コラム

トーク連載「篠山紀信 × ○○」第1回 篠山紀信×箭内道彦×明日花キララ×後藤繁雄

トーク連載「篠山紀信 × ○○」第1回 篠山紀信×箭内道彦×明日花キララ×後藤繁雄

杉浦太一(CINRA, Inc. 代表取締役)
撮影:杉浦太一

アートを好む人々が行き交う恵比寿のギャラリーに、この日、いつもとちょっと違う空気が流れた。ギャラリーの普段のお客さんと層が違う。そう、明日花キララのファンたちが、会場を埋め尽くしているのだ。

篠山紀信が見初めてオファーした、今最も旬なAV女優、明日花キララと、クリエイティブ界に多大な影響を与え続ける箭内道彦と後藤繁雄。この絶妙な組み合わせで行なわれたトークは、終始笑いに満ちて、キララファンとアート好きの両方を楽しませてくれた。

PROFILE

篠山紀信
1940年東京都生まれ。写真家。日本大学芸術学部写真学科卒業。在学中より新進写真家として頭角を現し、第1回APA賞等数々の賞を受賞。広告制作会社「ライトパブリシティ」を経て、1968年よりフリーとして独立。山口百恵やジョン・レノンとオノヨーコ、宮沢りえなどその時代を代表する人物を「激写」や「シノラマ」など新しい表現方法と新技術で常にその時代を撮り続けている。
篠山紀信公式サイト

明日花キララ
1988年生まれ。2009年3月、スカイパーフェクTV!の「スカパー!アダルト放送大賞」の女優賞を受賞する。
明日花キララ オフィシャルサイト

箭内道彦
1964年福島県生まれ。主な仕事に、タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.キャンペーン」、資生堂「uno」 、FUJIFILM「PHOTO IS」、東京メトロ「TOKYO HEART」、サントリー「ほろよい」など。
「月刊 風とロック(定価0円)」編集長。
ラジオ「風とロック」(TOKYO FM・JFN系)パーソナリティ。
「トップランナー」(NHK総合)MC。
風とロック

後藤繁雄
1954年、大阪生まれ。「独特編集」をモットーに写真集、アートブックを数多く制作。銀座資生堂の文化サロン「WORD」のプログラムディレクター、KIRIN PLAZA OSAKAのコミッティメンバー、ストリートアートの運動体artbeat、プロジェクトユニット[code]など、新しい文化創出のための仕事に精力的に取り組んでいる。『太陽は笑っている』『独特老人』『彼女たちは小説を書く』など多数の著書がある。
gotonewdirection


トーク開始時間、明日花キララさんはまだ来ず…。

篠山紀信(以下、篠山):キララちゃんはね、約束してもなかなか定時には来てくれないんですよ。撮影でも、すごく気を使うんです。

箭内道彦(以下、箭内):他の方以上に?

篠山:もう全然違いますよ。すごいセンシティブなんです。ちょっと失礼なことをしたらもう・・・。

箭内:でも篠山さんは、基本的に女性には失礼なことはしないですよね? それか、全てが失礼か・・・。

一同:笑

篠山:いや、先日の撮影でね、ガウンを忘れちゃったんですよ。普通は、ガウンを着てもらって、撮るときだけバっと脱いでもらってすぐに撮るんですね。そのガウンを忘れたんです。そうしたらね、すごい怒っちゃって・・・。

箭内:そりゃ当然じゃないですか(笑)。

篠山:おまけにあの時はね、ヌード中に履いてもらうスリッパも忘れたんですよ。

箭内:忘れ過ぎじゃないですか(笑)。でも、そういうことで出てくるオーラってあるんでしょうね。

篠山:ありますよ、あの人のオーラはすごいですよ。・・・それにしても、来ませんね・・・。

一同:笑

後藤繁雄(以下、後藤):じゃあトークに入る前に、簡単にご説明をしますね。今回、篠山先生のこれまでの名作を集めたヌード写真集『NUDE BY KISHIN』という大書が発売されました。それで、このナディフアパートで特別展を開催することになったんですね。今日のトークショーはその一環で・・・あ! キララさんがいらしたようです。

箭内:みなさん拍手!

一同、拍手でお出迎え

明日花キララ(以下、キララ):すみません、ありがとうございます!

後藤:では、篠山先生、箭内道彦さん、それから明日花キララさんとで、楽しくおしゃべりをしていきたいと思います。



Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演