特集 PR

『YEN TOWN BANDは、なぜ20年ぶりに本格的に復活するのか?』 Vol.1 小林武史インタビュー このバンドについて今話しておくべきこと

『YEN TOWN BANDは、なぜ20年ぶりに本格的に復活するのか?』 Vol.1 小林武史インタビュー このバンドについて今話しておくべきこと

柴那典
撮影:永峰拓也

1990年代を彩った「架空のバンド」が、約20年の時を超えて、再び動き出す。しかもそれはノスタルジーのための復活ではなく、今の時代の潮流に対してオルタナティブな価値観とメッセージを伝えるための媒介として、新たな息吹と共に再始動する。そのことの持つ意味を掘り下げたのが、今回のインタビューだ。

9月12日、新潟で開催される『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015』にて、12年ぶりのライブを行い、10月13日からは、19年ぶりの新曲“アイノネ”が全国JFL5局のラジオにて独占オンエア開始となるYEN TOWN BAND。さらに10月からは全国5都市を巡るライブイベント『JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by ELECOM』に出演することも発表された。

YEN TOWN BANDとは、岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』(1996年)の音楽を担当した小林武史のプロデュースにより、劇中に登場した架空のバンドだ。ボーカルは、主人公グリコ役を演じたChara。シングル『Swallowtail Butterfly ~あいのうた~』、そしてアルバム『MONTAGE』はオリコンチャートでもシングル / アルバム同時1位となり大ヒットを記録した。

小林武史は再始動にあたり「伝説的な入れ物に新たな魂を吹き込んで行きたい」――というコメントを発表している。1990年代にプロデューサーとして数々の大ヒットを手掛けた彼は、2000年代以降、非営利団体「ap bank」を立ち上げて環境や社会のあり方にも大きく関わり、東日本大震災以降は東北への復興支援を続けてきた。そんな彼が、なぜ今、YEN TOWN BANDの再始動に可能性を感じたのか。その背景を聞いた。

世界の画一化が進んでいく中、一方では、いろんなクリエイティビティーや美意識もある。そこにフォーカスを当てていくことが、今とても重要なテーマだと思っているんです。

―まず、なぜ今このタイミングで、YEN TOWN BANDを再始動させようと考えたのでしょうか。

小林:きっかけは『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』のディレクター・北川フラムさんから「何か一緒にやらないか?」とオファーをいただいたことでした。それで、現代アートのフェスティバルに僕が協力できることって何だろう? と考えたとき、YEN TOWN BANDをやるべきなんじゃないかと思ったんです。先日、2017年春に石巻市とap bankなどで作る実行委員会が主催する芸術祭『Reborn-Art Festival』を発表しましたが、じつは『大地の芸術祭』に影響を受けているところもすごくあります。グローバリゼーションで世界の画一化が進んでいく中、一方では、経済依存型の生き方一辺倒ではない多様な人々の営みが存在している。いろんなクリエイティビティーや美意識もある。アートを通してそこにフォーカスを当てていくことが、今とても重要なテーマだと思っているんです。

小林武史
小林武史

―YEN TOWN BANDは、岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』(1996年)の劇中に登場する架空のバンドでした。しかし、それだけではない意味を持ったバンドだったということでしょうか?

小林:『スワロウテイル』は、「円」の景気で溢れかえっている大都市の裏側「円都(YEN TOWN)」で逞しく生きる、アナーキーな人たちの営みを描いた作品でした。「円都」は、決して体制側や多数派ではない人々が多様なぶつかり合いを見せている場所。一攫千金を求めて「円都」に集まる人々を描く一方で、それだけではないリアルな人間らしさ、命の面白さを描いていた。YEN TOWN BANDはそんな世界に存在しているバンドだったんですよ。

―たしかに『スワロウテイル』は貨幣や移民をテーマにした映画で、YEN TOWN BANDはその象徴のようなバンドでした。それは20年経った今も古びていないし、現状にも対応しうるモチーフであると。

小林:もし仮にYEN TOWN BANDを20年前からバンド稼業のように続けていたら、正直続いてなかったと思います。その選択肢は考えもしなかったし。でも僕としては、あのバンドに込めたコンセプトがそう簡単に古びるものではないとはわかっていたんですよ。映画の制作中、岩井(俊二)くんからYEN TOWN BANDのアイデアと「映画の中でフランク・シナトラの“My Way”を演奏してほしい」と言われたときのことを覚えているんですが、「僕はそのYEN TOWN BANDを知っているよ」って彼に答えたんです。

―知っている、というのは?

小林:YEN TOWN BANDの姿を、僕の中でリアルに思い浮かべることができたんです。当時、ニューヨークにあったウォーターフロントスタジオ(充実したヴィンテージ機材が有名で、Mr.Childrenのアルバム『深海』もここで録音された)によく行っていたんですが、そこにはヘンリー・ハーシュというエンジニアがいて、多様なヴァイブを持つニューヨークのミュージシャンが集まっていた。彼らの雰囲気が、岩井くんの言うYEN TOWN BANDに通じるものだと思ったんですね。まるで「円都」やYEN TOWN BANDが拠点にしていた「YEN TOWN CLUB」に集まる多様な人々のようでした。「YEN TOWN BANDを知っている」と言ったのはそういうことだったんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『大地の芸術祭 2015 YEN TOWN BAND @NO×BUTAI produced by Takeshi Kobayashi』

2015年9月12日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:新潟県 まつだい「農舞台」
料金:前売5,000円(全自由・入場整理号付)
※『大地の芸術祭』作品鑑賞パスポートチケット付
※『大地の芸術祭』作品鑑賞パスポートをお持ちの方は別途ライブチケット(2,000円)の購入が必要

イベント情報

『JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by ELECOM』

2015年10月17日(土)
会場:北海道 札幌 Zepp Sapporo
出演:
YEN TOWN BAND
ACIDMAN
Lily Chou-Chou

2015年10月22日(木)
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo
出演:
YEN TOWN BAND
amazarashi
Lily Chou-Chou

2015年10月25日(日)
会場:福岡県 Zepp Fukuoka
出演:
YEN TOWN BAND
クリープハイプ
Lily Chou-Chou

2015年10月26日(月)
会場:愛知県 名古屋 Zepp Nagoya
出演:
YEN TOWN BAND
miwa
藤巻亮太

2015年10月28日(水)
会場:大阪府 Zepp Namba
出演:
YEN TOWN BAND
スキマスイッチ

CINRA.STOREで取扱中の商品

YEN TOWN BAND iPhone6ケース「YEN TOWN Reprint logo iPhone case」
YEN TOWN BAND
iPhone6ケース「YEN TOWN Reprint logo iPhone case」

価格:3,780円(税込)
円都の住人が使っていたかも? 円都のシンボルマークをiPhoneへ

YEN TOWN BAND マグカップ「YEN TOWN Reprint logo Mug」
YEN TOWN BAND
マグカップ「YEN TOWN Reprint logo Mug」

価格:1,944円(税込)
YEN TOWN CLUBで使われていたかも? 円都と我が家を繋ぐマグ

プロフィール

小林武史(こばやし たけし)

音楽家、音楽プロデューサー。1980年代からサザンオールスターズやMr.Childrenなどのプロデュースを手掛ける。1990年代以降、映画と音楽の独創的コラボレーションで知られる『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』など、ジャンルを越えた活動を展開。2003年に「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギーや食の循環、東日本大震災の復興支援等、様々な活動を行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)