コラム

『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

テキスト
辰巳JUNK
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

いま「新時代の女性たち」が描く「完璧でない女性」の物語が、広い層に受容されている

なにより『プロミシング・ヤング・ウーマン』の牙が研ぎ澄まされているのは、劇中の女性像かもしれない。本作について観客のあいだでもっとも賛否──言ってしまえば拒否感──も呼んだ要素のひとつは、フェネルいわく「ほとんどの場合正しくも優しくもない」主人公キャシーのキャラクター造形だろう。フェミニズムヒーローとして人気を博す映画キャラクターが珍しくなくなった近年の状況のなかで、監督はこうも説く。

「私たち(ストーリーテラー)が陥りがちなのは、すべての女性が強くエンパワメントされた存在でいなければならない、彼女たちのストーリーにはカタルシスが必要である、といったアイデアによって、正直になれなくなることです」(※4)

『プロミシング・ヤング・ウーマン』 ©2020 Focus Features
『プロミシング・ヤング・ウーマン』 ©2020 Focus Features

コメディーやレイプ・リベンジといったジャンルの破壊を志した『プロミシング・ヤング・ウーマン』は、展開を二転三転することで、ハリウッド式フェミニズムストーリーの定型からもズレた場所に向かっていく。

「現実がポップカルチャーに押し寄せていく」とも評されたフェネル監督の型破りなスタイルに先見性を見出したのが、主演のキャリー・マリガンである。アメリカの映画メディア「DEADLINE」のインタビュー(前述※2)で、フェネル、そして彼女とドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』シーズン2を制作した盟友フィービー・ウォーラー=ブリッジ、さらにドラマ『I May Destroy You』(日本未放送)のミカエラ・コールの3名のイギリス人クリエイターを、リアルでねじれたダークユーモアを持つ「新時代の女性たち」と定義したマリガンは、それぞれの「新鮮な視点で女性を描く物語」が広い層に受容されている状況を指摘している。

「いま、たくさんの人々から支持されているのが、完璧な存在ではなく、完璧に見せようともせず、完璧に振る舞おうともしない、そんな女性たちの物語なのです。女性向け、フェミニスト向け、ニッチ層向け、といった限定的な人気ではなく、本当に、みんなが……みんなが(フィービーによるテレビドラマ)『フリーバック』を大好きになりました。バラク・オバマですら!」(※同上)。

『フリーバッグ』シーズン2予告編

米国でも話題を巻き起こしたドラマ『フリーバック』は『エミー賞』を受賞し、『プロミシング・ヤング・ウーマン』は『アカデミー賞』に届いた(参考:フィービー・ウォーラー=ブリッジとは?『フリーバッグ』生んだ新たな才能)。マリガンの言う通り、既存ジャンルを破壊するような「新時代の女性たち」の物語は、それら自体が新たなジャンルを形成していくかもしれない。

「有望な若き女性」を意味するタイトルと、現実のエリート男子学生による性暴力事件

さまざまな議論を呼んだ『プロミシング・ヤング・ウーマン』は「有望な若き女性」を意味するタイトルでも関心を集めた。もともと、アメリカでは「プロミシング・ヤング・マン(有望な若者、有望な若き男性)」のほうが一般的に耳慣れした言葉だったのだ。

「プロミシング・ヤング・マン」は、医大を中退した女性が性暴力にまつわる復讐を行う本作のテーマとも近しいイシューで用いられるワードでもあった。このフレーズは、現実に起こった性暴力事件の加害者および被疑者となったエリート男子学生への擁護としても使われてきたのである。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』 © Focus Features
『プロミシング・ヤング・ウーマン』 © Focus Features

たとえば、2012年にアメリカ・オハイオ州で起きたスチューベンビル高校強姦事件で加害少年に実刑判決が下された際、CNNのリポーターはこのようにコメントしている。「フットボールのスター選手で、優秀な生徒である将来有望な2人の若者(these two young men that had such promising futures)の人生の崩壊を目前にするのは、私のような部外者でも直視しがたいものです」。

こうしたエリート加害者側を擁護するようなメディアなどのスタンス、さらには豊富な資金を持つ者が有利となりやすい司法システムに対する批判は、2010年代中盤より拡大していく。大きなきっかけとなったのは、オリンピック選考会にも出場したスタンフォード大学の水泳選手ブロック・ターナーの性的暴行事件、そして、その判決がわずか禁錮6か月に終わったことだ。

この後、2017年頃からセクシャルハラスメント被害者が声をあげていく#MeTooムーブメントおよび性暴力被害撲滅を訴える#TimesUp運動が活性化したわけだが、2019年には、ニュージャージー州判事が、未成年間の性暴力事件の被告少年について「子どもを優秀な学校に入れる良い家庭の出自」であり「良い大学へ進学する可能性が高い若者」(※5)だとして厳しい法律の適用を避け、検察側に「被害者とされる少女とその家族に少年の人生が破壊されてしまうリスクを説くべきだった」旨を主張する事案も起きている。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』 ©2020 Focus Features, LLC.
『プロミシング・ヤング・ウーマン』 ©2020 Focus Features, LLC.

フェネル監督によると、本作のタイトルにおいて、こうした加害者擁護ニュアンスの「プロミシング・ヤング・マン」という言葉は意識されていなかったという。つまるところ「現実がポップカルチャーに押し寄せていく映画」と評された『プロミシング・ヤング・ウーマン』は、その構造により、作り手すら考慮に入れていなかった現実社会の不条理な事象をも噴き上がらせたと言える。

『アカデミー脚本賞』受賞によって「#MeToo以後のオスカー映画」と謳われた『プロミシング・ヤング・ウーマン』だが、同ムーブメント活性後にも「有望な若き男性」を根拠とする判決が公然と行われている現実を踏まえれば、その存在は、少なくともアメリカ合衆国において──おそらくは世界中の多くの場所においても──「いま現在の映画」そのものなのではないだろうか。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』予告編

※1 'Promising Young Woman' Debuts at Sundance With Great Reception - Variety
※2 Emerald Fennell & Carey Mulligan On ‘Promising Young Woman’ – Q&A – Deadline
※3 'Promising Young Woman': Hidden Details You Might Have Missed
※4 ‘Promising Young Woman’ director Emerald Fennell breaks down three standout scenes | Features | Screen
※5 Teenager Accused of Rape Deserves Leniency Because He’s From a ‘Good Family,’ Judge Says - The New York Times

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 2
前へ

作品情報

『プロミシング・ヤング・ウーマン』
『プロミシング・ヤング・ウーマン』

2021年7月16日(金)からTOHOシネマズ 日比谷、CINE QUINTOほか全国で公開

監督・脚本:エメラルド・フェネル
出演:
キャリー・マリガン
ボー・バーナム
アリソン・ブリー
ほか
上映時間:113分
配給:パルコ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで