特集 PR

「音」は人や街を変えることができるのか?『音まち千住の縁』 Vol.3 作曲家・野村誠、日本が変わるため「だじゃれ音楽」でおじさんとコラボ

「音」は人や街を変えることができるのか?『音まち千住の縁』 Vol.3 作曲家・野村誠、日本が変わるため「だじゃれ音楽」でおじさんとコラボ

白坂ゆり
撮影:佐々木鋼平

「ジャンルに縛られない」とか、「ジャンルの壁を越える」とか、アートやクリエイティブの世界では、そんな言葉をよく聞くことがある。その意味では野村誠という音楽家は、本当の意味で壁を越えたところで創造を行う、数少ないアーティストの一人だといえるだろう。10年以上前から始まり、現在でも続く老人ホーム「さくら苑」でのプロジェクトでは、日本の戦後復興を支えた老人たちと共同で作曲し、楽器を演奏。その模様を映像におさめ、再構築した作品『老人ホーム・REMIX』シリーズでは、人は生きるために音楽を発明したんだと実感させられた。

そんな野村誠が足立区のアートプロジェクト『音まち千住の縁』で、今度は「だじゃれ」をテーマに「おじさん」たちをも巻き込んだ本気のコラボレーションを試みようとしている。何故いま「だじゃれ」なのか? そして何故「おじさん」なのか? そこにはこれまで壁を越え続けてきたはずの野村が直面した、切実で大きな問題が立ちふさがっていた。たかが「だじゃれ」と思うなかれ。今本気で「だじゃれ音楽」に取り組む野村にインタビューを試みた。

 

『だじゃれ音楽祭』構想をプレゼンしたときは、もし駄目だったらすぐに引っ込めようと思ってたんです。でもなぜか皆さんノリ気だったんですね(笑)。

―まず、「だじゃれ音楽」とは何ぞや? ということからお聞きしたくて。

野村:そうですね、でも実は僕もよくわからないんです(笑)。現代音楽とか民族音楽と言われれば、どんな音楽なのかってなんとなく想像がつくじゃないですか。でも「だじゃれ音楽」は、まず僕が勝手に「だじゃれ音楽」という名前だけを作ってみたんですね。すると、この言葉、人によって多様なイメージを持つんですよ。そこが面白い。だから、一つの意味に限定せずに、だじゃれ音楽とは何なのか僕も考えているし、皆もそれぞれ勝手に考えている。「これもだじゃれ音楽かもしれないな」「そっちもあり?」とか色々と見つけていければいいなと思っているんです。

―しかも最終的には来年3月の『千住だじゃれ音楽祭』公演にまで仕立てるんですよね。最初にこの企画を提案したときの周囲の反応はどうだったんですか?

野村:1年くらい前に『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』のフォーラムで、この『だじゃれ音楽祭』構想をプレゼンしたときは、もし駄目だったらすぐに引っ込めようと思ってたんです。でもなぜか皆さんノリ気で、反応がたくさんあったんですね(笑)。何なのかわからない企画にノリ気になるってことは、そこに何か本質や魅力があるってことだと思って。

野村誠
野村誠

気がつけば周りには「脱原発」の人しかいない。ということは、実は同じタイプの人にしか会ってこなかったってことだったんです。

―そもそも、だじゃれを音楽に取り込もうという発想はどこから?

野村:「だじゃれ音楽」を提案した理由ですが、昨年、東日本大震災と福島の原発事故があって、日本人というか人類にとっての非常に危機的な状況を実感しました。当時、僕はインドネシアに住んでいたので、友人からのメールやインターネットの情報、海外のメディアから日本の状況を想像してたんです。それで受けていた印象は、どうやら日本中で「脱原発!」のムーブメントが起きていて、日本の様々な問題が一気に変わりそうだ……ということでした。そんなことを思いながら8月に帰国したんです。そしたら……。

―日本の外から想像していた様子とは違っていたのでは?

野村:そうですね。イメージしていたテンションとは全く違っていました。僕の周りの人たちは皆揃って「根本的に生き方を変えなければ」と言っていたのですが……。その大きな食い違いって、いったい何なんだろうということを痛烈に感じたんです。

―その答えは見つかりましたか?

野村:僕は音楽畑の人間ですけど、音楽家としては様々な接点を求めて、世界を越境してきたつもりだったんです。美術やダンスなど他ジャンルの人とのコラボレーションはもちろん、路上で演奏したり、老人ホームのお年寄り、学校や動物園などで共同作曲したり、アジアやヨーロッパなど色んな国にも行きました。だけど、気がつけば周りには「脱原発」の人しかいない。ということは、壁を越えて色んな人たちとコミュニケーションを取ってきたはずなのに、実は同じタイプの人にしか会ってこなかったのではないかという疑問が浮かびました。

―たとえば原発推進派や反対とも言い切れない人など、意見の違う人と出会うことはなかったのですか?

