アート・リンゼイがひとり自由に歌う夜 偶然の出会いがそこにある

アート・リンゼイ出演の発表は当日の午前中。音楽との偶然の出会いを、銀座で堪能

10月27日、東京・銀座にある「Ginza Sony Park」で開催されるライブプログラム『Park Live』の一環として、アート・リンゼイのソロライブが行われた。アートの出演は、開演当日の午前中に「Ginza Sony Park」公式SNS上でのみ発表。バンド編成やデュオではなくソロ、しかもサプライズに近いかたちでの登場と、貴重なライブとなった。CINRA.NETでは、終演後、アート本人にインタビューする機会も得た。

アート・リンゼイ

毎週金曜日(および不定期)、さまざまなライブパフォーマンスが繰り広げられている『Park Live』では、これまでにWONKやneco眠る、空間現代などがライブを披露してきた。

舞台となるのは、地下4階、「"BEER TO GO" by SPRING VALLEY BREWERY」のある一角。前述の通り、開催当日の午前中に「Ginza Sony Park」の公式Instagram等で発表されるまで、出演者がシークレットにされているのは、イベントのコンセプトが「偶発的な出会い」だからだ。地上から地下まで吹き抜け構造になっているため、たまたま別フロアにいた来場者が音に誘われてライブにやってくることもあるという。

アート本人も当日の昼に自身のTwitterで告知

アート・リンゼイは1970年代末にニューヨークで活動を開始。DNAやThe Lounge Lizards、Ambitious Loversなどのグループで活躍してきたギタリストだ。昨年、約13年振りにリリースされた最新作『Cuidado Madame』では、アヴァンギャルド / ノイズとブラジル音楽を横断する彼ならではの作風をアップデートするかたちで展開した(参考記事:日本に魅せられた音楽家アート・リンゼイの交友関係の秘密を探る)。

今回の来日ツアーでは、バンドセットのほか、デュオ編成でのライブも披露されたが、『Park Live』ではアートひとりの出演。当日のアーティスト発表にも関わらず、運よく出演情報をキャッチした熱心なファンや通りすがりの人々で会場は満席に。ただし、カジュアルなスペースということもあり、どこかリラックスしたムードが充満している。

コンクリート打ちっ放しの、ラフな空間でかき鳴らされる力強いソロギター

17時すぎ、トレードマークであるダンエレクトロの12弦ギターを手にしたアートがステージに現れた。佇まいとしては、ギターを片手に行きつけのバーにフラッと立ち寄ったという感じだろうか。

アートがひとたびギターをかき鳴らすと、かつてDNAやAmbitious Loversの傑作を彩ってきた「あの音」が鳴り響いた。終演後のインタビューにおいてアートも「音の響きがすごくいい空間だね。低音の鳴りが特にいいと思う」と満足気に話していたが、確かに空間全体が震えるような音だ。また、アートはエフェクターを使用していながらギターのフレーズをループさせていくが、その音色がまるで電子音楽のグリッチノイズのように聴こえる瞬間もあった。

アート・リンゼイ

「親のいない子供のように自由な気分で演奏できる」——アート・リンゼイが語る、ソロの魅力

最新作『Cuidado Madame』のレパートリーを中心に演奏されるかと思いきや、バンドセットでは披露しなかったというポルトガル語曲など、ノイジーでありながらメロウ、フリーキーにして繊細な歌の世界を展開していく。

突然飛び出したThe Stooges(1960年代より活動していたアメリカのロックバンド)の“I wanna be your dog”のカバーについて、終演後のインタビューで尋ねると、「よかったでしょ? あれは『aibo(ソニーが1999年より発売しているペットロボット)』へのオマージュだったんだ(笑)」とアートは笑い、今日のライブの感想について、こう続けた。

アート:普段のバンド編成とは違って、今回みたいなソロのパフォーマンスのときは親のいない子供のように自由な気分で演奏できるんだよ(笑)。

もちろんひとりでやることについてはプレッシャーもあるけど、今回みたいにお客さんとの距離も近くて親密感のある会場でパフォーマンスするのは、自分にとってもエキサイティングなことなんだ。

音楽との出会いは、街を見る目すら変える

東京を歩いていて、偶然にして幸福な音楽との出会いを体験することはなかなかない。20年ほど前、ニューヨークのたまたま通りかかったカフェで、トリオ編成のジャズライブを観たことがある。とりたてて個性的なものではなかったが、その演奏に触れたことで、ニューヨークの街並みがいくらか違って見えたことははっきりと覚えている。

変わり続ける実験的な「公園」をコンセプトとする「Ginza Sony Park」は、そうした体験ができる稀有な場所といえるが、『Park Live』にもそうしたコンセプトは反映されているのだ。

なお、この日に限らず、『Park Live』でのライブはつねに入場無料(ワンドリンクオーダーが必要)。アート・リンゼイの濃密なステージをビール1杯で観ることができるとは、まったく驚くべきことだった。「Ginza Sony Park」の外に出ると、いつもの銀座の街並みが普段とは少しだけ違って見えた。

イベント情報
Park Live

ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場となる"Park Live"。出演者は当日まで発表しないシークレット形式のライブ。音楽との偶発的な出会いを演出します。

プロフィール
アート・リンゼイ

アメリカ生まれの音楽家。3歳から17歳までブラジルで過ごす。1977年、ニューヨークにてバンド「DNA」を結成。ノーウェーブと呼ばれるムーブメントを代表するバンドとなるが、1982年に解散。その後は、The Lounge Lizards、Ambitious Loversなどで活動する一方、ソロミュージシャンとして数多くのアーティストの作品に参加している。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • アート・リンゼイがひとり自由に歌う夜 偶然の出会いがそこにある

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて