特集 PR

そこでなにが起きていた? 幻の「映像展」が43年の時を経て再演

そこでなにが起きていた? 幻の「映像展」が43年の時を経て再演

東京国立近代美術館『Re: play 1972/2015―「映像表現 '72」展、再演』
インタビュー
内田伸一
撮影:田中一人

「再演=演劇などで同じ演目をふたたび上演すること、または俳優が同じ役でふたたび出演すること」。しかし、ここで「再演」されるのは演劇でもダンスでもなく、美術展です。アートの展覧会を再演するとは、いったいどういう試みなのでしょうか?

その「初演」は1972年、京都市美術館でわずか6日間だけ開催された美術展『映像表現 '72 —もの、場、時間、空間—Equivalent Cinema』。若手アーティストたちがその熱意によって自主的に企画し、当時フィルム主体だった「映像」について、劇場映画とは異なる表現の可能性を探りました。43年の時を経た2015年のいま、緻密なリサーチでこの展覧会を蘇らせたのは、東京国立近代美術館。私たちがそこで出会うのは、歴史の追体験か、あるいは新しい鑑賞体験か——。担当研究員の三輪健仁さんを案内役に「Re: play」の扉をくぐります。

43年前に、京都で6日間だけ開催された「映像展」を再演

フィルム映写機やスライドプロジェクター、ビデオデッキなど、いまでは目にすることも珍しい映像機器の機械音が静かに響き合う会場。薄暗がりのあちこちで、さまざまな映像が流れ、ループ上映のために蜘蛛の巣のごとく張り巡らされたフィルムや、映像を反射させるいくつもの鏡も印象的。順路も仕切り壁もなく、私たちが「映像展」と聞いてイメージするものとはだいぶ異なるカオティックな空間が広がります。

彦坂尚嘉『フィルム・デュエット:垂直の海(UPRIGHT SEA)』
彦坂尚嘉『フィルム・デュエット:垂直の海(UPRIGHT SEA)』

これは、1972年に開催された催しの「再演」。アートの展覧会の再演とは、どういう試みなのでしょうか? 発案の張本人、東京国立近代美術館研究員の三輪健仁さんに聞いてみました。

三輪:過去の美術展が、時を経てふたたび開かれるのは、これまでに例がないわけでもないんです。特に近年、1960、70年代の歴史的展覧会を再現する、注目すべき試みがいくつか続いています。対象が70年前後に集中する理由の1つは、この時代に、額のなかの絵画や台座上の彫刻などの形式に収まらない表現が多く生まれはじめたことでしょう。そのような表現は、展覧会という空間も含めて観ることでこそ真価がわかる、という動機があるのではないかと。また数十年経って、歴史化できる距離感になったからこそ、こうした試みが新たな意味を持つともいえます。

『Re: play 1972/2015―「映像表現 '72」展、再演』エントランス
『Re: play 1972/2015―「映像表現 '72」展、再演』エントランス

植松奎二『Earth Point Project ― Mirror』
植松奎二『Earth Point Project ― Mirror』

『映像表現 '72』展の「初舞台」は1972年、京都市美術館でのこと。映画館ではなく美術館で、16作家による複数の映像作品を一堂に展示したものでした。いわゆる映像アーティストが集まったわけではなく、絵画や彫刻を表現手法にする美術家たちが参加したのが特徴的。ただ、この時代を代表する記念碑的な美術展、というわけではないようです。三輪さんはなぜ、再演対象としてこの展覧会を選んだのでしょうか?

三輪:映像を対象とする展覧会だったから、というのが大きな理由の1つです。先ほどお話したような近年の再現展覧会でも、ここまで映像に特化したものはあまりないのではと思います。また、映像はものとして残る作品ではなく、かつ『映像表現 '72』の出展作の多くは、単にフィルムを壁に投影すれば事足りる作品ではありません。つまり、展示空間全体を感じられないと当時のことはやはりよくわからない。わずか6日間だったこともあり、実際に観た人も限られています。僕自身、生まれる前の展覧会なので、自分も観てみたいという欲望を刺激されたともいえます。

郵便の「遅配」で『大阪万博』に参加できなかったアーティストによる、「遅延」をテーマにした映像作品

それでは、実際に会場をめぐってみましょう。入口で来場者を迎えるのは、山本圭吾の『行為による確認 No.1』。並んだ2つのテレビは来場者の姿をリアルタイムに映し出し、左側の画面には天地がさかさま、右側の画面には、実際より数秒遅れの映像が流れます。シンプルな仕掛けが、映像メディアのふだん意識しない「ズレ」を考えさせる? 43年前を再現する今回の展示にあたっては、新たな意味も宿るプロローグといえそうです。

山本圭吾『行為による確認 No.1』
山本圭吾『行為による確認 No.1』

三輪:「遅延」は山本さんの大きなテーマなんです。彼は1970年の『大阪万博』に美術家として参加するかもしれなかったのですが、福井県の当時は交通が不便な場所に住んでおり、重要な会議の知らせを郵便で受け取ったときにはもう出席に間に合わなかったそうです。そんなエピソードも考え合わせると、また興味深いですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『Re: play 1972/2015―「映像表現 '72」展、再演』

2015年10月6日(火)~12月13日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館
時間:10:00~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜(11月23日は開館)、11月24日
料金:一般900円 大学生500円
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料

『FILM NOW 3日間の映画会』再演
2015年11月28日(土)、11月29日(日)14:00~16:00(開場13:30)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 講堂(地下1階)
料金:無料(要展覧会鑑賞券 使用済み半券も可、申込不要、先着140名)
11月28日上映作品:
1. ウィルヘルム&ビルギット・ハイン『ラフなフィルム』※16mmフィルム上映
2. 荒川修作『WHY NOT』(DVD上映)
11月29日上映作品:
1. アルド・タンベリーニ『ブラック・TV』
2. ブルース・ベイリー『タング』
3. スタン・ヴァンダービーク『ブレスデス』
4. 安藤紘平『オーマイ マザー』
5. 松本俊夫『エクスタシス』
6. 松本俊夫『メタスティシス(新陳代謝)』
7. 松本俊夫『オートノミイ(自律性)』
8. 松本俊夫『エキスパンション(拡張)』
※全て16mmフィルム上映

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い