特集 PR

誰も追いつけなかった70年間 現代演劇の巨匠ピーター・ブルック

誰も追いつけなかった70年間 現代演劇の巨匠ピーター・ブルック

萩原雄太

御年88歳となるイギリス人演出家・ピーター・ブルックが、世界の演劇界で有数の巨匠であることは、多くの人の同意するところだろう。いったいどれくらいすごい人物なのか、演劇を知らない人に説明するならば「演劇界のポール・マッカートニー」とでも形容すれば伝わるだろうか。

21歳で最年少招待演出家として名門・ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに招かれると、世界の演劇シーンにその名を轟かせたピーター・ブルック。彼自身が最上の演劇と語るシェイクスピア戯曲を中心に、オペラや映画監督としてもその演出の才能を発揮し、日々新たな作品を生み出し続けている。また、1968年、彼が執筆した演劇の理論書『なにもない空間』(晶文社)は、母国イギリスのみならず15か国以上で翻訳され、刊行から45年の月日を経た現在でも、演劇人のバイブルと言っても過言ではない煌めきを放っている。

後世に与えた影響の絶大さもさることながら、イギリス的価値観を代表する芸術家であること、年齢を重ねても精力的に作品を発表し続け、シーンをリードしていく姿勢。さらにシェイクスピアを基礎にオペラから前衛まで、あらゆるジャンルを手がける幅の広さなど、まさしくポール・マッカートニーに勝るとも劣らない偉大な業績を築き上げてきたピーター・ブルック。彼による新作『ザ・スーツ』が、11月よりパルコ劇場で上演される。これを機会に、改めて巨匠が辿ってきたデビューから70年間(!)の足跡を振り返ってみよう。

年、それまでとは一線を画す、新たな演劇が生み出される

「どこでもいい、なにもない空間―それを指して私は裸の舞台と呼ぼう。ひとりの人間がこのなにもない空間を歩いて横切る。もう一人の人間がそれを見つめる―演劇行為が成り立つためには、これだけで足りるはずだ」

何やら、ひどく当たり前なことを言っているような気がするし、何を言ってるんだかさっぱりわからないような気もする……。大学などで、現代演劇概論といった講義を受講しようものなら、学生たちは必ず、ピーター・ブルックによるこの『なにもない空間』の一節にぶち当たる。そして、その意味を理解して興奮を覚える学生もいれば、意味を理解できずに、授業に顔を見せなくなる学生もしばしばだ。

70年間にわたって、数多くの演劇人に大きな影響を与えてきたピーター・ブルック。少し大げさかもしれないが、もしも『なにもない空間』のこの一文がなかったら、現代演劇は全く別の方向に舵を切っていたとしても不思議ではない。ポール・マッカートニーとの比較を続けるならば、「もしもビートルズが『Revolver』を作っていなかったら……」という仮定と同じかそれ以上に、同時代や後の世代にまで大きな影響を与えている著作なのだ。

では、どうしてこの一節が特別な意味を持っているのだろうか? 

演劇は、しばしば「文学」の一ジャンルとして捉えられることがある。たとえば、芸術学科のない大学で演劇を学ぼうと思った場合、文学部がその受け皿となることが多い。しかし、これは、よくよく考えてみると変な話だ。劇場で行われる「公演」こそが演劇であるはずであり、演劇は文学とは全く別のものである。にも関わらず、「演劇=文学」とみなされてきたその根拠となっているのが演劇の台本「戯曲」の存在。「演劇とは何か?」と問われた場合、そこで語られる言葉が書かれた「戯曲」こそがその本質としてみなされてきた。演出家の役割は、演劇の本質である戯曲を「正しく」解釈し、俳優の仕事は戯曲に書かれたセリフを「正しく」届けること。ヘンリック・イプセン(ノルウェーの劇作家。近代演劇の父と称される)の『人形の家』に始まるとされる近代劇の歴史は、そのまま「戯曲の歴史」だったと言い直しても問題がないだろう。

©Johan Persson
©Johan Persson

確かに、戯曲はとても大切なものであるが、演劇においてそれが全てではない。多くの観客にとって、それは演劇の1つの要素にすぎないのだ。戯曲に書かれた言葉と同じかそれ以上に、戯曲に書かれていない俳優の存在感や、役の気持ちの流れ、舞台に流れる空気感などは、演劇のとても大切な要素となる。いくら、楽譜通りに弾いたところでビートルズの持つグルーヴが生み出されないように、戯曲だけでは演劇の真の喜びは生み出し得ない。演出家には、戯曲には書かれていないニュアンスをつかみとり、それを観客に届ける義務があるのだ。


『なにもない空間』に書かれたピーター・ブルックの言葉は、まさに戯曲の牢獄から演劇を開放するための言葉だった。演劇を演劇たらしめるのは、劇作家の書いた文字ではなく、なにもない空間に置かれた俳優の存在である。折しも、『なにもない空間』が発表されたのは世界中で同時多発的にさまざまなサブカルチャーが生み出された1968年。日本でも、天井桟敷の寺山修司、状況劇場の唐十郎などによって「アングラ演劇」という新たなムーブメントが勃発した時代だ。ピーター・ブルックの言葉に呼応するように、世界中の国々でそれまでの演劇とは一線を画す、新たな演劇が生み出されていった。

Page 1
次へ

イベント情報

パルコ劇場40周年記念公演
『ザ・スーツ』

2013年11月6日 (水) 〜11月17日 (日) 全15公演
会場:東京都 渋谷 パルコ劇場
原作:
キャン・センバ
モトビ・マトローツ
バーニー・サイモン
演出・翻案・音楽:
ピーター・ブルック
マリー=エレーヌ・エティエンヌ
フランク・クラウクチェック
料金:8,400円 U-25チケット4,500円

アフタートークショー
2013年11月7日(木)19:00公演終了後
2013年11月11日(月)19:00公演終了後
出演:マリー=エレーヌ・エティエンヌ

プロフィール

ピーター・ブルック

1925年ロンドン生まれ。オックスフォード大学在学中、『フォースタス博士』で初演出。46年、シェイクスピア記念劇場(現RSC)において史上最年少の演出家となり『恋の骨折り損』を演出。その後も『リア王』、『真夏の夜の夢』、『アントニーとクレオパトラ』などを演出。71年、ミシェリーヌ・ロザンと共に国際演劇研究センターをパリに設立。74年には、20年以上廃墟となっていたブッフ・デュ・ノール劇場を開場し、『鳥の会議』『桜の園』『テンペスト』『マハーバーラタ』など話題作を次々と発表。映画監督としても活躍し、『蝿の王』『雨のしのび逢い』『注目すべき人々との出会い』など。主な著書に、15カ国以上に翻訳された『なにもない空間』『秘密は何もない』、自伝『ピーター・ブルック回想録』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催