特集 PR

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.7:Jazztronik

名プロデューサーも愛用した
スタジオに集められた
ライブを彩る機材たち

「monogram sounds」は、野崎さんが所属する事務所スタイリズムが所有するレコーディングスタジオ。もともと音楽プロデューサーの故・佐久間正英さんが使用していたこのスタジオは、Pro Toolsを中心に各種の豊富なアウトボードを組み上げた47平方メートルのコントロールルームとレコーディングブースを備え、ミキシングからレコーディングまで幅広く対応できる本格的な仕様となっています。数年前に野崎さんは自宅に音楽スタジオを作ろうと思い立ち、参考までにいくつかレコーディングスタジオを見て回っているときに、縁あって出会ったのがこのスタジオだったそう。現在は自宅スタジオでの作業に加えて、レコーディングやミキシングをこのスタジオで行っているようです。ここでは野崎さんが最近のライブ活動で重宝している機材を中心に紹介していきましょう。

1

KORG「KAOSS PAD KP3+」「KAOSSILATOR PRO+」「kaossilator 2」

KORG 製品詳細ページはこちら>>KORG「KAOSS PAD KP3+」

KORG 製品詳細ページはこちら>>「KAOSSILATOR PRO+」

KORG 製品詳細ページはこちら>>「kaossilator 2」

タッチパネル操作で感覚的にエフェクトを操れる「KAOSS PAD KP3+」、同じくタッチパネルで演奏できるシンセサイザー「KAOSSILATOR PRO+」、手のひらサイズの「kaossilator 2」。これらはDJプレイやライブにおける直感的な操作感で、特にダンスミュージック系のクリエイターに人気の高いモデルです。野崎さんも3台所有するだけあり、重宝している機材のようです。

野崎:KAOSS PADはDJ系ミュージシャンを想定した機材ですが、僕は音楽の制作や演奏中にも愛用しています。例えばキーボードを弾きながら、KAOSS PADを使ってリアルタイムでフィルターを開け閉めしたり、あとはレコードストップのエフェクトをボーカルにかけると面白い音になりますよ。KAOSS PADはもともとDJやライブ用に作られているので、いい意味でエフェクトのかかりが荒くて、そこがいい味を出してくれます。KAOSSILATORはループレコーディングできるので、ライブ中に演奏している音を録音して重ねたりするときに重宝しています。kaossilator 2は指で触れた位置によって様々にエフェクトがかったリズムパターンを演奏できるのですが、ライブなどでリズムボックスの代わりにして、途中から生のドラムに差し替えて雰囲気を変えるのに使っていますね。

2

BOSS「RC-505」

BOSS「RC-505」

足元で操作できるループマシンとして人気のあるRCシリーズにとって、初となるテーブルトップ型モデルがこのRC-505。手元で操作するように開発され、さまざまな楽器の演奏を即時にレコーディングしてループさせることで、多彩なパフォーマンスを可能とするライブ向けの機材です。

野崎:まだ導入して間もないので、試行錯誤中ですが、手元で操作しやすいので、キーボードで演奏したフレーズを重ねていったり、コンピューターで作った音をRC-505に読み込んで、ライブ中にテンポを合わせて再生したりしています。各ループセクションごとにフェーダーでレベルを設定できて使いやすいですね。

3

ACE TONE「RHYTHM ACE」

ACE TONE「RHYTHM ACE」

見るからに風格のあるたたずまいを持つこちらは、1960年代後半に日本の電子機器メーカー、エース電子工業が製造したプリセットリズム付きのリズムマシン。昔のオルガンに付属していたリズムボックスをイメージさせるような、アナログ機材ならではの暖かいリズムの音色が特徴です。

野崎:これは通称「チャカポコマシーン」と呼ばれていたもので、10年くらい前に購入しました。僕はツマミが外に出ているとか、アナログな機材が好きで、オモチャのような楽器をたくさん集めているのですが、その中でもこれは実戦でも使っている機材です。一見内蔵リズムだけしか再生できなさそうですが、実は細かい設定もできてバスドラムの音だけを出せたりもします。ライブでもよく使いますが、とにかく太くていい音なので、レコーディングにもたびたび登場するアイテムです。

4

littleBits「Synth Kit」

littlebits 製品詳細ページはこちら>>littleBits「Synth Kit」

コルグとアメリカのlittleBits社が共同開発した「Synth Kit」は、シンセサイザーを構成する各要素がバラバラのモジュールになっており、それぞれのパーツを磁石でパチパチと組み替えることで、さまざまな電子音を奏でることができます。工作キットのように見えて、実はちゃんとしたモジュラーシンセでもあるガジェット楽器として注目されています。

野崎:僕はもともとモジュラーシンセが好きなのですが、これはシンセの回路の仕組みや構造を理解するための勉強にもなる道具ですよね。littleBitsのキットはよくできていて、間違った回路の組み合わせをしようとすると、端についている磁石が反発して接続できないようになっているんですよ。それにヘッドフォンで聴いてみると音質もいいので、今後ライブ中の1つのパフォーマンスとして使おうと思っています。

長年にわたりダンスミュージックシーンの第一線で活躍してきたJazztronik。洗練されたポップなダンスミュージックという枠を越え、幼少期からの憧れでもあった映画音楽をテーマにした『Cinematic』を経た今、Jazztronikは活動の第二章を迎えたのかもしれません。CDの売れゆきよりも、自分が本当にやりたい音楽ができているかが大事だと、熱い思いを語ってくれた野崎さんにとって、本当の音楽家人生はまだまだこれからのように感じました。

スタジオ機材リスト

  • コンピューター
  • アップル「Mac Pro」
  • DAWソフト
  • ABLETON「Live」
  • Avid「Pro Tools|HD」
  • オーディオインターフェース
  • Avid「192 I/O」
  • モニタースピーカー
  • AURATONE 5PSC
  • GENELEC 8040A
  • TANNOY Arden 2
  • YAMAHA NS-10M
  • 音源
  • NATIVE INSTRUMENTS「Komplete」
  • LENNAR DIGITAL「Sylenth 1」
  • シンセ
  • KORG「KAOSSILATOR PRO+」
  • KORG「kaossilator 2」
  • littleBits「Synth Kit」
  • ALESIS「Andromeda」
  • ARP「Odyssey」
  • ARTURIA 「Minibrute」
  • NORD 「Nord Lead」
  • NOVATION「Bass Station II」
  • SEQUENTIAL CIRCUITS「Prophet-5」
  • キーボード / ワークステーション
  • KORG「KROME-88」
  • リズムマシン
  • ACE TONE「RHYTHM ACE」
  • ROLAND 「TR-808」「TR-909」
  • エフェクター
  • KORG「KAOSS PAD KP3+」
  • コントローラー
  • KORG「taktile-49」
  • アウトボード
  • EMPIRICAL LABS 「Distressor」
  • MOOG 「Parametric EQ」

Information

JAZZTRONIK『Cinematic』(CD)

JAZZTRONIK『Cinematic』(CD)
2014年4月9日発売
価格:1,994円(税込)
JKT-0003
[収録楽曲]
1. The Storyteller
2. Caravan
3. A Night In Venezia
4. Manon And Giorgia
5. Chromatic Suite - Boucher
6. Chromatic Suite - Decadanse
7. Chromatic Suite - Marquis
8. La Marea

AMAZON

『The Fields』Vol.2

日時:2014年5月6日(火・振休) OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 Musicasa
料金:前売3,500円、当日4,000円(ドリンク別)

PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に