ライブペイントデュオ・DOPPELが渋谷の壁に描いたスパイダーマンと、敵役超人の苦悩

渋谷に現れた、世界的ヒーローの大スケールバトルアート

渋谷パルコ Part1のTOKYO FM左横に、人気ヒーロー・スパイダーマンのグラフィティアートが現れた。スパイダーマンと強敵・エレクトロが、3メートル×3メートルの大スケールで究極バトルを繰り広げている。

渋谷パルコ Part1のTOKYO FM横に現れたスパイダーマンのグラフィティアート
渋谷パルコ Part1のTOKYO FM横に現れたスパイダーマンのグラフィティアート

描いたのは世界的に注目を集めるライブペイントデュオ・DOPPEL。DOPPELは2001年にBAKIBAKI(山尾光平)とMON(大山康太郎)が、「個人でもない、社会でもない、『二人』という単位において表現を追求する」をコンセプトに、京都で結成。クラブやフェスでのライブペイントのほか、SONY、NIKE、TOYOTA、Facebookといった企業とのコラボレーションも多く手掛け、アンダーグラウンドとオーバーグラウンドの壁、そして国境さえも超えて活動している。

DOPPEL
DOPPEL

最近では、マクドナルドが世界100か国以上で展開した『FIFAワールドカップ』プロモーション用のフライドポテトパッケージにDOPPELのデザインが抜擢されたことも記憶に新しい(期間は2014年5月27日~7月上旬)。世界12か国のアーティストたちによる12デザインのなかの1つとして採用されたもので、フライドポテトの販売数から換算すると、約1か月間で数億回もDOPPELのデザインが世界中の人々の目に触れた計算になる。

フライドポテトパッケージ写真「Kick the One」by DOPPEL(DOPPEL公式サイトより)
「Kick the One」by DOPPEL(DOPPEL公式サイトより)

愛が憎しみに変わった悶絶の表情も必見

そんなDOPPELが今回挑戦したのが、映画『アメイジング・スパイダーマン2™』のワンシーンを描いた壁画だ。制作は、8月20日~21日の2日間行われ、足を止めて制作中の壁画に見入る歩行者もたくさんいた。


描かれているのは、お馴染みのヒーロー・スパイダーマンと、同映画の敵役であるエレクトロ。もともとエレクトロはスパイダーマンに助けられたことがあるスパイダーマンの大ファンだったが、感電事故が原因で身体から電気を発する超人となってしまった悲劇のキャラクターでもある。愛が憎しみに変わり、スパイダーマンに襲いかかる苦悩に満ちた表情が、壁に描かれたグラフィティアートでもリアルに表現されている。

DOPPEL自身もエレクトロの表情にはこだわりを持って臨んだそうで、主人公のスパイダーマンよりも大きく描くほどの力の入れようだ。山尾は「こんな姿でも、彼は人間なので、悶絶している表情を出せたらと思いました」、大山は「悪役を、がっつり悪い表情で描けたことは、楽しかったですね。悪役があってこその正義の味方、ということを表現したいと思いました。稲妻と人物の顔のバランスも、楽しく考えながら描きました」とコメントした。

制作中のDOPPEL
制作中のDOPPEL

渋谷の街と繋がるために現れた、ニューヨークのヒーロー

今回の壁画制作は、映画『アメイジング・スパイダーマン2™』のブルーレイ&DVDリリースに合わせて実施されたものだが、専用ステッカーをさまざまなものに貼ってオリジナルのバトルシーンを作り、TwitterかInstagramを使って投稿してもらう『スパイディバトルアートコンテスト』の一環でもある。入賞するとスパイダーマン等身大スタチューなどの賞品が贈られるというファン必見のコンテストだ。実際に渋谷に足を運び、DOPPELの壁画からインスパイアを受けてから応募するといいだろう。

『アメイジング・スパイダーマン2™』より
『アメイジング・スパイダーマン2™』より ©2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. Marvel, Spider-Man and all related character names and their distinctive likenesses: TM & ©2014 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All Rights Reserved.

『アメイジング・スパイダーマン2™』より
『アメイジング・スパイダーマン2™』より ©2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. Marvel, Spider-Man and all related character names and their distinctive likenesses: TM & ©2014 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All Rights Reserved.

スパイダーマンと言えばニューヨークの街を守るスーパーヒーロー。クモの糸を使って街を縦横無尽に飛び回り、悪者を倒す姿に劇中のニューヨーカーたちは熱狂している。そんなスパイダーマンが壁画となって現れたのが、日本の若者文化の発信地・渋谷だ。

スパイダーマンはストリートで活躍し、街の人々から愛されているヒーローである。そういう意味では、屋内の展示などではなく、街中にスパイダーマンを登場させることこそが重要なのだ。今回展開されたウォールペインティングの企画は、街とヒーローを結ぶ意図があったと解釈することもできよう。そして、『スパイディバトルアートコンテスト』でファンとの接続を図ることによって、究極バトルを繰り広げるスパイダーマンとエレクトロがより立体的な姿として立ち上がってくる。

ニューヨーカーだけではなく、渋谷の群衆からも愛されるスーパーヒーローになれるかどうか。マクドナルドのキャンペーンのように数億回とまではいかないかもしれないが、いずれにしても渋谷の街を躍動する彼の勇姿を、多くの人が目撃することは間違いないだろう。


イベント情報
『アメイジング・スパイダーマン2™』オフィシャルグラフィティアート

2014年8月22日(金)より公開(終了日未定)
会場:東京都 渋谷パルコ Part1 TOKYO FM左横

リリース情報
『アメイジング・スパイダーマン2™』アメイジング・バトルBOX(初回生産1000セット限定)

2014年8月22日(金)発売
価格:19,224円(税込)
BPBH-782

[DISC1]
・3D本編ブルーレイ
[DISC2]
・2D本編ブルーレイ
[DISC3]
・特典ブルーレイ「シニスター・シックスがやってくる」
[封入特典]
・ スパイダーマン VS エレクトロ特製フィギュア
・ コミックブック(英語版)
・ 特製ブックレット
・ ポストカードセット

『アメイジング・スパイダーマン2™』3Dブルーレイ、2Dブルーレイ、DVD

2014年8月22日(金)発売、レンタル開始
2014年7月25日(金)デジタルセル&レンタル先行配信



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ライブペイントデュオ・DOPPELが渋谷の壁に描いたスパイダーマンと、敵役超人の苦悩

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて