特集 PR

祝『スター・ウォーズ』40年 マニアもうならすクイズ企画が始動

祝『スター・ウォーズ』40年 マニアもうならすクイズ企画が始動

スター・ウォーズ フォース コレクション
テキスト
島貫泰介
編集:野村由芽、山元翔一

A long time ago in a galaxy far, far away…

「遠い昔、遥か彼方の銀河系で……」という、あまりに有名なこのフレーズが映画館のスクリーンに初めて浮かび上がったのは、1977年5月25日のこと。そう、今年、2017年5月25日は『スター・ウォーズ』誕生からちょうど40年という記念すべき1日だ。遠い宇宙を舞台に光と闇の勢力の興亡を描く『スター・ウォーズ』シリーズは、映画、アニメーション、コミック、ゲームなどジャンルを超えて展開し、まるで宇宙そのものとも言える広大な世界観を構築している。

特に、現在進行中の新たな劇場3部作である「シークエル・トリロジー」(続3部作)と、外伝的な内容の「スター・ウォーズ・ストーリー」シリーズは、ルーカスフィルムCEOのキャスリーン・ケネディを中心に、伝統の尊重と、革新的な実験の両面で、意欲的なチャレンジを試みている。『フォースの覚醒』の監督に、もうひとつの人気SFシリーズ『スター・トレック』を手がけたヒットメーカー、J・J・エイブラムスを指名したこと、そして昨年末に公開された『ローグ・ワン』と今年12月に公開の最新作『最後のジェダイ』に、新進気鋭の監督2名(『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズと、『LOOPER/ルーパー』のライアン・ジョンソン)を大抜擢したことは、その証とも言えるだろう。

『スター・ウォーズ』は、古き良き古典作品として安住する怠惰を自らに許さない。2010年代という時代の先端を走る映画。それが『スター・ウォーズ』なのである。本記事ではアプリゲーム『スター・ウォーズ フォース コレクション』にて期間限定で実施されている『スター・ウォーズ』にまつわるクイズを挟みつつ、シリーズの魅力を考えていこうと思う。

※本記事は一部『スター・ウォーズ』シリーズのネタバレを含む内容となっております。また、Episode1~6に関する内容は、編集部およびライターの見解に基づくものです。あらかじめご了承下さい。

SF映画の金字塔的シリーズの始まりは、40年前までさかのぼる

Q1:『エピソード4/新たなる希望』で、ルークが住んでいた星はどこ?

A:タトゥイーン
B:オルデラン
C:ヤヴィン
D:ダゴバ

40年の歴史と膨大なシリーズ作品(と、たくさんの熱狂的なファン)を有する『スター・ウォーズ』に、予備知識もなくぶつかるのは「ちょっと不安なんですけど……」というビギナーもいることだろう。そこで、まずはシリーズの全体像をさくっとおさらいしておこう。

『スター・ウォーズ』を貫くテーマを一言で言えば、それは「光と闇の戦い」だ。地球から遥か彼方の銀河系を舞台とする『スター・ウォーズ』の世界では、さまざまな異星人種による共同国家体「銀河共和国」に起源を持つ正義の「同盟軍」と、共和国を崩壊させた悪の独裁国家「銀河帝国」が長い戦いを繰り広げている。巨大惑星をまるごと消滅させてしまうほどの大規模な宇宙戦争は、科学技術、経済活動に進歩と混乱を引き起こしながら展開していくのだが、じつはこれらはすべて、太古から続く、ある秘密の戦いに起因している。「ジェダイvsシスの戦い」である。

「ジェダイ」とは、神秘的エネルギー「フォース」と、光輝くライトセーバーを用いる、自由と正義の守護者たち。一方、「シス」は同じフォースの力を私利私欲のために用いる、悪と恐怖の信奉者。いわば、闇堕ちしたジェダイである。1977年に公開された『エピソード4/新たなる希望』(この副題は後年つけられたもので、公開時は単に『STAR WARS』だった)は、この光と闇の戦いの重要なターニングポイントになる物語だ。

シスの親玉、皇帝パルパティーンの陰謀によって共和国が崩壊し、その後に建国された帝国による恐怖政治が銀河系を覆う時代。辺境の惑星タトゥイーン(ということで、答えはA)で暮らす少年ルーク・スカイウォーカーは、自分がジェダイになる資質を持つ者であることを知り、口の達者な金色のドロイド(『スター・ウォーズ』における、知性を持つロボットの名称)C-3PO、かわいくも頼りになる樽型ドロイドR2-D2、密輸業を営む腕利きパイロットのハン・ソロと、その相棒でウーキー族(『スター・ウォーズ』に登場する架空の種族)チューバッカ、そしてルークの師匠となるジェダイのオビ=ワン・ケノービとともに宇宙へと跳び立つ。目的は、帝国反撃のための最重要機密を持つとされるレイア姫の救出。しかしルークたちの前には、圧倒的な戦力を有する帝国軍と、黒仮面をかぶった最強にして最凶のシス、ダース・ベイダー(正体は、ルークの父!)が立ちふさがるのだった……。

