特集 PR

天国も地獄も表裏一体? KIKIと行く禅の宇宙『白隠展』

天国も地獄も表裏一体? KIKIと行く禅の宇宙『白隠展』

内田伸一
撮影:西田香織
2013/01/22

時代を超えて―「理解」ではなく「伝わる」何か

展覧会を見終えたKIKIさんに、改めて白隠の書画に感じた魅力を伺いました。

KIKI:これだけの作品を初めて一度に観ることができて、とても有意義だし、何より楽しかったです。最初は、自分が日本人なのにまだまだ日本のことを知らない、それは恥ずかしいという想いもありました。でも実際に体験すると、時代や文化を超えて伝わってくるものがある。それは理解できる / できないという話ではなく、何を感じとれるかだと思います。受け取る側に意思があれば気付くし、なければただの絵かもしれない。だからなのか、白隠さんの作品は深い思想が詰まっているのに、押し付けがましくないのも格好いいですよね。

『百寿福禄寿』普賢寺(山口県)
『百寿福禄寿』普賢寺(山口県)

白隠の絵にある、広く人々を引き込む工夫も、KIKIさんの心に強い印象を残したそうです。

KIKI:こちらの先入観を裏切ったり、「これって何?」とまず観る側を立ち止まらせ、考えさせる。そういう術もすごく巧みだなと感じました。きっと、そうやって庶民も禅の世界に入っていけるようにしたのでしょうね。さらに自身が考案したという「隻手の声」(「両手を叩けば音がするが、片手ではどのような音がするか。それを聞いて来い」という禅問答)のように、唯一解があるわけじゃないもの、高尚なテーマも絵を通して心に響くから、自らに当てはめて考えられる。親しみやすいけれど、深い世界でもあるのが素敵だと思いました。

『隻手』久松真一記念館
『隻手』久松真一記念館

なお、白隠の研究では今後さらに解き明かされていくべき分野もあるようです。例えば、我流かつ孤高の画業を成した白隠が、曾我蕭白や伊藤若冲など後の名画家たちに与えた影響も少なからずあるのではというのが山下先生のお考え。KIKIさんも「自画像や彫像から見ても白隠はちょっと斜視気味だったようで、それが迫力ある描写にも関係しているのでは、という山下先生のご意見もすごく興味深いです」と話してくれました。

最後に改めて、KIKIさんのとらえた「白隠さん」のイメージを聞くと、こんな答えが返ってきました。

KIKI

KIKI:最初は何かこう、のらりくらりした人かなという勝手な印象もあったんです(笑)。実際は技術もあって、厳しい修行を経た後にあの表現に辿り着いている。絵を盛んに描いたのも60代以降だそうですね。でも、必ずしもそうした事を観る側が知らなくてもいいと思うんです。積み重ねてきたものによって描いた絵だから、人の心を自然とつかむ。晩年もすごく素敵な人だったのでしょうね。一見すごく頑張ってる風には見えないんだけど、そういう次元を突き抜けたのだろうなって。だからやっぱり、私にとっての白隠さんは「そうあってほしい」「自分もそうなりたい」との気持ちも込めて、格好いい「のらりくらり」ですかね(笑)。

 

1日200万人以上が乗降する渋谷駅近くで、自らの書画が21世紀の人々に楽しまれている光景。白隠がこれを知ったらどんな事を思うのでしょうか。KIKIさんはこれから観に行く人に向け「予習したりするのもいいですが、それよりまずは山下先生の言葉のように『連れて帰りたいな』と思えるくらい好きな作品を自分の感性で探してみるとよいのでは」とメッセージをくれました。暗闇から浮かび上がるギョロ目の達磨さん、またはユーモラスなすたすた坊主に引き寄せられて白隠世界の扉を叩いたら、明日の指針になる1枚の絵が見つかるかもしれません。

Page 4
前へ

イベント情報

白隠展 HAKUIN 禅画に込めたメッセージ

2012年12月22日(土)〜2013年2月24日(日)
※2013年1月22日(火)から、一部作品の展示替えを予定
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraザ・ミュージアム
時間:10:00〜19:00(入館は18:30まで)、毎週金、土曜日21:00まで(入館は20:30まで)
休館日:なし
料金:
当日 一般1,400円 大学・高校生1,000円 中学・小学生700円
団体 一般1,200円 大学・高校生800円 中学・小学生500円

プロフィール

KIKI

1978年東京生まれ。モデル、女優。武蔵野美術大学建築学科在学中からモデル活動を開始。雑誌やTVCM、連載などの執筆、ラジオのパーソナリティやアートイベントの審査員など多方面で活動中。2004年、塚本晋也監督作品『ヴィタール』で女優としての活動をスタート。MBS系連続ドラマ『漂流ネットカフェ』でのヒロイン役として出演。現在は『NHK高校講座芸術-美術』の司会、日テレ系『ゆっくり私時間-my weekend house-』に出演中。近著に『山スタイル手帖』(講談社)、『美しい教会を旅して』(マーブルトロン)、『山・音・色』(山と渓谷社)など。雑誌『OZmagazine』(スターツ出版)の表紙と巻頭モデルを2009年より務めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子