野村:接点がないんです。それに気づいたのはある意味衝撃的でした。ジャンルを越えたつもりで、似たもの同士だけで集まっている。境界線のこっち側とあっち側で対立するだけでは日本は変わらない。だから、まずは意見の違う人と会いたいと思いました。

―本当の意味での境界線を越えていくわけですね。

野村:僕のコンサートや、反原発デモで積極的にアプローチしてきた人の多くが小さな子どもを持つお母さんたちでした。その意識の高さに驚くと同時に、僕と同世代のお父さんたちが少ないことにも驚きました。直感的におじさんと接点を増やしたい、と思ったのです。ただ友達になりたい。会いたいというメッセージが届くだけでもいい。で、おじさんといえば、おやじギャグ。だじゃれだ! と。会社帰りのおじさんが千住の東京藝大に立ち寄って、「アー、今日もだじゃれ言ったぞ!」とスッキリして帰る、そこから音楽が生まれる、そんな風景を夢見たのです。

Page 1
次へ

イベント情報

『アートアクセスあだち「音まち千住の縁」』

2012年10月27日(土)〜12月2日(日)※メイン会期
会場:東京都 足立区千住地域
参加アーティスト:
足立智美
大友良英
野村誠
大巻伸嗣
やくしまるえつこ
八木良太
スプツニ子!
ASA-CHANG

会期中プログラム

大巻伸嗣『イドラ』

2012年10月27日(土)〜11月25日(日)
会場:東京都 足立区 千住2-31
時間:13:00〜19:00(金、土、日曜のみ)

八木良太『(Another)Furniture Music ―(別の)家具の音楽』

2012年10月27日(土)〜11月25日(日)
会場:東京都 足立区 千住4-25-19
時間:13:00〜19:00(金、土、日曜のみ)

『未来楽器図書館』

2012年10月27日(土)〜11月25日(日)
会場:東京都 足立区 音う風屋
時間:13:00〜19:00(金、土、日曜のみ)

やくしまるえつこ『やくしまるえつこ時報』

2012年10月27日(土)〜12月2日(日)
会場:東京都 足立区 北千住駅前大型ビジョンほか

『未来楽器図書館』

2012年10月27日(土)〜11月25日(日)
会場:東京都 足立区 音う風屋
時間:13:00〜19:00(金、土、日曜のみ)

やくしまるえつこ『やくしまるえつこ放送:下校時安全放送』

2012年10月29日(月)〜11月26日(月)
会場:東京都 足立区 千住地域
時間:14:00頃(月曜のみ)

足立智美『ジョン・ケージ「ミュージサーカス」芸術監督:足立智美』

2012年11月3日(土)
会場:東京都 足立区 中央卸売市場足立市場
時間:15:00〜17:00(14:30開場)
※荒天時は翌日11月4日(日)12:00〜14:00(11:30開場)に順延

『音まちトーク ねほりはほり』

2012年11月10日(土)
会場:東京都 足立区 北千両
時間:15:00〜17:00
出演:アサダワタル、大原大次郎

野村誠『だじゃれ音楽体験ワークショップ』

2012年11月17日(土)
会場:東京都 足立区 東京藝術大学 千住キャンパス第7ホール
時間:15:00〜18:00

野村誠『子どもだじゃれ音楽ワークショップ』

2012年11月18日(日)
会場:東京都 足立区 東京藝術大学 千住キャンパス第7ホール
時間:13:00〜15:00

八木良太アーティストトーク『Bar Vinyl』

2012年11月18日(日)
会場:東京都 足立区 caféわかば堂
時間:18:30〜

大巻伸嗣『Memorial Rebirth 千住本町』

2012年11月24日(土)
会場:東京都 足立区 千寿本町小学校校庭
時間:12:00〜/15:00〜(各回30分程度)

やくしまるえつこ『やくしまるえつこ奉納朗読会』

2012年11月25日(日)
会場:東京都 足立区 河原町稲荷神社
時間:未定
出演:やくしまるえつこ

スプツニ子!『ADACHI HIPHOP PROJECT バスツアー』

2012年12月1日(土)、12月2日(日)
会場:未定
時間:15:00〜16:00/17:00〜18:00

スプツニ子!『ADACHI HIPHOP PROJECT ライブ』

2012年12月1日(土)、12月2日(日)
会場:東京都 足立区 東京藝術大学千住キャンパス スタジオA
時間:18:30〜20:00

プロフィール

野村誠

作曲家、ピアニスト。名古屋生まれ、京都在住。8歳より独学で作曲を始める。京都大学理学部数学科卒業後、ブリティッシュ・カウンシルの招聘で英国ヨーク大学大学院にて研修。動物園で動物との即興セッションを行い、映像作品『ズーラシアの音楽』(横浜トリエンナーレ、2005年)や『プールの音楽会』(あいちトリエンナーレ、2010年)などを国内外で発表。1999年より、横浜市の特別養護老人ホーム「さくら苑」でお年寄りとの共同作曲を続けている。銭湯のお湯を演奏する『お湯の音楽会』など既成概念にとらわれない音楽活動、アートプロジェクトで知られる。06年、NHK教育テレビの音楽番組『あいのて』を監修し、自身もレギュラー出演。作曲プロジェクト『原発やめます』続行中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)