コラム

ボウイ、プリンス……2016年に逝去したカルチャー界の50人

ボウイ、プリンス……2016年に逝去したカルチャー界の50人

テキスト
CINRA.NET編集部
編集:佐伯享介

エドワード・オールビー(劇作家、88歳)

1928年生まれ、アメリカ出身。『ピュリツァー賞』を3度、『トニー賞』を2度にわたって受賞しました。1962年に初演された代表作『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』は、66年に映画化され、『アカデミー賞』で5部門を制しました。9月16日逝去。

アンジェイ・ワイダ(映画監督、90歳)

1926年生まれ、ポーランド出身。共産化したポーランド社会を描いた「抵抗三部作」や、連帯運動をモチーフにして『カンヌ国際映画祭』パルムドールを受賞した『鉄の男』などを手掛けました。90年代には、坂東玉三郎を主演に迎えた舞台と映画『ナスターシャ』を制作しました。10月9日逝去。

川島道行(BOOM BOOM SATELLITES / ミュージシャン、47歳)

BOOM BOOM SATELLITES
BOOM BOOM SATELLITES

1969年生まれ、岩手出身。1990年に中野雅之と共にBOOM BOOM SATELLITESを結成し、ボーカルとギターを担当しました。ベルギーのレーベルR&S Recordsからデビューした1997年に脳腫瘍が発見され、数度にわたる再発と手術を経験しながら、音楽活動を続けました。10月9日逝去。

ディラン・リーダー(スケーター・モデル、28歳)

1988年生まれ、アメリカ出身。9歳でスケートボーディングを始め、18歳でプロとしてデビュー。ファッションブランド「DKNY」のキャンペーンに参加するなど、モデルとしても活動しました。10月12日、白血病の合併症で逝去。

肝付兼太(俳優・声優、80歳)

1935年生まれ、鹿児島出身。テレビ朝日版アニメ『ドラえもん』の骨川スネ夫役で知られました。『オバケのQ太郎』『パーマン』『あしたのジョー』など、数々の作品に出演しました。なお日本テレビ版『ドラえもん』では、ジャイアン役を演じました。10月20日逝去。

平幹二朗(俳優、82歳)

1933年生まれ、広島出身。1956年に俳優座入団。五社英雄演出によるテレビ時代劇『三匹の侍』のほか、ドラマ、映画、舞台などに出演。1998年に紫綬褒章、2005年に旭日小綬章を受章しました。長男は俳優の平岳大。10月22日逝去。

中西夏之(美術家、81歳)

1935年生まれ、東京出身。赤瀬川原平、高松次郎と美術家集団「ハイレッド・センター」を結成。街頭や電車、ホテルなどで「ハプニング」と呼ばれる前衛的なパフォーマンスを行ないました。2003年まで東京藝術大学教授。10月23日逝去。

ジャン=ジャック・ペリー(ミュージシャン / 87歳)

1929年生まれ、フランス出身。電子音楽の先駆者の1人。電子楽器「オンディオリン」の演奏家として活動を開始し、Perrey and Kingsley名義で「ディズニー・エレクトリカル・パレード」オープニングテーマのもとになった楽曲“Baroque Hoedown”を発表しました。11月4日逝去。

レナード・コーエン(ミュージシャン・詩人・小説家、82歳)

レナード・コーエン
レナード・コーエン

1934年生まれ、カナダ出身。1967年に『Songs of Leonard Cohen』でシンガーソングライターとしてデビュー。『グラミー賞』特別功労賞生涯業績賞、『グレン・グールド賞』などに輝いたほか、詩人・小説家としても『アストゥリアス皇太子賞』文学部門を受賞しました。11月7日逝去。

りりィ(ミュージシャン・女優、64歳)

1952年生まれ、福岡出身。20歳で歌手としてデビューし、1974年にシングル『私は泣いています』をリリース。女優としても数々のドラマ、映画に活動し、青山真治がプロデュースを務めた現在公開中の映画『はるねこ』にも出演しています。11月11日逝去。

レオン・ラッセル(ミュージシャン、74歳)

1942年生まれ、アメリカ出身。10代前半からキーボーディストとして活動を開始。1970年に発表した楽曲“A Song for You”はCarpenters、レイ・チャールズ、エイミー・ワインハウスなど多数のアーティストにカバーされています。11月13日逝去。

雨宮まみ(ライター、40歳)

1976年生まれ、福岡出身。2011年に著書『女子をこじらせて』を発表。2013年の『新語・流行語大賞』にもノミネートされた、「こじらせ女子」の命名者といわれます。執筆活動に加えて、イベント出演や人生相談など、様々な活動を行ないました。11月15日逝去。

内田繁(インテリアデザイナー、73歳)

1943年生まれ、神奈川出身。照明器具、椅子、茶室といったインテリアデザインを広く手掛けました。2000年に『芸術選奨』受賞、2007年に紫綬褒章を受章。11月21日逝去。

朝本浩文(作曲家・音楽プロデューサー、53歳)

1963年生まれ、福岡出身。1986年から89年までMUTE BEATにキーボーディストとして参加。UAをはじめとする数々のアーティストのプロデュースや、沢田研二、THE BOOMのツアーサポート、DJとして活動しました。2014年に事故にあい、意識不明の状態が続いていました。11月30日逝去。

黒沢美香(ダンサー、59歳)

1957年生まれ、神奈川出身。欧米での活動を経て、1985年に黒沢美香&ダンサーズを設立。2001年からはソロダンスユニット「薔薇ノ人クラブ」で活動しました。日本のコンテンポラリーダンスを牽引し、後進の育成にも積極的に携わりました。12月1日逝去。

黒沢健一(L⇔R / ミュージシャン、48歳)

L⇔R(中央が黒沢健一)
L⇔R(中央が黒沢健一)

1968年生まれ、茨城出身。1990年に弟の秀樹、友人の木下裕晴とバンド・L⇔Rを結成。1998年の活動休止からは、ソロアーティストとして活動していました。2016年10月に脳腫瘍を公表していました。12月5日逝去。

グレッグ・レイク(ミュージシャン、69歳)

1947年生まれ、イギリス出身。King Crimsonに参加し、1969年のアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』ではベースとボーカルを担当。キース・エマーソン、カール・パーマーと共にEmerson, Lake & Palmerとしても活動しました。12月7日逝去。

ジョージ・マイケル(ミュージシャン、53歳)

ジョージ・マイケル
ジョージ・マイケル

1963年生まれ、イギリス出身。本名はヨルゴス・キリアコス・パナイオトゥー。1981年にWham!を結成し、のちにクリスマスソングの定番曲となった“Last Christmas”などを発表しました。1986年の解散後はソロシンガーとして活動しました。12月25日逝去。

Page 3
前へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材