コラム

ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

テキスト
西森路代
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

国立天文台のドキュメンタリーでも描かれた「理念と財政」のジレンマ

研究と資金の問題については、実際に研究や芸術の分野で議論されている話であり、2019年度『ギャラクシー賞』テレビ部門大賞、 2020年『日本民間放送連盟賞』番組部門・テレビ教養番組優秀賞を獲得した信州テレビのドキュメンタリー『カネのない宇宙人 閉鎖危機に揺れる野辺山観測所』でも大いに指摘されていた(ちなみにこの番組はHuluで現在も配信されている)。この番組について、しばし説明させてほしい。

番組によると、国は「選択と集中」のスローガンのもと、「すぐに金になるもの、すぐに役にたつもの、すぐに答えの出るもの」を重視する改革を行い、国立大学や研究機関をサポートする運営費交付金の支給を、2005年度以降、毎年1%ずつ減らしているという。

『カネのない宇宙人 閉鎖危機に揺れる野辺山観測所』を再編集版したもの

国立天文台・野辺山宇宙電波観測所の所長は、宇宙のロマンに魅せられ、研究の楽しさを後進に教える立場であるが、交付金が年々減らされた結果の財政難により、観測所の責任者として、稀少な発見をした非正規の研究者の雇用契約を延長できなかったりと、日々、苦渋の選択を強いられていた。

そして、2019年、国立天文台が軍事研究を検討するというニュースが報じられた。助成される研究資金が大きく、財政がひっ迫している観測所や研究者は揺れるが、所長はこれまで「平和を脅かす軍事研究はやらない」という立場を示してきた観測所の誇りをかけて、抵抗する意思を示す。番組は、観測所はこれからも「お金」のことを考えないと運営が困難な、さらに厳しい局面を迎えているとわかる結末になっていた。

『カネのない宇宙人』で観測所が直面する研究とお金の問題や、理念と財政の問題は、『ここぼく』で帝都大学が置かれている状況と通じるものがある。『ここぼく』を見て『カネのない宇宙人』のことを思い浮かべたのは、共通する危機感をリアリティーをもって感じられたからだろう。

「どんなに嫌でも病名を知らなきゃ治療だって始まらない」

これだけでなく、『ここぼく』は、コロナ禍とオリンピックの問題にも重ねられる展開になっている。

ドラマの終盤には、帝都大学の希少生物研究センターから流出してしまった蚊が原因で、刺された人にアレルギー反応が起こり、最悪の場合、命を落とす可能性があるという事件が起こる。これによって、大学が威信をかけて行う『次世代科学技術博覧会』という大イベントの開催も危ぶまれてしまう。この流れは、新型コロナとオリンピックの関係性を思わせる。

このドラマでは結局、総長(松重豊)が大学から蚊が流出した事実を認め、公表することで組織の改革を図るという結末を迎えた。

もちろん、そこには、総長の決断をはばもうとする人たちがたくさんいた。大学の理事会は、事実を認めようとせず、流出が明るみに出ては大学の責任を問われると、総長の決断を止めるのに必死であるし、『次世代博』を推し進める市長は、市への経済波及効果を重要視し、事実を隠蔽しようとする。蚊の流出を疑われている研究室の教授は、証拠となる蚊をすでに処分していた。

しかし、総長は自分が責任を問われることをいとわず、真実を公表した。ただ非を認めるだけでなく、蚊の徹底的な駆除と、アレルギーに対しての医学的な解決方法も示す。すぐに役に立つわけではない研究を続けてきた研究者たちと、少々手荒なことをしつつもつきとめたエビデンスの存在が事態を解決する重要な役割を担ったのだ。

総長の決断の後押しをしたのは、木嶋みのりが物語の前半で言っていた「どんなに嫌でも病名を知らなきゃ治療だって始まらないじゃん」という言葉だ。どんなにトップの人間に責任がかかろうとも、組織や国に巣食う「腐敗」の大元を認めなければ、何事も解決には向かわないのである。

この総長の姿勢は、単純に言ってみれば、いまの日本にもっとも必要なことではないだろうか。総長の行動は、神崎が大事にしていた「好感度」とは対極のものである。本作を最後まで見てみると、当初、何も持たない神崎の身を守る手段であったはずの「好感度」が、真実を隠蔽する手助けをしてしまうことや、必ずしも身を守ってはくれないということが示されている。

現実の世の中は、目に見えるよりも「複雑」

本作の結末が、「ドラマらしく」腐敗した組織の膿がすべて出し切られて、リーダーが責任をとり、問題は山積ながらも、きっとこれからは少しずつでもよくなっていく、というような世界を示したことに対して、いささかうまくまとまりすぎた印象があるのは否めない。

ドラマの最後は「相変わらず世界は複雑」というナレーションで締め括られるが、そう言わなくてはならなかったのは、実際の世の中では組織の腐敗を認めることもできず、問題が明るみに出ていても、対処されていないということが大きいのかもしれない。そういう意味では、われわれの生きている社会にはフィクションよりもつらい現実がある。

『ワンダーウォール』が放送された時と比べて、『ここぼく』が放送された現在は、社会のさまざまな問題について、その根源が少しずつ明らかになってきている。

しかし、それをリーダーや責任者が認めるとこまではいかず、そこには、まだまだ見えない壁が存在している。エビデンスが明確になってもそれがシュレッダーにかけられてしまうような世の中だ。だからこそ、世の中が目に見えるより複雑であることを、われわれは常に忘れてはいけないのではないだろうか。

Page 2
前へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る