなかった時代というか、芋虫のような状態でいたときにやっていたことというか。たしかに自分だったんですけれど、どこか違うんですよね。

―いま、YEN TOWN BANDの20年ぶりの復活をきっかけに当時の記憶を紐解いて、あらためてどう感じてらっしゃいますか?

伊藤:玉手箱を開けるような感覚ですね。大切だからこそ心の奥底にしまっていたのだと思います。新曲もリリースされるということなので、YEN TOWN BANDとしても、新しいものを作り上げているのかなって思いました。

『大地の芸術祭 2015 YEN TOWN BAND @NO×BUTAI produced by Takeshi Kobayashi』ライブ風景
『大地の芸術祭 2015 YEN TOWN BAND @NO×BUTAI produced by Takeshi Kobayashi』ライブ風景

―新潟のライブでは新曲“アイノネ”も披露されていましたが、聴かれて、どう感じましたか?

伊藤:「こんな感じだったかな?」と感じました。たしかにYEN TOWN BANDで、どこか懐かしいんだけれど、確実に新しい。そういう感覚がありましたね。CHARAさんも金髪になっていたし、グリコなんだけれど、脱皮している状態というか。ちゃんと「いま」になっている。それでいいんだなって思いました。過去にあったものを追う必要はないんだなって。

―いまの時代のものになっているのが大事だった。

伊藤:そうですね。その時代に存在したものって、そのときだけのものだと思うんです。それをもう一度追わなくてもいい。震災からの復興に関しても、同じことを思いました。もとあった場所に戻るというより、新しいものを作り上げていきたい、と。そういう意味でも、新曲が聴けたのは嬉しかったです。ライブでも言っていましたが、いまは新しいアルバムも作っているんですよね。それを聴くのも楽しみにしています。

リリース情報
YEN TOWN BAND
『アイノネ』初回限定盤(2CD)

2015年12月2日(水)発売
価格:1,620円(税込)
UMCK-9796/7

[DISC1]
1. アイノネ
2. ainone 2XXX
3. アイノネ(instrumental)
4. ainone 2XXX(instrumental DUB MIX)
[DISC2]
・『大地の芸術祭 2015 YEN TOWN BAND @NO×BUTAI produced by Takeshi Kobayashi』のライブ音源“Gold Rush”“Sunday Park”“上海 ベイベ”“Swallowtail Butterfly ~あいのうた~”計4曲収録

YEN TOWN BAND
『アイノネ』通常盤(CD)

2015年12月2日(水)発売
価格:1,080円(税込)
UMCK-5588

1. アイノネ
2. ainone 2XXX
3. アイノネ(instrumental)
4. ainone 2XXX(instrumental DUB MIX)

YEN TOWN BAND 『MONTAGE』デジタルリマスター盤 初回限定盤(CD+DVD)

2015年12月2日(水)発売
価格:6,264円(税込)
UMCK-9798

[CD]
1. Sunday Park
2. Mama's alright
3. She don't care
4. Swallowtail Butterfly ~あいのうた~
5. 上海 ベイベ
6. してよ してよ
7. 小さな手のひら
8. My way
[DVD]
・映画『スワロウテイル』(監督:岩井俊二)

YEN TOWN BAND
『MONTAGE』デジタルリマスター盤 通常盤(CD)

2015年12月2日(水)発売
価格:2,160円(税込)
UMCK-1529

1. Sunday Park
2. Mama's alright
3. She don't care
4. Swallowtail Butterfly ~あいのうた~
5. 上海 ベイベ
6. してよ してよ
7. 小さな手のひら
8. My way

YEN TOWN BAND
『MONTAGE』デジタルリマスター盤(アナログ12inch)

2015年12月23日(水)発売
価格:3,024円(税込)
UMJK-9060

1. Sunday Park
2. Mama's alright
3. She don't care
4. Swallowtail Butterfly ~あいのうた~
5. 上海 ベイベ
6. してよ してよ
7. 小さな手のひら
8. My way

プロフィール
伊藤歩
伊藤歩 (いとう あゆみ)

1980年、東京生まれ。『水の旅人-侍KIDS』(1993年)で映画デビュー。岩井俊二監督『スワロウテイル』で『第20回日本アカデミー賞・優秀助演女優賞』『日本アカデミー賞・新人俳優賞』『第11回高崎映画祭・最優秀新人女優賞』を受賞。2001年には、YUKI、CHARA・YUKARIE、ちわきまゆみの五人で、バンド「Mean Machine」を結成。シングル『スーハー』(2001年)、アルバム『Cream』(2001年)を発表した。現在、映画、ドラマ、CM、舞台と幅広く活躍。2016年1月から放送される連続ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系 / 毎週金曜22時)に出演。同じく2016年2月29日から東京、大阪で舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』(近松門左衛門『心中天網島』より)に出演する。

YEN TOWN BAND (いぇんたうんばんど)

岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』(1996年)の音楽を担当した小林武史のプロデュースにより、劇中に登場した架空のバンド。ボーカルは、主人公グリコ役を演じたChara。シングル『Swallowtail Butterfly ~あいのうた~』、アルバム『MONTAGE』はオリコンチャートでもシングル / アルバム同時1位となり大ヒットを記録した。9月12日、新潟で開催された『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015』にて、12年ぶりのライブを行い、10月には全国5都市を巡るライブイベント『JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by ELECOM』に出演した。12月29日には『COUNT DOWN JAPAN15/16』への出演が決定している。

フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • 伊藤歩が振り返る、『スワロウテイル』とYEN TOWN BANDのいま

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて