特集 PR

Gotchやゲス乙女が一目置く、THE BED ROOM TAPEの才能

Gotchやゲス乙女が一目置く、THE BED ROOM TAPEの才能

THE BED ROOM TAPE『Undertow』
インタビュー・テキスト
金子厚武

京都のインストバンドNabowaのギタリストである景山奏のソロプロジェクト、THE BED ROOM TAPEが新作『Undertow』を発表した。昨年発表された『YARN』では、indigo la End / ゲスの極み乙女。の川谷絵音の参加が話題を呼んだが、新作にはゲスの極み乙女。からちゃんMARI、さらにはGotchことASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文も参加しているほか、これまでの作品同様に関西の音楽シーンの先輩や盟友たちが数多く関わっている。

なぜTHE BED ROOM TAPEはこうも多くのアーティストから愛されているのか? それはNabowaとしての10年以上に及ぶキャリアが導いたものであることはもちろん、THE BED ROOM TAPEの音楽自体に特別な魅力があるからに他ならない。景山、後藤、ちゃんMARIからのコメントを引用しつつ、その実体を紐解いていく。

ブラックミュージック隆盛の2016年における、次世代プロデューサーの本命?

ブラックミュージックの大波が押し寄せた2015年の日本において、J-POPシーンの主役が星野源であり、インディーシーンの主役がceroであったとするなら、影の主役は長岡亮介とmabanuaだったと言っていいのではないかと思う。星野源の『YELLOW DANCER』に参加し、『紅白歌合戦』でもバックを務めたほか(しかも、椎名林檎とのデュエットでも登場)、自身のバンド・ペトロールズとしても待望のアルバムを発表し、さらにはTHE BAWDIESやReiのプロデュースも手掛けた長岡。一方、Awesome City Club、大橋トリオ、Chara、一十三十一らの作品に関わり、ドラマーとしてもくるりのツアーに参加するなど、活動の場をさらに広げたmabanua。彼らのようなプレイヤー兼プロデューサーの貢献が、シーンの盛り上がりに大きく寄与していたのは間違いない。そして、僕が2016年の活躍に期待したいのが、本稿の主役THE BED ROOM TAPEである。

改めて紹介すると、THE BED ROOM TAPEとは、2014年に10周年を迎えた京都のインストゥルメンタルバンド・Nabowaのギタリストである景山奏のソロプロジェクト。Nabowaというバンド自体、ジャンルの枠にはとらわれない幅広い音楽性を持ったバンドであり、リズム隊の二人、川上優(Dr)と堀川達(Ba)はディスコテイストのWONDER HEADZというユニットでも活動しているが、THE BED ROOM TAPEの音楽性もご多分に漏れず非常にエクレクティック。プログラミングと生演奏を組み合わせ、ジャズ、ヒップホップ、ブレイクビーツ、エレクトロニカなどを自在に横断していく。1990年代後半から2000年代初頭ぐらいのヒップホップ、R&B、ネオソウルなどの再評価が進む今の気分にジャストであり、Nujabesにも通じるメロウなムードは、日本人好みだとも言えよう。

まずは、「THE BED ROOM TAPEに影響を与えているアーティストを1組だけ挙げるとするならば?」という質問を投げてみた。

景山:なかなか難しいですが、1組だけ挙げるなら、韻シストですかね。ヒップホップに全く興味がなかったのに、ライブを観たその日からヒップホップが大好きになりました。全員かっこいいですが、中でもギターのTAKUさんには、ギターのことはもちろん、音楽をやっていく中での人とのコミュニケーションの取り方や、ステージ上での振る舞いなど……あらゆる面で一番影響を受けています。出会いはだいぶ前に神戸のカフェの周年パーティーで対バンしたときです。「こんなにかっこいいギター弾く人いるんや!」と驚いて、次の日さっそくCD屋に行きました。その何年かあとから、ギターを教えてもらうようになって、今でも頻繁に教えてもらっています。

韻シストは1998年に大阪で結成された日本のヒップホップバンドの先駆け的存在で、近年はCharaとのコラボレーションも話題となった5人組。景山の言う「神戸のカフェの周年パーティー」というのは、おそらく2008年5月に行われたカフェ「chelsea」のパーティーで、両者の交遊はここから続いているようだ。そして、景山の敬愛するTAKUも参加したのが、2013年に発表されたTHE BED ROOM TAPEのデビュー作『THE BED ROOM TAPE』。他にも、奇妙礼太郎、児玉奈央、NAGAN SERVERがボーカリストとしてゲスト参加している本作は、ceroがジャズやヒップホップにより傾倒し、その影響下にある若手バンドも育った2016年の耳で聴くと、時代の先を行っていたようにも聴こえる。

THE BED ROOM TAPE『THE BED ROOM TAPE』ジャケット
THE BED ROOM TAPE『THE BED ROOM TAPE』ジャケット

『THE BED ROOM TAPE』はパーソナルな色合いの強い作品であり、ジャケットは景山が幼少期を過ごした公団住宅がイメージされている。児玉が参加した“かいせんとう”は、景山の当時の記憶を基に、児玉が作詞を手掛けた楽曲であった。

Page 1
次へ

リリース情報

THE BED ROOM TAPE『Undertow』
THE BED ROOM TAPE
『Undertow』(CD)

2016年3月9日(水)発売
価格:1,404円(税込)
DDCB-12084

1. Hook
2. 音符の港 feat.Gotch
3. Free feat.BASI
4. 音符の港 feat.Gotch(Uyama Hiroto Remix)

THE BED ROOM TAPE『命の火 feat.川谷絵音/音符の港 feat.Gotch』
THE BED ROOM TAPE
『命の火 feat.川谷絵音/音符の港 feat.Gotch』(アナログ7inch)

2016年1月29日(金)発売
価格:1,620円(税込)
DDKB-91002

[SIDE-A]
1. 命の火 feat.川谷絵音
[SIDE-B]
1. 音符の港 feat.Gotch

プロフィール

THE BED ROOM TAPE
THE BED ROOM TAPE(ざ べっど るーむ てーぷ)

滋賀県生、京都在住、景山奏のソロプロジェクト。2013年、奇妙礼太郎、児玉奈央、NAGAN SERVERがボーカル参加したデビュー作『THE BED ROOM TAPE』が高い評価を獲得。2015年12月、川谷絵音(indigo la End/ゲスの極み乙女。)がボーカル参加した5曲入EP『YARN』をリリース。インストゥルメンタル・バンド、Nabowaのギタリストとしても活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材