特集 PR

メジャーデビューしたTRI4THって? SOIL社長や人気作曲家に訊く

メジャーデビューしたTRI4THって? SOIL社長や人気作曲家に訊く

TRI4TH『ANTHOLOGY』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:矢島由佳子

「踊れるジャズ」を体現する音楽性とライブパフォーマンスで人気のTRI4THが、メジャーデビューアルバム『ANTHOLOGY』を11月14日に発表した。

ジャズへの憧れから始まったバンドは、クラブジャズシーンの中でベーシックを形成し、その後にロックへと接近することで、独自のポジションを獲得。現在はもはやカテゴライズ不問であり、より大衆的な存在になり得る可能性を感じさせる。SOIL&"PIMP"SESSIONSの社長、『ANTHOLOGY』のサウンドプロデューサーであるシライシ紗トリ、ウェブマガジン&雑誌『フイナム』の宮崎諒太郎から届いたコメントを交えながら、TRI4THの過去・現在・未来を追った。

「ジャズを知らないジャズバンド」から「踊れるジャズ」へ

「挑戦の歴史」の末の、逆転ホームラン。「TRI4TH、メジャーデビュー」の一報を聞いて、僕の頭にはそんな痛快なイメージが浮かんだ。

そもそもTRI4THは「ジャズに憧れて始まったバンド」だった。最初期からのメンバーであるトランペットの織田祐亮とドラムの伊藤隆郎、2008年に加入したテナーサックスの藤田淳之介は、クラシックやロックをバックグラウンドに持つプレイヤーであり、楽器演奏の技術は高いものの、ジャズに関してはほぼ初心者。また、2009年に加入したベースの関谷友貴はバークリー音楽大学でジャズを学んだものの、TRI4TH以前はエレキベースがメインで、ウッドベースに本格的に取り組んだのはこのバンドが初めて。「ジャズ」というカテゴリーにおいては、ほぼほぼゼロからのスタートだったのだ(参考記事:TRI4THが抱く、反骨精神という名の向上心。挑戦の歴史を語る)。

そんな「ジャズを知らないジャズバンド」を見初め、プロデュースを買って出たのがDJ / プロデューサーとして長く日本のクラブジャズシーンに関わってきた須永辰緒。彼自身、パンク(とヒップホップ)を経由してジャズに傾倒していった経歴があり、当時のTRI4THに親近感を覚えたのかもしれない。主催イベント『夜ジャズ』への出演などを経て、2010年に発表された1stアルバム『TRI4TH』の帯には「踊れるジャズ」と記され、時期ごとにその意味合いを少しずつ変えながらも、今もバンドの代名詞となっている。

その後にメインコンポーザーだった初代のピアニストが脱退し、新メンバーとして竹内大輔を迎えるという最初の転機を経験。2012年にはファーストに続いて須永がプロデュースを担当した2ndアルバム『TRI4TH AHEAD』、翌2013年には初のセルフプロデュースにより、5人のメンバーの個性を凝縮させた初期の集大成とも言うべき3rdアルバム『Five Color Elements』を発表した。

左から:関谷友貴、竹内大輔、伊藤隆郎、藤田淳之介、織田祐亮
左から:関谷友貴、竹内大輔、伊藤隆郎、藤田淳之介、織田祐亮

「背水の陣」からの、活動12年目でのメジャーデビュー

バンドはこの先でも貧欲に変化することを選んだ。伊藤が元・東京スカパラダイスオーケストラの冷牟田竜之率いるTHE MANに参加するなど、各自がプレイヤーとしてさらなる経験を積む中、もともと内包していた多彩な音楽性が、既存の「ジャズ」の枠では収まりきらなくなったということかもしれない。そこで、バンドのリーダーでもある伊藤が目指したのが、2012年に設立され、新たなジャズのシーンをリードし始めたレーベル「Playwright」からのリリースであった。

「現代版ジャズロック」をコンセプトとしたfox capture planを筆頭に、ロック色の強いレーベルカラーが、パンクやメタルを背景に持つ伊藤や関谷にフィットしたのだろう。レーベルコンピレーション『Family』への参加に続き、2015年にPlaywrightから初めて発表されたアルバム『AWAKENING』で、伊藤のプレイはロックドラムへと大きくシフト。結成10周年のベストアルバム『MEANING』を経て、2016年に発表された『Defying』によって、「踊れるジャズ」に加え、「ロック」という新たなカラーを文字通り定義づけた。

