コラム

IUの変化と確かな信念。「年齢シリーズ」と最新作から紐解く

IUの変化と確かな信念。「年齢シリーズ」と最新作から紐解く

テキスト
菅原史稀
リード文・編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

韓国で大衆的な知名度と人気を誇るスターであるIU。1993年生まれの彼女は、15歳でデビューし、すでに10年以上のキャリアを持つ。韓国ドラマファンの間では、『ホテルデルーナ~月明かりの恋人~』『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』といった作品への出演でその名を記憶している人も多いかもしれない。是枝裕和監督が韓国で手がける新作映画にも、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナと並んでキャストに名を連ねている。

G-DRAGON(BIGBANG)、SUGA(BTS)、ジョンヒョン(SHINee)など他のアーティストのコラボも多く、日本のK-POPファンの間でも広く愛されている彼女だが、マルチな活動もあってかそのアーティスト像の輪郭を掴むことは容易ではない。本国で高い人気のある同年代のK-POPアーティストと比べて、日本で詳細に紹介される機会が少ないのも事実だろう。今回はIUが20代の集大成とも言える新アルバム『LILAC』をリリースしたことを機に、「年齢シリーズ」と呼ばれる過去作と最新作に光を当てながら、IUのアーティスト像に菅原史稀が迫る。

(メイン画像:IU公式Instagramより)

俳優としても活動し、同業者からの支持も高いマルチエンターテイナー、IU

2008年のデビュー以来、本国で老若男女から絶大な支持を受けながらK-POPシーンの第一線を10年以上にわたって走り続けているアーティスト、IU。同業者からの支持も厚く、若手アイドルからベテラン俳優まで活躍分野や性別・キャリアを問わずIUのファンであることを公言しリスペクトを寄せる芸能人が後を絶たない。

その一方で目を引かれるのは、「国民的歌手」として高い大衆的な人気を集めるIUの、とらえどころのない複雑な側面だ。

多様な音楽ジャンルを行き来しながら絶えず作品性を変移させてきたシンガーソングライターであり、また音楽活動のほか演技の分野でも活躍するマルチエンターテイナーである彼女に対し、筆者を含む多くの人は強く惹き付けられながらも、いざその魅力を簡潔に語れと言われると深く考え込んでしまう――IUとはそんな歌手であると思う。

俳優としても活躍するIUが『パラサイト』のイ・ソンギュンと共演したドラマ『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』

またIUの抱える複雑性というのは、わざわざ受け手を混乱へと導くような難解さに起因するものではない。単純化したわかりやすいラベルに収斂されることを拒むような、繊細で多面的な表現が、多様なファンに訴えかけるような魅力を形作っている。そしてその魅力こそ、「私とあなたが音楽で1つになる」という意味が込められた名を持つIU(I&YOU)のアーティスト像へと結実しているのではないだろうか。

そんなIUが(韓国で用いられている数え年で)29歳を迎える今年、リリースしたのは『LILAC』という彼女らしいタイトルが冠されたフルアルバムだ。春、紫に咲きほこるライラックの花は、5月生まれで紫色を愛するIU自身の姿を表しているのもさることながら、「青春の思い出」という花言葉を持つことが重要なポイントとなっている。

彼女はこれまで「年齢シリーズ」と呼ばれる一連の楽曲群を通じ、その時々の自分自身の姿を作品に刻んできた。『LILAC』というタイトルからは、29歳のIUが、自らの20代における集大成を本アルバムを通じて表したのだということが伝わる。

本稿では、過去の「年齢シリーズ」の歌詞に表された「私」と最新作『LILAC』に示された彼女の「青春の思い出」を紐解くことで、繊細な変化を続けながら大衆の心を掴んで離さないIUの不思議な魅力に迫りたい。

IU“Celebrity“MV。『LILAC』の先行曲として2021年1月に配信された

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性