ダース・ベイダー(『スター・ウォーズ フォース コレクション』より)
ダース・ベイダー(『スター・ウォーズ フォース コレクション』より)(アプリをダウンロードする

『スター・ウォーズ』シリーズの時代を超越した魅力はどこにあるのか?

Q2:『エピソード4/新たなる希望』で、農場を経営していたオーウェンとベルー夫妻のファミリーネームは何?

A:ターキン
B:ラーズ
C:カルリシアン
D:コス

何者でもなかった普通の少年が、神秘の力に目覚め、強大な敵(=父)を打ち倒し、運命のプリンセスを救出し、世界の救世主になる。まるでおとぎ話のようなシンプルすぎる内容だが、『スター・ウォーズ』の魅力は、このてらいのない王道のストーリーにこそある。

いつの時代も、若者たちは、自分への無力感に打ちのめされながら、しかし必ず自分には特別な何かがあるはずだと信じている。最近の日本では、野心溢れるアーティスト志望の若者を「ワナビwww」などと揶揄しがちだが、このピュアな上昇志向は有史以来、地球上のいたるところで共有されてきた普遍的な感情だ。古典と呼ばれる小説や映画、演劇、音楽、あるいは哲学や批評においてすら「自分の才能を世界に認めさせてやる! そして世界を変えてやる!」という、熱い自意識の奔流を感じることができる。

その精神は、最初の『スター・ウォーズ』からも見出すことができる。たとえば、冒頭のタトゥイーンに2つの太陽が沈むシーン。偉大なジェダイとなる運命をまだ知らないルークは、育ての親のラーズ夫妻(答えはB)から今年も家業の手伝いをするよう命じられる。都会に出て行くチャンスを失って意気消沈しながら、夕日を眺める。このあまりにも繊細で感傷的な名シーンを見たアメリカの田舎町で暮らすティーンたちは「このクソッたれな故郷を離れ、いつかはロセンゼルスやニューヨークに行く!」と心のなかで決意したはずだ。

ルーク・スカイウォーカー(『スター・ウォーズ フォース コレクション』より)
ルーク・スカイウォーカー(『スター・ウォーズ フォース コレクション』より)

そして、その感情は『スター・ウォーズ』の創造主であるジョージ・ルーカス監督も間違いなく共有していた。『エピソード4』では旅立ちを、『エピソード5/帝国の逆襲』では劇的な家族の再会、そして『エピソード6/ジェダイの帰還』で英雄の誕生を描いたルーカスもまた、カリフォルニアの田舎でくすぶる青春期を送った人だからだ。ルーク・スカイウォーカーの「ルーク」は、ルーカス本人の愛称にちなんだというのは、有名なエピソードとして知られる。

さて、ここまでは『スター・ウォーズ』シリーズでも特に人気の高い「オリジナル・トリロジー」(エピソード4~6)のお話。「じゃあ、その前のエピソード1~3はどうしたのさ?」と疑問に思う人もいるだろう。当初、ルーカスは『スター・ウォーズ』を全9部作として構想していたのだ。しかし予算や撮影技術の問題から、もっとも映画化しやすいエピソード4から制作に着手することにし、念願だった「プリクエル・トリロジー」(エピソード1~3)の映画化は、1999年にようやくスタートする。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

アプリ情報

『スター・ウォーズ フォース コレクション』

映画『スター・ウォーズ』の世界を舞台に戦うカードゲーム。『スター・ウォーズ』でお気に入りの登場人物やビークルなど合計400枚以上のカードで対戦し、集めるマルチプレイヤーカードバトルアドベンチャー。ダース・ベイダーやルーク・スカイウォーカーをはじめ、『ローグ・ワン』『スター・ウォーズ』シリーズのキャラクターやビークルのカードが続々登場。さらに、スター・ウォーズ7作品と『クローン・ウォーズ』『スター・ウォーズ「反乱者たち」』を題材にした大イベントが定期的に開催中。

料金:無料(アイテム課金制)
推奨環境:iOS 7.0以上(iPhone、iPad および iPod touch)、Android 4.0以上

STAR WARS™ & ©2017 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. ©2017 Konami Digital Entertainment

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像