特集 PR

日本一有名なプールからの10年『レアンドロ・エルリッヒ』展

日本一有名なプールからの10年『レアンドロ・エルリッヒ』展

坂口千秋
撮影:佐々木鋼平

「まちに開かれた公園のような美術館」を建築コンセプトに2004年に誕生した金沢21世紀美術館も、今年で10周年。妹島和世と西沢立衛による建築家ユニットSANAAが設計した丸いガラス張りの建物は、今日も変わらず多くの来場者で賑わっていますが、中でも最も人気の恒久展示作品が、入口(本多通り口)正面の中庭にある『スイミング・プール』です。通称「レアンドロのプール」と呼ばれるこの作品は、ひょっとしたら日本で一番SNSでシェアされているアート作品? と思われるほど、人々に広く親しまれています。そして5月、この超ポピュラーな作品の作者、レアンドロ・エルリッヒの個展『レアンドロ・エルリッヒ ―ありきたりの?』がスタートしました。レアンドロっていったいどんな人? なぜこんな作品を作っているの? 意外と知られていなかったレアンドロ・エルリッヒの全貌が、とうとう明らかになります!

あの、レアンドロがやってきた!

1973年アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれのレアンドロ・エルリッヒは、金沢21世紀美術館をはじめ、『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』や『瀬戸内国際芸術祭』、東京都現代美術館などで紹介され、日本でも人気のアーティストです。視覚の錯覚や私たちの認識を利用して、普段何気なく過ごしている日常にクエスチョンを投げかけ、観る人の想像力を引き出す作品を生み出しています。

展覧会初日には、あの「レアンドロのプール」の作家とあって、地元のマスコミも殺到。地元のファンにも囲まれて、プチ・レアンドロフィーバーといった盛り上がり。ブエノスアイレスから家族や親戚を引き連れ、開館以来10年ぶりに金沢を訪れたレアンドロは、「なぜだろう、まるで家に帰ってきたみたいにくつろぐんだ……」と感慨深い様子。美術館スタッフや友人とも再会し、まるで同窓会のような温かい雰囲気の中で、「ムイコンテント(とっても嬉しい)、アリガトウゴザイマス!」を何度も繰り返していました。「10年という歳月の流れにも負けず、『スイミング・プール』が今も人々に愛されていることを誇りに思います」というレアンドロのスピーチはちょっと感動的でした。

レアンドロ・エルリッヒ
レアンドロ・エルリッヒ

金沢21世紀美術館の恒久展示作品に『スイミング・プール』が選ばれたのは、まだ美術館の建設も始まっていない2001年。当時美術館建設準備室のチーフキュレーターだった長谷川祐子さん(現・東京都現代美術館チーフキュレーター)が、『ヴェネチア・ビエンナーレ』アルゼンチン館で同作品を発見。レアンドロに新しい美術館のための『スイミング・プール』を依頼したのが始まりでした。このとき、レアンドロ28歳。若手アーティストを起用した異例の大抜擢だったのです。

レアンドロ:『スイミング・プール』は僕の扉を開いてくれた作品です。僕にとって初めての恒久展示で、そこから僕はアーティストとしての国際的なキャリアを歩み出すことができました。美術館もまだ建設段階で、つまり金沢21世紀美術館と僕は同じ出発点に立っていたんです。誰にとっても1つの冒険でした。若い作家にとって、キュレーターをはじめ、市の職員や、設計を担当したSANAAが信頼してくれたことはとても重要でした。その判断と熱意のおかげで、僕らの間には強くて恒久的なつながりが生まれたと思います。

『スイミング・プール』2004 ©Leandro Erlich Studio photo: Atsushi NAKAMICHI / Nacása & Partners
『スイミング・プール』2004
©Leandro Erlich Studio photo: Atsushi NAKAMICHI / Nacása & Partners

キュレーターの先見の明と、それに応えたアーティスト。信頼関係が産んだ『スイミング・プール』は予想を超える人気を博し、メディアにも無数に登場する、まさに美術館の顔となりました。水面の上と下で人が出会う、誰にでも親しみやすいこの作品は、「開かれた美術館」の象徴にも思えます。シンプルゆえにいつまでも色褪せない魅力をたたえた、やはり名作といっていい作品です。

Page 1
次へ

イベント情報

『レアンドロ・エルリッヒ ―ありきたりの?』

2014年5月3日(土・祝)~8月31日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館 展覧会ゾーン
時間:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
休場日:月曜(休日の場合その直後の平日。8月11日は開場)
料金:一般1,000円 大学生800円 小中高生400円 65歳以上800円

プロフィール

レアンドロ・エルリッヒ

1973年ブエノスアイレス(アルゼンチン)生まれ、モンテビデオ(ウルグアイ)在住。2000年の『ホイットニービエンナーレ』をはじめ、2001年、2005年の『ヴェネチア・ビエンナーレ』、サンパウロ、リバプール、イスタンブールといった多くの国際展に出展。世代や国境を超えて人々が共有できる体験の場を創造してきた。日本国内では美術館のみならず、『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』『瀬戸内国際芸術祭』などでも作品を発表。本展は、日本におけるエルリッヒ初の個展となる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性