しかし、この変化はバンドにとって大きな賭けでもあった。伊藤は過去のインタビューで当時をこんな風に回想している。

伊藤:レーベルが変わるなら、サウンドも一新しようって決めて。ホントに背水の陣というか、「これでダメだったら、もう一回浮上するのは難しいだろう」くらいの思いがありましたね。

(2016年の『JAZZ A GO GO』出演時)僕らとしては、切迫した気持ちもあったんです。もうすぐ10年目なのに、このままじゃダメなんじゃないかって。「アルバムがアッパーな方向にシフトしたのに、パフォーマンスで人を乗せられないまま10年目を迎えるようじゃ解散だな」くらいの気持ち。

冒頭で触れた「逆転ホームラン」のイメージは、こんな時期を通過したからこそなのである。彼らはさらに歩調を早め、2017年には盟友・カルメラとのスプリット『HORNS RIOT』、元・東京事変の昼海幹音らをゲストに迎えた『4th Rebellion』をリリースし、2018年にはテレビアニメ『博多豚骨ラーメンズ』のエンディングテーマにインストながら抜擢された“DIRTY BULLET”をシングルカット。

さらにはメンバーの多彩なルーツを開示したカバーアルバム『Hybrid ROOTS』を経て、11月にアルバム『ANTHOLOGY』で活動12年目にしてメジャーデビューを果たしたのだ。

Page 1
次へ

リリース情報

TRI4TH『ANTHOLOGY』初回生産限定盤
TRI4TH
『ANTHOLOGY』初回生産限定盤

2018年11月14日(水)発売
価格:3,500円(税込)
SECL-2346/7
※紙ジャケット仕様

[CD]
1. Stompin' Boogie
2. Maximum Shout
3. Sand Castle (Anthology ver)
4. Guns of Saxophone (Anthology ver)
5. Freeway (Anthology ver)
6. Green Field (Anthology ver)
7. Hop (Anthology ver)
8. FULL DRIVE (Anthology ver)
9. Volcano
10. DIRTY BULLET
11. Final Call
[DVD]
ドキュメント映像

TRI4TH
『ANTHOLOGY』通常盤(CD)

2018年11月14日(水)発売
価格:3,000円(税込)
SECL-2348

1. Stompin' Boogie
2. Maximum Shout
3. Sand Castle (Anthology ver)
4. Guns of Saxophone (Anthology ver)
5. Freeway (Anthology ver)
6. Green Field (Anthology ver)
7. Hop (Anthology ver)
8. FULL DRIVE (Anthology ver)
9. Volcano
10. DIRTY BULLET
11. Final Call

  • Apple Musicで聴く
  • イベント情報

    『TRI4TH“Shout”Tour』

    2018年12月2日(日)
    会場:福岡県 ROOMS

    2018年12月3日(月)
    会場:広島県 LIVE JUKE

    2018年1月18日(金)
    会場:大阪府 梅田シャングリラ

    2018年1月19日(土)
    会場:愛知県 名古屋 JAMMIN’

    2018年3月15日(金)
    会場:東京都 渋谷WWWX

    プロフィール

    TRI4TH
    TRI4TH(とらいふぉーす)

    2009年3月に、須永辰緒主宰レーベル”DISC MINOR”からアナログシングル『TRI4TH plus EP』でデビュー。2009年11月には、脚本・三谷幸喜、音楽監督・小西康陽ミュージカル『TALK LIKE SINGING』に出演、東京・ニューヨーク公演に参加する等、幅広い活動を展開。ジャズをベースにロックやスカを取り入れた音楽性が高く評価され2017年2月のNISSAN JAZZ JAPAN AWARD『アルバム・オブ・ザ・イヤー』ニュースター賞受賞。ライブではフランス『Jazz a Vienne』、デンマーク『Copenhagen Jazz Festival 2017』をはじめ、2年連続『東京ジャズ』『札幌シティジャズ』等へ出演など国内外のフェスにも出演。2018年11月にはソニー・ミュージックより満を持してフルアルバム『ANTHOLOGY』をリリース。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

    2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

    1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

      映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

    2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

      SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

    3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

      山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

    4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

      Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

    5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

      スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

    6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

      尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

    7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

      宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

    8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

      米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

    9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

      藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

    10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

      石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送