コラム

折坂悠太がたむけた3つの歌。コロナ禍に惑う社会、人々の心へ

折坂悠太がたむけた3つの歌。コロナ禍に惑う社会、人々の心へ

編集
山元翔一(CINRA.NET編集部)

折坂悠太の新曲“トーチ”は、新型コロナウイルスによって揺れる世界の様相を驚くべき精度でキャプチャーしている。この歌は今、どんな意味を持っているのだろうか? 折坂悠太という歌い人は、この歌に何を託しているのだろうか? CINRA.NETでは、折坂悠太関連の取材を手がけてきたライター大石始の力を借りて、合評形式でその核心部分に迫る。

「折坂悠太が“トーチ”でぶち破ったもの。自身の歌と社会との距離を慎重に測っていた彼の選択」テキスト:大石始

2020年4月1日、折坂悠太の新曲“トーチ”が配信限定でリリースされた。この曲は昨年行われた折坂の弾き語りツーマンツアー『折坂悠太のツーと言えばカー2019』にbutajiが参加した際に作られた楽曲で、作詞を折坂が、作曲をbutajiが担当。ツーマンツアー以降も両者のライブでたびたび披露され、音源化が待ち望まれていた楽曲だ。だが、新型コロナウイルスが猛威を振るう現在、この曲は作られた当初と別の意味を持つようになった。<街はもう変わり果てて / 光も暮らしもない夜に / お前だけだ その夜に / あんなに笑っていた奴は>という冒頭のフレーズは、まるでコロナ危機以降に書かれたかのような生々しさがある。

また、今年に入ってからの折坂は新たなバンド編成でのライブ活動を本格化しており、昨年までとは異なるフェーズに入りつつあった。今回はその新バンドとの録音に加え、butajiとの弾き語りバージョンも合わせてリリースされた。“トーチ”にはそのように社会の現状と折坂自身の変化が重ね合わされている。我々の生活が危機に晒されている今、折坂は何を見つめ、何を歌おうとしているのだろうか?

折坂悠太(おりさか ゆうた)<br>平成元年、鳥取県生まれのシンガーソングライター。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。
折坂悠太(おりさか ゆうた)
平成元年、鳥取県生まれのシンガーソングライター。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。

まず、近年の折坂の歩みを整理しておこう。2018年10月、折坂は彼にとって2枚目のフルアルバムとなる『平成』をリリース。各メディアで高い評価を得た。私小説的ともいえるこの作品について、折坂はCINRA.NETのインタビューでこのように答えている。

これまでのアルバムではこの世にいない人や、まだ生まれていない人、もしくは自然に対して歌っているような感覚があったんですけど、今回のアルバムに関してはいま生きている自分であるとか、顔が見える人たちのことを歌おうと思った。
「折坂悠太という異能の歌い人、終わりゆく平成へのたむけを歌う」より

折坂悠太『平成』を聴く(Apple Musicはこちら

ここで折坂が語る「顔が見える人たち」とは、各地をツアーすることで出会った人々のことを指している。それまでの折坂は(宇多田ヒカルが絶賛した“あさま”に象徴されるように)スケッチのように特定の情景を描き出し、過去 / 現代あるいは常世 / 現世という境界線上の歌を紡いでいたともいえる。だが、『平成』においての折坂は実在の他者に向けて歌い、彼らが生きる場所について歌っている。

『平成』というアルバムを初めて聴いたとき、どこか浮世離れたところもあった折坂悠太というシンガーソングライターが、突然生身で目の前に現れたような感覚を覚えたのは筆者だけではないだろう。

折坂悠太『平成』収録曲

2019年3月には“抱擁”“櫂”という2曲を配信でリリース。足元の世界とそこに渦巻くものに言葉を与えた『平成』に対し、軽やかなガットギターのストロークに導かれた“抱擁”と“櫂”は、新たな世界へと飛び立つ希望に満ち溢れている。

同年7月にはドラマ『監察医 朝顔』の主題歌ともなった“朝顔”を発表して一躍その名を広く知られるようになると、松井文、夜久一との「のろしレコード」としてアルバム『OOPTH』をリリース(関連記事:のろしレコードと生活の歌 折坂悠太ら3人が考える、歌とは何ぞ?)。1年を通して振り幅の広い活動を展開した。

のろしレコード『OOPTH』収録曲

今回配信リリースされた“トーチ”は、暗闇に1本の松明を灯すという「希望」についての歌であり、基本的には“抱擁”“櫂”以降の作風に連なるものといえるだろう。だが、これまでと決定的に異なるのは、折坂がここで「社会」を歌おうとしているということだ。

『平成』の段階で折坂は自身の歌や発言が社会性を帯びることに対し、極めて慎重になっていた。実際、先のインタビューでは「僕、Twitterでも政権批判の投稿をする寸前までいくんですけど、最終的にはいつも投稿できないんです。『俺の表現はそこじゃないだろ』という意識がどこかにあるんでしょうね」とも発言している。

だが、この“トーチ”は、ある種の政治性も秘めている。冒頭にも書いたようにこの歌はコロナ危機の前に書かれたものだが、「私」と「お前」「あの子」を巡る物語からは、孤立と分断に対する折坂の意識を伺い知ることもできるだろう。“トーチ”は私たちの半径1メートルの暮らしがそのまま社会と地続きになった世界についての歌であり、ここでの折坂は社会と政治について歌おうとしている。僕にはそう思えてならないのだ。

Page 1
次へ

リリース情報

折坂悠太『トーチ』
折坂悠太
『トーチ』

2020年4月1日(水)配信

1. トーチ
2. トーチ (二人きり) / 折坂悠太&butaji

折坂悠太
『めめ live recording H31.04.03-04』(CD)

2020年3月27日(金)発売
価格:1,500円(税込)
ORSK-009

1. take 13
2. 道
3. 揺れる
4. 荼毘
5. 茜
6. 夜学
7. よるべ

プロフィール

折坂悠太
折坂悠太(おりさか ゆうた)

平成元年、鳥取県生まれのシンガーソングライター。幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。2013年よりギター弾き語りでライヴ活動を開始。2018年10月には2ndアルバム『平成』をリリース、CDショップ大賞を受賞するなど各所で高い評価を得る。2019年7月クールのフジテレビ系月曜9時枠ドラマ「監察医 朝顔」主題歌としてシングル『朝顔』を発表。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで