特集 PR

『クリエイターのヒミツ基地』Volume26 奥下和彦(映像作家)

奥下さんのヒミツ道具をご紹介!
より良い作品を作るために厳選されたヒミツ道具たち

横浜市の六角橋にある奥下さんの仕事場。風情のある六角橋商店街や、緑あふれる岸根公園が近く、制作に集中できる「ヒミツ基地」だと言うことができるでしょう。そんな仕事場で、奥下さんが愛用する「ヒミツ道具」の数々を紹介してもらいました。

FOSTEXのモニタースピーカー

FOSTEXのモニタースピーカー

まず最初に紹介してもらったのは、2万円ほどで購入したという「モニタースピーカー」。音楽と同期するアニメーションを作る上では、必須なアイテムだといえますが、どのような部分が気に入っているのでしょうか?

奥下:フラットで味付けされていない音が聴けるので重宝しています。友人の作曲家が使っているということを聞いて、「これが業界標準なんだ」と思って最近購入しました(笑)。安価でお手ごろなのに、性能が良いのが素晴らしいですね。僕は作業中に音が鳴っていないと集中できないんです。作品に使用する音楽を聴くときだけではなく、自分で作ったDJミックスなどを聴く際にも、このモニタースピーカーを利用しています。

MacBook Pro

MacBook Pro

2つ目は、作品制作に使用する「MacBook Pro」。「お絵かきチャット」など、当初からパソコン上で絵を描いていたという奥下さんが、「MacBook Pro」を愛用する理由とは?

奥下:最近購入したのですが、映像編集がすごくサクサク進んで、「このサイズで、このスピードなのか」と衝撃を受けました。あと、Adobe系のアプリケーションをたくさん起動しても操作が遅れにくい。3Dの作業はWindowsで行うのですが、後で紹介するペンタブレットと、この「MacBook Pro」があれば、基本的な作品制作はどこでも行うことができます。

ペンタブレット Intuos5

ペンタブレット Intuos5

3つ目に紹介するのは、ペンタブレット。奥下さんのペンタブ初体験は中学2年のとき。「あまりにも便利で長い付き合いなので、ペンタブなしでは生きていけません」と語るほどのフリークだと言います。

奥下:13歳からだから、もう15年の付き合いになりますね。パソコンで描いた絵に色を塗りたいと思い、マウスだと描きづらいのでどんなツールがあるか探していたところ、家電量販店で見つけたペンタブレットを購入しました。その後、「お絵かきチャット」を始めたのですが、ペンタブレットのお陰でスムーズに参加できました。その後、何台ものペンタブレットを渡り歩き、Intuos3も使用していたのですが、Intuos5の性能は群を抜いています。ペン先がタブレットに触れる瞬間の感触が、ペンタブの性能を決める上での全てだと思っているのですが、最新機種のIntuos5は、その点が明らかに違っていて素晴らしいです。感度が良く、手描きの感触とほとんど変わりません。

無印良品のゲルインキボールペン

無印良品のゲルインキボールペン

最後は、ラフ描きのときに使用する「無印良品のゲルインキボールペン」。デジタルツールで作品を制作する奥下さんが、アナログツールに求めるこだわりとは、いったい何なのでしょうか。

奥下:コンピューターで描く質感の絵と近いタッチを現実世界に反映できるのが、このゲルインキボールペンです。あまり筆跡が残らずフラットに、スムーズに描けるんです。ペンタブレットが僕のメインツールなので、ペンタブレットに近い描き心地のペンを探しているときに出会いました。僕の中では、0.5ミリのゲルインキボールペンがベストです。

いずれも、こだわりある「ヒミツ道具」ばかり。しかし、ゲルインキボールペンがペンタブレットの描き心地と似ているという指摘には驚きました。一筆書きをするためには、普通に絵を描くときとは違う、独特のペン捌きが必要になります。ペン先の感触に敏感な奥下さんだからこその「ヒミツ道具」なのかもしれませんね。

奥下和彦
PAGE 1 > 2 > 3

「クリエイターのヒミツ基地」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今