コラム

『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)

舞台は初動捜査のプロ「機動捜査隊」。1話完結のエンターテインメント

TBS系の新ドラマ『MIU404』の放送が、6月26日からスタートする。

綾野剛と星野源がダブル出演を務め、『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』などの野木亜紀子が脚本を手掛ける本作。当初4月から放送される予定だったものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響による撮影休止にともない延期となっていた。このたびついに放送開始を迎えることとなった。

野木によるオリジナル脚本作となる『MIU404』は、警視庁の刑事部・機動捜査隊、通称「機捜」の臨時部隊として新設された「4機捜」を舞台にした作品だ。「4機捜」の仕事は、街中で起きた様々な事案に対し、24時間以内でできる限りの初動捜査を行なうこと。綾野剛演じる伊吹藍と、星野源演じる志摩一未がバディを組むことを命じられ、4機捜の隊員として数々の事件に対峙していく。物語は1話完結で進む。

タイトルの『MIU404』は「ミュウ ヨンマルヨン」と読み、「MIU」は主人公の2人が所属する機動捜査隊=Mobile Investigative Unitの頭文字、「404」は2人を指すコールサインなのだという。

綾野剛、星野源のメイキング映像

綾野剛×星野源が破天荒バディ結成。共演に岡田健史、橋本じゅん、麻生久美子

  綾野剛と星野源がドラマで共演するのは2017年のドラマ『コウノドリ』第2シリーズ以来。

綾野が演じる伊吹藍は、奥多摩の交番勤務から4機捜の隊員になる。機動力と運動神経がずば抜けた「野生のバカ」という役どころで、機捜経験がなく、刑事の常識にも欠け、考える前に身体が動いてしまうタイプだ。

一方、星野演じる相棒の志摩一未は、観察眼と社交力に長けるが、自分も他人も信用しない理性的な刑事。捜査一課からある事情で異動となって4機捜に所属する志摩は、隙あらば暴走する伊吹に振り回されることとなる。

 

彼らを取り巻く4機捜の面々たちもバラエティーに富んでいる。伊吹と志摩に加えて「もうひとつのバディ」となるのが、岡田健史演じる九重世人と橋本じゅん演じる陣馬耕平だ。『中学聖日記』以来のTBSドラマ出演となる岡田が扮する九重は、警察庁幹部の父をもつキャリアの新米。橋本演じる陣馬は4機捜のベテラン班長で、九重の面倒を見るためにバディを組む。

また彼らを束ねる機動捜査隊隊長の桔梗ゆづる役を麻生久美子が演じる。桔梗は警察署長を経て女性初となる機捜の隊長に任官。1機捜と4機捜の隊長を兼任することになるというキャラクターだ。

さらに「特派員REC」を名乗る「ナウチューバー」役に渡邊圭祐、第1機捜隊員の糸巻貴志役に金井勇太、刑事部のトップ・我孫子豆治役に生瀬勝久がキャスティング。第2話のゲストとして『スカーレット』の主人公の夫・八郎役が記憶に新しい松下洸平が出演することも明らかになっている。

 

野木亜紀子×新井順子×塚原あゆ子『アンナチュラル』チームが再集結。どんな「刑事ドラマ」になる?

脚本の野木亜紀子はドラマ『空飛ぶ広報室』、『逃げるは恥だが役に立つ』でそれぞれ綾野剛、星野源とタッグを組んでいる。また本作のプロデュースを務めるのは『中学聖日記』、『わたし、定時で帰ります。』といった人気作を手掛ける新井順子、監督は同じく『中学聖日記』や『グランメゾン東京』などの演出を務めている塚原あゆ子。野木、新井、塚原は『アンナチュラル』以来の再タッグだという。

綾野剛、星野源のインタビュー映像

『アンナチュラル』は不自然死究明研究所(UDIラボ)という架空の研究所を舞台にした法医学ミステリーだったが、毎回の謎解きもさることながら、UDIラボのメンバーたちのキャラクターや掛け合いも魅力だった。『MIU404』でも個性豊かな4機捜の面々による会話劇やそれぞれの関係性も見どころのひとつとなりそうだ。

また定番のジャンルであり、近年「医療ドラマ」と並んで数多くの作品が同時期に放送されている「刑事ドラマ」というフォーマットのなかで、本作がどのような作品に仕上がっているのかも注目したい。プロデューサーの新井は制作発表時のコメントで「この作品は、警察ドラマを越えたエンターテインメント作品になると感じています」「幾多の警察ドラマがあるなかで、『2020年の今だからこそ描けるものは何か?』『このチームだからこそ作り出せるものは何か?』 より高いエンターテインメントを求め、スタッフ・キャスト一丸となって製作しています」と述べていた。

脚本の野木も「刑事モノが乱立するドラマ界にこれ以上刑事ドラマを増やしてどうするんだ。しかし新井Pがどうしてもやりたいのだという。幸いこのチームには塚原あゆ子という名演出家がいて、素晴らしい二人の役者が参戦してくれた。私にできることは、みなが安心して打ち込める、脚本という名の設計図を用意することだけだ」とコメントしている。

主題歌は米津玄師“感電”

さらに本作の主題歌を手掛けるのは米津玄師。2018年を代表する楽曲となった“Lemon”に続いて、『アンナチュラル』制作チームと再タッグを組む。

『アンナチュラル』では物語の内容に寄り添うように主題歌が流れ、相乗効果で作品を盛り上げた。『MIU404』の主題歌“感電”はドラマの初回放送時に初公開となる。

多くのファンを生んだ法医学ミステリーから一転、破天荒なバディが活躍する「機捜エンターテインメント」となる本作。延期を経てようやく届けられる第1話は、6月26日22:00から15分の拡大スペシャルとして放送される。

『MIU404』特別映像

Page 1

番組情報

『MIU404』

2020年6月26日(金)22:00〜TBS系で放送
演出:塚原あゆ子、竹村謙太郎、加藤尚樹
脚本:野木亜紀子
音楽:得田真裕
主題歌:米津玄師“感電”
出演:
綾野剛
星野源
岡田健史
橋本じゅん
麻生久美子
ほか

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信