特集 PR

三浦大知の13年間。これを読めばわかる、ブレイクまでの軌跡

三浦大知の13年間。これを読めばわかる、ブレイクまでの軌跡

三浦大知『BEST』
テキスト
鳴田麻未
編集:矢島由佳子
2018/03/16

三浦大知の13年間のソロキャリアを総ざらい

三浦大知が初のベストアルバム『BEST』を3月7日にリリースし、キャリアを通じてアルバムでは初のオリコン1位を獲得した。本作は、ソロデビュー曲“Keep It Goin' On”から“U”までの全シングル24曲に、CD初収録となるDREAMS COME TRUE提供楽曲“普通の今夜のことを ― let tonight be forever remembered ―”と、新曲“DIVE!”を加えた全26曲入り。

昨年から今年にかけて『NHK紅白歌合戦』『めちゃ×2イケてるッ!』『ミュージックステーション』などメディア露出が急増し注目を集めている三浦だが、ソロキャリアを総ざらいできる作品が絶好のタイミングで放たれた。そこで『BEST』収録曲よりターニングポイントと言える楽曲や語るべきトピックを挙げながら、三浦大知の13年の歩みを振り返ってみよう。

三浦大知
三浦大知

日本にはいなかったーー自ら振付、作詞、作曲を手がける「歌って踊るソロアーティスト」

Folderの活動休止から5年間充電した三浦は、2005年、シングル“Keep It Goin' On”で表舞台に復帰した。その表現スタイルは「歌って踊るソロアーティスト」。これは休業中にUsherのパフォーマンスを見たことから、「1人でR&Bを歌って踊るアーティストは日本にはいない。じゃあ自分がやろう」と影響を受けたという。

最初の転機は2008年、6枚目のシングル“Inside Your Head”だ。20歳の三浦が、初めて全編自ら振付を手がけた。今ではおなじみとなった「コレオビデオ」こと、ダンスバージョンのミュージックビデオが初めて作られたのもこの曲だった。CD+DVD盤のDVDには、ダンスシーンのノーカット映像が本人による副音声付きで収められている。

また、PURIやNOPPOといった現在も一緒に踊っている「DMダンサー」が初参加。ダンスバージョンはもとより、オリジナルバージョンのミュージックビデオも全身を映したカットが多いため、ウェブ上には数々のダンスカバー動画が投稿された。この曲以降、三浦自身が主に振付を考案し、作詞作曲にも頻繁に参加するようになっていく。

三浦大知の歩みを語る上で欠かせない存在、KREVA

ここ数年は、MIYAVI、絢香、黒沢薫(ゴスペラーズ)、SOIL&“PIMP”SESSIONSなど多種多様なアーティストとコラボレーションしてきた三浦だが、今日に至るずっと前から、最も深く濃く関わってきたアーティストといえばKREVAだろう。2009年に“Your Love feat.KREVA”、2011年に“蜃気楼 feat.三浦大知”、2014年に“全速力 feat.三浦大知”と3度コラボ曲を発表し、互いのライブに参加した回数は軽く10を超える。10年近く、フックアップし合いながら双方の活動を刺激してきた兄弟のようなソウルメイトだ(参考記事:三浦大知の進化が止まらない。8年間のKREVAとの共演から言及)。

自分の得意分野に留まらず化学反応を起こしにいくチャレンジ精神や、男気あふれる気質という点において、KREVAと三浦はよく似ている。2012年9月、KREVA主催イベント『908 FESTIVAL』にサプライズ出演した三浦は「来ないわけないじゃないですか!」という殺し文句で登場した。その年の5月に自身の初武道館公演で、KREVAが「俺が来ねえわけねえだろ!」と叫んで出てきたのを、三浦は覚えていたのではないかと思う。こういった盟友との粋なセッションを重ねながら、三浦大知はより強靭で瑞々しいエンタテイナーになっていったのではないだろうか。いつかまた時を経て、さらに高次元に進化した「大ちゃん」「クレさん」のコラボが生まれることも期待したい。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

三浦大知『BEST』(2CD+DVD)
三浦大知
『BEST』(2CD+DVD)

2017年3月7日(水)発売
価格:4,860円(税込)
AVCD-16835/6/B
※ スマプラムービー、スマプラミュージック付き

三浦大知『BEST』(2CD+Blu-ray)
三浦大知
『BEST』(2CD+Blu-ray)

2017年3月7日(水)発売
価格:5,940円(税込)
AVCD-16837/8/B
※ スマプラムービー、スマプラミュージック付き

三浦大知『BEST』(2CD)
三浦大知
『BEST』(2CD)

2017年3月7日(水)発売
価格:3,456円(税込)
AVCD-16839/40
※ スマプラミュージック付き

三浦大知『BEST』収録内容

[CD][DISC A]
1.Keep It Goin' On
2.Free Style
3.Southern Cross
4.No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
5.Flag
6.Inside Your Head
7.Your Love feat. KREVA
8.Delete My Memories
9.The Answer
10.Lullaby
11.Turn Off The Light
12.Two Hearts

[CD][DISC B]
1.Right Now
2.Voice
3.GO FOR IT
4.Anchor
5.ふれあうだけで ~Always with you~
6.IT'S THE RIGHT TIME
7.Unlock
8.music
9.Cry & Fight
10.(RE)PLAY
11.EXCITE
12.U
13.普通の今夜のことを ― let tonight be forever remembered ―
14.DIVE!

[DVD][Blu-ray]
Keep It Goin' On
Free Style
Southern Cross
No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
Flag
Inside Your Head
Your Love feat.KREVA
Delete My Memories
The Answer
Lullaby
Turn Off The Light
Two Hearts
Right Now
GO FOR IT
Anchor
ふれあうだけで ~Always with you~
IT'S THE RIGHT TIME
Unlock
music
Cry & Fight
(RE)PLAY
EXCITE
U
普通の今夜のことを ― let tonight be forever remembered ―
DIVE!

プロフィール

三浦大知
三浦大知(みうら だいち)

1987年8月24日生まれ、沖縄県出身。Folderのメインボーカルとして1997年にデビュー。2005年3月にシングル『Keep It Goin' On』でソロデビュー。天性の歌声とリズム感、抜群の歌唱力と世界水準のダンスで人々を魅了し、コレオグラフやソングライティング、楽器も操るスーパーエンターテイナー。2012年に日本武道館、2013年に横浜アリーナ、2017年には国立代々木競技場第一体育館にて単独公演を大成功させ、ライブの規模も年々拡大させている。ミュージックビデオの祭典『MTV VMAJ』では「ベストR&B賞」を2014年から2017年まで4年連続で受賞し、ヨーロッパ最大の音楽授賞式『2014 MTV EMA』では「ベスト・ジャパン・アクト」に選出されるなど国内外でそのパフォーマンスが高く評価されている。2017年3月、6枚目となるオリジナルアルバム『HIT』をリリース。『第50回日本有線大賞』において「有線音楽優秀賞」を受賞。合わせて『第59回輝く!日本レコード大賞』において「EXCITE」が優秀作品賞を受賞、その年『第68回NHK紅白歌合戦』にて紅白初出演を果たした。2018年1月31日にはワンマンでは初となる大阪城ホール公演、2月14日・15日には2daysでは初となる日本武道館公演を開催。3月7日に、自身初となるベストアルバム『BEST』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像