コラム

テイラー・スウィフト『folklore』 異色な新作が「伝承」するもの

テイラー・スウィフト『folklore』 異色な新作が「伝承」するもの

テキスト
辰巳JUNK
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

コロナ禍の隔離生活中に制作。ソングライターとして自身に向けられつづけた「懐疑の目」を一掃してみせた『folklore』

「先はまだまだ長い だって私たちは老けた女性アーティストが捨てられる世界で生きてる」「もうすぐ30歳になるし 諦めたくない 世間が私を成功者だと見てくれているうちにね」(映画『ミス・アメリカーナ』より)

この言葉が、2018年ごろテイラー・スウィフトから発せられたのだから驚きだ。彼女がおさめた成功は説明不要だろう。2010年代アメリカでもっとも売れた米国人アーティストであることはほぼ間違いないし、多くのアワードトロフィーも手にしてきた。それにもかかわらず、女性であるがゆえに「30歳になる今が最後のチャンス」と断言したのだ。

『ミス・アメリカーナ』での発言はおもに政治観を公表する決意にまつわるものだったが、テイラー・スウィフトは、性別によって過小評価される問題も幾度となく語ってきた。たとえば、2019年の『ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード』にてウーマン・オブ・ザ・ディケイド部門を獲得した際のスピーチでは、成功した女性アーティストは常に「懐疑の目」を向けられるとして、音楽業界の性差別を批判している。交際したセレブリティの恋人にまつわる感情も描く自叙伝的ソングライトによってゴシップメディアも騒がせてきた彼女が、このスピーチに登場する「彼女が成功したのは男性プロデューサーやレコード会社の戦略のおかげ」といった声を浴びせられつづけたことは想像に難くない。

2020年1月にNetflixで配信されたテイラー・スウィフトのドキュメンタリー『ミス・アメリカーナ』予告編

そんな「懐疑の目」をはねのけながら成功を手にしたテイラー・スウィフトは、冒頭の発言をなぞるかのように、30歳となった2020年、大きなキャリアシフトを行ってみせた。自主隔離中に創作した8thアルバム『folklore』をサプライズリリースし、キャリア史上最高と言えるメディア評価を獲得してみせたのだ。

The Nationalのアーロン・デスナーと盟友ジャック・アントノフを制作陣に、Bon Iverのジャスティン・バーノンをコラボレーターに迎えた今作は、インディロックに接近するアコースティックなサウンドに寄っており、ポップスターの常道とされる「キャッチーなポップサウンド」から離れたものだった。インディ的な音もつくれることは2011年の楽曲“Safe & Sound feat.The Civil Wars”時点で証明済みだったものの、アルバム丸ごと突き通したインパクトは大きい。何より、『The Rolling Stone』のロブ・シェフィールドによる惜しみなき賛辞にあるように、作家としての成熟と新境地と示すクリエーションが渦巻いていた。「テイラーのこうしたアルバムを夢見てきた人々は存在してきたが、そのうちの誰も、これほどまで偉大な作品になるとは夢にも思わなかっただろう。彼女の最高傑作だ」。米国音楽史が誇る伝説的な男性シンガーソングライター、ブルース・スプリングスティーンと彼女を比較する評論まで出てきている。『folklore』は、そのインパクトをもって「ソングライターとしてのテイラー・スウィフト」に寄せられる「懐疑の目」を一掃してみせたのだ。

テイラー・スウィフト
テイラー・スウィフト

これまでの自叙伝的アプローチとは異なる、多様なキャラクターの目線に立つ歌詞。実在の女性の物語と自身をリンクさせた曲も

自主隔離下、本人いわく「想像力の暴走」によって制作された『folklore』が「新境地」と捉えられた一因には、これまでの自叙伝的アプローチとは打って変わった、さまざまなキャラクターの目線に立つリリックがある。従軍する自身の祖父から恋する青年までよりどりみどりだが、わかりやすい例は、実在した故人を描く“the last great american dynasty”だろう。本曲の主人公レベッカ・ハークネスは、1915年アメリカに生まれ、離婚歴がありながら大富豪の男性と結婚したことで物議を醸した女性である。

ただ、『folklore』の詞の面白さは、やはりテイラー・スウィフトという作家から生まれたところにある。“the last great american dynasty”にしても、テイラー自身の存在が見て取れる。曲中に登場するロードアイランドの「ホリデーハウス」とは、かつてレベッカが住んだ家で、現在の所有主はテイラーその人だ。引っ越した際に近隣住民から反発を受けたこと、「男とつき合っては別れるふしだらな女」と非難されてきたことなど、2人が重なるトピックは複数指摘されている。さらに、レベッカを通して示された「バッシングをものともせず闊歩していく女性像」というのは、テイラーが長らく表現してきたイメージと言える。

テイラー・スウィフト“the last great american dynasty”リリックビデオ

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

テイラー・スウィフト『folklore』
テイラー・スウィフト
『folklore』

2020年7月24日(金)配信

1. the 1
2. cardigan
3. the last great american dynasty
4. exile (feat. bon iver)
5. my tears ricochet
6. mirrorball
7. seven
8. august
9. this is me trying
10. illicit affairs
11. invisible string
12. mad woman
13. epiphany
14. betty
15. peace
16. hoax
17. the lake

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性